のむぞぉ〜♪

前夜の仕切り直しを…と思いきや、その一声で “ここ飲み屋かい?” へと。
勤務時間が変則なH2兄を除いた三兄がお集まりとあっては、それも致し方ありませぬ。が、このどさくさに紛れて祝い話はほぼ終息? (苦笑)

アテは、鰺・〆鯖・イシモチの刺身。イシモチ、あれこれ探しては見たものの、こんなに赤い魚は見当たりませぬ。ひょっとしたら地方名かも。
こちらでは “つぶ貝” ともいうバイ貝の酒塩蒸しに地物真鯛の兜煮。
定番のポテトサラダにマカロニサラダ、水菜と烏賊のサラダも加え、郷土料理 “のっぺ” の冷たいの、絹ごし豆腐には6年熟成 “吟醸生かんずり” をトッピング。
それにK兄お持たせの茹で立て空豆も。
ビールで乾杯した後は、当然、「燗酒〜♪」。

日置桜■日置桜 純米吟醸 “伝承強力” (17.05詰)
何の気なしに選んでしまったけど、前夜から鳥取酒ばかり。
飛び切り燗(55℃近辺)を超させると、冷やではやや浮いていた熟成香もすっかり落ち着き、後の余韻は純米吟醸らしく上品。
「こりゃ、呑み過ぎるかなぁ」の予感どおり徳利の空くのが早い、早い。

「こんばんは〜♪」
おや、珍しくM1姉とM2姉も。さ、さ、先ずは一献♪
祝い酒はやはり大勢の方がうまいですな。
おかげで…すっかり呑み過ぎ〜。orz