チャーター便を横目に

来た〜!! いつものY会長の酔っぱコール。(笑)
電話越しなれど、会長はじめ、玉さん三平さんの弾んだ声がすべてを物語る。
こちらはまだ営業時間中だというのに、ヂグヂョ〜…。orz
電波の状態が悪く、何度か切れる。でも、あれ以上悔しい思いをせずにすんで、かえって良かったのかも知れない。(苦笑)
飲みかけの一升瓶が20本を超え、四合瓶も数本まだ片付かないのに、性懲りもなく…
『英(はなぶさ) 特別純米無濾過瓶燗原酒 H14BY』
moriki_kikishu.jpgおひさ〜♪
これ、ホントにずいぶんのご無沙汰。生もと純米もあるものの、味の厚みは断然こっち。ちょっとだけ安いし…。(^^;
これのH13BYが良くて英を入れるようになったんだけど、あれは2003年初夏のこと。当初から押し寄せるようなアタック感はあったものの、ここまでの練れ味はさすがになかった。開けたてというのに分厚い旨み。余韻が甘みとなってたなびく。
これなら飛び切り燗(55℃近辺)でも良いな♪と3分20秒回ってもらう。
アチチ、アチチ、やっと持った。
アテはお歳暮にいただいた“本鰆の醤油漬”と“赤魚のかんずり風味”を焼いた。
身がやわらかいことで知られる鰆も醤油につけられてしっかり締まったし、淡泊ながら脂の乗った赤魚をかんずりの辛みがピリッと締める。
これに英を合わせると、魚の味がさらに引き立つばかりか、酒のうまさもしっかり残る。
寒いから煮やっこにしようかとも思ったけど、チャーター便の松花堂風の向こうを張って「今宵は魚で!!」で大正解。( ̄^ ̄)
これまたいただきものの里芋に、大根・人参・蒟蒻・豚肉を加え、ほんの少しの味噌で味を調えた煮物。さすがH2兄家の里芋、ネットリと甘さが格別。鉢に盛られた煮物をガッツリ喰い。
トマト・レタス・もやしが添えられた鮪の赤身。これは… メジかな。
アテがピッタンコはまってくれたので、ついついお代わりを。
チャーター便対抗“イヴの吹きだまり”の一人前夜祭。(^^;
と思いきや、カミさんが『鯉川 純米吟醸 五百万石50% H15BY』を持って…。
そればかりか「なんか臭い」と…。(-_-)メ
「どれどれ」「あ、ダメだ、ぬるすぎ。熱燗超させてから冷まさないと」
「おいおい、明日はまたガッツリ呑むんだろ?」という陰の声も…
チャングムの展開に飲み込まれた呑兵衛の耳には届かず。ざんね〜ん!! (笑)