地の食

彷徨な日々

陸羽ぐるぐる -其之五-

「席の予約できますか?」「はい、何時にご来店でしょうか」 「今、中尊寺なんですが、お店までどのくらいかかります?」「15分ほどですね」 「じゃあ、12時までに行きます」 で向かったのは… 「ブランド牛、喰いてぇ〜」 というリクエス...
独酌な日々

若いツバメ

「○○○さ〜ん!!」「お〜い、彼氏が来たぞぉ〜」 普通なら… 「おばちゃ〜ん」と呼ぶであろうにしっかり本名で呼んでくれるK君。 「ねぇねぇ、○○○さん、セリ採りにいこ!!」「は〜い、留守番お願いね〜♪」 といそいそ出かけていくカ...
燗酒な日々

きき酒という名の試飲、のち本飲

昨日はまたまたま・ぜらさんが電車でCome!! 運転しなくてもいいならどんどん味を見てって♪ こちらもちょうどきき酒しようと思っていたところだったので二人でジュルジュル。 「めずらしいお酒があるよ」とまずはいただきものから。 ●某蔵...
燗酒な日々

動物性蛋白質欠乏症

「駐車場ありますか?」 「そんな気の利いたものありませぬゆえ、どこへでも適当に停めてくだされ」 とナンバーを見やれば、『庄内』の文字が!? 「おぉ〜、山形からですか?」「はい、酒田からきました」 お蔵と違い、酒屋なんて見るべきところ...
燗酒な日々

トラブル発生

「筍を掘ったらしいからもらってきて」と老母に頼まれ、伯母宅へ出かけたら しっかり育った筍に加え、露に濡れた産毛がキラキラと光る山独活もどっさり。 手に持ったらずっしり重いからたぶん10kg超!? そればかりかお手製のわらびの醤油漬...
燗酒な日々

春のお山

「お待たせ〜」とK兄の声が…。 「えっ、何かあったっけ!?」と声がした方を向くとその手には揚げ立ての山菜。 そういえば、今朝、山へ行ってきたっていっていたものね。 コシアブラとタラノメの唐揚げですな。塩が振られていますから、このまま食...
燗酒な日々

古女房、三杯目でも堂々と

明日の土曜日は早朝から地元の野暮用に駆り出されるため、終日留守にいたしまする。 いただいたメールへのお返事や発送も日曜以降にさせていただきますゆえ、どうかご容赦くだされ。 夕方には拘束が解かれるとはいえ、真っ直ぐ帰してもらえるはずもなく...
燗酒な日々

非生臭酒

■清酒竹鶴 純米吟醸生酒 “初しぼり” H20BY 一昨年、蔵へお邪魔した際に “お持ち帰り” して以来となる竹鶴の “初しぼり” ですな。 八反(広島県産)の50%でありながら、いかにも石川杜氏の酒らしく酸もたっぷりで、含みや中盤まで...
醸巡な日々

東山道中膝栗毛 -其之漆-

鯉川さんを辞した後、大山のお蔵に…とも思いましたが、アポを取っていませんでしたし… 「さて、どこへ行きましょうか」 「昨日、地元の食材が手に入るといっておられた店がありましたよね」 これがこの日の “各駅停車の旅” の振出し♪ ...
燗酒な日々

下々ならではの愉しみ

■秋鹿 山田錦精米80% 無濾過火入原酒 2003年醸造 現在は堂々と “純米” を名乗っておりますが、当時は「精米歩合70%以下」という基準があったため、どこにも表記がないシーラカンス・ヴァージョン。(笑) ちょっと欲張って取った...
Top
タイトルとURLをコピーしました