おやぢは西へ -其之序-

『ひかりは西へ』。このコピーが使われた山陽新幹線の新大阪駅〜岡山駅開業(1972年3月)から33年、岡山駅〜博多駅開業(1975年3月)から30年。なれど、広島からのお呼びに馳せ参じるおやぢの足はいつもの愛車。
73時間と走行距離1,936kmの西域遠征は夜も更けた22:00過ぎ、土砂降りの中で幕を開けた。
pre02.jpg北陸道〜名神〜中国道と乗り継いで、翌早朝、人影も疎らな作州大原へ。
吉川英治の著では、ここ美作国宮本村(旧英田郡大原町・現美作市)で剣聖と称される宮本武蔵が生まれたとされているるが、実際には播磨の米堕村(よねだむら・現高砂市米田町)で生まれ、養子に入るため美作の宮本村に移ったとするのが正しいらしい。
また、揖東郡鵤の庄宮本村(太子町宮本)で生まれたとの説もあるとのこと。
武蔵自身の手になる『五輪書』に『生国播磨』と書かれていることから、わずかなつながりを元に「我が地こそ…」と手を挙げるのだろうが、それだけ所縁を欲しがる地が多いということか。
pre03.jpg
事の真偽は研究家諸氏に譲るとして、取りあえず同地に設けられた『武蔵の里』でしばし時間調整。
【写真↑】二度建替えられたものの、ここが生家とされている
【写真←】生家に隣接する『宮本武蔵生誕地』の碑
先に訪ねたのは、NHKで大河ドラマをやっていた頃だっただろうか。
もっとも、この街道を智頭宿に向かう際に、やたら立てられたのぼりを横目に通り過ぎただけだったから、実際に目にするのは今回が初めてだ。こんな山里に立派な施設が建ち並ぶ。「維持費がたいへんだろうなぁ」と、要らぬお節介を。
広々した駐車場で「仮眠できれば…」と思いつつ、道中で飲んだ眠気覚ましが効いているのか、ちっとも眠くならない。
まいった。(´ヘ`;)ハァ
そうこうしている間に朝早くからの訪問に応じてもらった先との約束の時間だ。
【つづく】


Safari Update

Software Update経由で”Safari Update”が公開された。
safari_uodater.jpg
Apple USサイトには、US時間8月29日付で、ご覧のようにPanteher(10.3.X)用1.3.1とTiger(10.4.X)用2.0.1が、それぞれが置かれている。
単体ダウンロードは、こちらから。


一手届かず

800余kmの彼方から「来たれよ」と大魔神の咆哮が…。
馳せ参じる前に宿題を終わらせたかったのに「あれ!? 一日足りない」。「始業式を延ばしてくれ〜」と、二学期目前の子どもみたいだ。orz
しょうがなく、冷やぎきで間に合わせる。
『銘柄非公開』
まずは、開栓時、地味だった蔵付の方から。常温においてほぼ2ヶ月。本塁目がけて矢のような返球が唸りをあげ…。その後にはたっぷりの渋み。まさにフルボディ。重厚感とたまらない強さに惚れ惚れ。
そして、この渋が旨みに変わったら…。それを想像するだけで鳥肌もの。
このままの温度で最低もう一年は寝かせたいところ。
『銘柄非公開』
次いで、あの時点ですでにインパクトを感じさせた6号の方。おぉ、早、まろやかさが露わに。生もと特有の乳酸様の香りもくっきり匂い立つ。思いの外に味の出が早く、こちらの方が大人しい。第一印象が逆転した。
ここからひたすら練れ味が加わったら…。きっととろとろの旨酒となっていくに違いない。
このままの温度なら二年で澱かな。:-)
燗ぎきもと、6号の方を煮ました。:-)
はぁ〜。きき酒なんぞ、バカバカしくて…。もう言葉が要りません。
気の抜けた鮪赤身ブツのヅケでは太刀打ちできませぬ。orz
ツブ貝ともいわれるが、こちらではバイ貝が一般的。その大バイ貝の茹でたものがどぉ〜んと。
竹串を使って、肝の先まで上手に取り出さなければ…。あちゃあ、いくつか失敗。え〜い、ここでめげてなるものか、殻をバリッと手で割って、残った肝を取り出すぞ。
その肝だけをあ〜んと口に。あぁ、うま〜。酒を含むとよぉ〜く合わさって、重畳、重畳。
プリプリの身は弾力抜群。貝を食っている!!という実感。
茹でたブロッコリーは箸休め。トマトの酸で口を洗う。
「いよいよ明日かぁ」。蔵付きの燗はまたのお楽しみに。:-)


お招きに与り

湯の中に 木漏れ日と降る 蝉時雨 ーおやぢー
貸し切り状態の風呂。ぬるめの露天のお湯につかれば、降り注ぐせみ・セミ・蝉。ぐて〜っと半日、骨休め。
帰ったら、「さっさと飲みに来い」との電話。おぉ、そりゃあ、行かねばなるまい。いそいそと呑兵衛仲間K長兄宅へ。
秋刀魚と烏賊の刺身。おぉ、秋刀魚のお腹がピカピカリンだ。
胡瓜揉み。ツナと紫玉葱がトッピングされた冷や奴。自家畑のトマトと同もぎたて&茹でたて枝豆などなどがずら〜っと卓を埋める。
早速、キリンラガーで(^^)/ロ≧☆チン!≦ロ\(^^)。
普段は枝豆を食べないおやぢも、茶豆かと思うほど味の濃い豆に会っては、この日だけは「枝豆嫌い」の看板を下ろさざるを得ない。うまいよぉ。
ビールを飲み干すと、「もう一本飲むか?それとも酒?」とK兄。「もちろん、酒」。
で、出てきたのが、これ。
『宗玄 吟醸 剣山』(2004.06詰)
程良く冷えた酒を行儀悪くジュルジュル。ほぉ、やっと味が出てきたね。これ、何を隠そう、4月までウチの15℃庫にいた奴だ。ウチ→K兄家→K兄娘の嫁ぎ先→K兄家。確信犯的流浪の旅を終えた酒。(^^;
山田錦と苦手な金沢酵母の組合せ。華やかな香りにつづき、フワッと味が開いた後、スッと引く。もうちょっと酸があった方が良いんだけどなぁ。そこが金沢酵母を避ける理由でもある。
「燗するか」と、燗徳利で上燗(45℃近辺)ほどに。
先ほどより味の厚みが増すが、後は軽快。量を飲める酒ではある。
K兄から賜ったこの日の杯は酒をやや辛く感じさせる。あべこべにカミさんの杯は甘みを引き出す。杯でがらりと変わる酒の味。これも妙味の内か。
6合ほど残っていた酒がすんなり空いた。
『北翔 普通酒』(2002.09詰)
これもつい先日までウチでずっと常温で苛められていた奴。同じく呑兵衛仲間のT次兄がK長兄に献上したものだ。
ほぼ3年の常温放置。素性が分かるから安心して飲めるものの、余所の酒の履歴が分かるのも良し悪し。(^^;
ジュルジュル。ふぅむ、嫌な老ねや後ハネもなく、練れた味ながら軽快。
まぁ、新潟酒がウリにする精米歩合だけは高いから。「無駄に磨かず、アル添やめれば」。そのご指摘、ごもっとも。なれど、まぁ〜だ磨きの数値だけにこだわっていたい蔵がほとんどで…。orz
こちらも上燗に。スルスルと滑る。惜しむらくは酒らしい飲み応えが…。といいつつ、4合ほど飲んだか。
にぎやかに飲んでいたら、あっという間に3時間。そろそろ暇を請わねばと、カミさんが突く。
「分かったよ」といいながら、また一講釈。「一升飲んじゃったなぁ」とK兄。
手ぶらで、しかも親子でお邪魔し、すっかりご馳走になってしまった。ありがとうね。>K兄夫妻


久々に飲んだアル添酒。練れていたため、どちらも嫌なハネはなかったが、翌朝の体調がすっきりしない。
量からすれば深酒とも思えない程度なので、やはり……。


処暑の夜

陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也 −暦便覧−
帰る道すがらのSE(Sound Effect)が蛙の声から虫の音に変わった。鈴虫はじめ、あちこちから様々な声がしじまに響く。
秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 虫の音にぞ おどろかれぬる −盗作−
# これこれ、決して「蒸し」の音じゃないってば。(;-・。・-;)
『誉凱陣 純米吟醸 H16BY』
黒留め袖の柳腰を思わせていたのに、いつの間にやら安産型のおっかさんに。(^^;
土用丑の日に開けてまもなく4週間。凱陣特有の旨みたっぷりな酒に変貌を遂げた。やはり火入れは秋口からだったか。15℃に置いてこれだから、冷蔵(5℃)庫から出さなければいけないだろうか。
こちらは燗がつくまでの1杯でお終い。残りもう1回分。
『睡龍 速醸純米 瓶燗 H15BY』3:1『生もとのどぶ H16BY 春火入れ』
速醸純米を徳利に注いだら… 酒が見えてこない。ありゃあ、きちんと定量ずつを繰り返せばもう1回分あるはずなのに、どこかで狂ったか。しょうがない、こちらも心許ない量だが、開栓常温放置5ヶ月の生もとのどぶを注ぎ足し、かろうじて定量に。いきなり飛び切り燗(55℃近辺)超。:-)
練れてきた速醸純米にどぶの香りと厚みが加わり、旨みが押し寄せてくる。ひたすらうまいっ!!
「やりすぎたら、いけん」。電話で笑っていた杜氏さんの顔が浮かぶ。それもあっての16BYモデルなのだろうが、「とことん」もなくさないで欲しいと思う。分かる人にだけ分かる仕込み、「1本だけでもどうでしょ?」。誰とはなしに問いかけてみたり…。
ネーミングは「生もとのどぶどぶ」で決まりなんだから。:-)
鯛の刺身。養殖だろう、のっぺりとし、身に旨みがない。だからぁ、刺身なら、鰯か鰺、〆鯖で良いって…。
昨日の鶏がこれ見よがしに残されている。はいはい、どうせ必殺始末人ですよ、あたしゃ。
マヨネーズの助太刀を得て、レタス・胡瓜もペロリ完食。
トマト。ジュワッと溢れる酸味が良い口直しだ。
胡瓜と黄菊に擂り胡麻を散らした酢の物。カキノモトにはまだ早いか。
牛焼き肉も2〜3枚。腿だろうか、脂が少なくてありがたい。
徳利を回し、残った醪を杯に移す。小さじ2杯分ほどのお粥。当然、箸で一粒残らず食べますとも。:-)
Newオコゼも良いけど、秋火入れも待ち遠しい処暑の夜更け。


2本の来○、5月の初回からちっとも減りません。誰か助けて〜。orz


定番の実力 -乙酉葉月乃七-

夜長月を前に春先に硬さ・渋さを見せていた酒の多くが、どんどん味乗りを進めており、喜ばしい限りだ。やはり、夏を越してこそ。
だが、単純に喜んでばかりいられない。それらのほとんどがH15BY以前のもの。つまり、少なくとも二度の夏越しを経たことになる。この喜びのために、造り手・売り手・飲み手の誰かが負担しなければならないコストはいかばかりだろう。
『旭菊 特別純米酒』
へぇ〜、熟せばきちんと味があるのね。昨年はまだ線が細く、ちょっと頼りない印象だったが、これなら納得。締まりと程良い押し味、しっかりとした余韻を持ちながら切れもある。
これは熱燗(50℃近辺)かなと。猫舌が耐えうる温度に冷めるのを待ちきれずに、杯に残った冷やに注ぎ足し。おぉ〜、良いよ、これ。同じ旭菊でも山田錦の分厚さを表に出した酒にはない捌けの良さ。これなら量も飲めてしまうだろう。
バチマグロの赤身。最近、こればかりだなぁ。鰯・秋刀魚・鯖で良いんだけど…。
「やれ脂が下卑ているとか、鱗が腑に絡まっているとか、うるさいくせに」。ハイハイ、ご批判は甘んじてお受けしましょう。不味いものは不味い。酒と一緒さ。:-)
秋刀魚塩焼き。ぼやきが聞こえたか!?
よしよし、腑もあるな。これ、当たり前なことなのに、最近は、目がこっちを睨んでいるようで気持ち悪いと頭を、苦いだけでちっともおいしくないと腑を、その両方が取り除かれることも珍しくないというから、魚食いとしては大いに不満。
鶏とレタス・胡瓜の冷サラダ。またもや野菜だけ拾い食い。連日、行儀悪し。(-_-;
あいやぁ〜、kanzakerakuenさんこれ読んでニヤついていたのに、ウチもカレー!?
定量で、満足、納得、旭菊。:-)
夏野菜たっぷりのカレーは、仕上げにうどんにかけて食べてしまった。
炭水化物も気にするものか。;-p


定番の実力 -乙酉葉月乃六-

にぎやかだった前夜から一転、夜長月を前にした定番酒巡りへ軸足を戻す。
『肥前蔵心 純米酒 H15BY』
70%なりの味の多さはあるが、汚い味ではない。春先に気になっていた甘が収まり、仄かに熟成香も立つ。「M氏が電話で良くなったぞというだけのことはあるな」と実感。
熱燗(50℃近辺)から冷ますと、さらに引き締まり、枯れ味ともいえる熟成味を帯びてきた。
余韻が物足りなくて歯痒い思いをすることもなく、後の切れも潔いもの。気取らずに飲めるスタンダード純米だ。
これで2,000円(1800ml・税別)なら、まずまずかも。
残り物に福。前夜の北寄貝が味も抜けずに再登場。
鰹のタタキ。レタス・大葉・茗荷とサラダ風に仕立ててあるが、酢が今イチ。生姜醤油に直す。
茄子・オクラ・エリンギの煮浸しは茄子だけ拾い食い。行儀悪し。(-_-;)
豚肉と笹掻き牛蒡の煮染め。牛蒡の香りが鮮烈で安い肉でも食べさせてくれる。
『清酒竹鶴 雄町純米 H14BY』
鯉川ほどではないが、これも48時間放置された燗冷まし。それを再び熱燗に。
さすが竹鶴、惨い仕打ちにもびくともしない。含むとふんわり旨みが広がる。しなやかな強さが良い按配の飲み応えに…。
定番酒としては価格の上限だろうが、やはり格の違いを見せつけてくれる。値段は正直だ。
豚肉と牛蒡がはかどる、はかどる。うぅむ、酒がうまいと食べ過ぎに注意しなければ…。
夜長月を前に馬を肥やしてはならない。


『肥前蔵心』はこれで万全かというと、引っかかるものを感じない訳ではない。
それはまた後日確かめてみることに。


夏忘れの宴

残り物の樽生ビールにつられ、雷雨を押していつもの呑兵衛仲間がやってきた。
男女合わせて7人。いつものスペースではやや窮屈だが、しょうがない。二階へ上がるほどでもないやと、先日、狼亭さんご家族を迎えた卓を囲む。
『キリンハートランド樽生』
先日、「飲み残しそうだな」で、最後に送ったガスが多すぎたのか、ちょっと泡が多いが、クリーミーな泡もたっぷり味わってもらおう。まずはこれで( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパ-イ!
〆鯖、鰯、落とし盛り合わせの刺身を用意しておいたら、北寄貝の差入れが。:-)
鶏の唐揚げ、中華風炒め物、ササミと胡瓜の梅肉和え、差入れの自家製漬け物(茄子塩漬・胡瓜は塩漬と辛子辛子漬・蕨の醤油漬)・トマト。
テーブル狭しと結構な肴が並ぶ。
鰯の独特の味、〆鯖、北寄貝の甘さに、やがて「酒が良いなぁ」と、燗酒を強請る声が出始める。これはいつものパターン。:-)
『悦凱陣 山廃純米赤磐雄町 無濾過生原酒 H16BY』
半月ほど常温放置した生原酒を上燗(45℃近辺)ほどに…の予定が、燗番を務めたカミさんの所為で熱燗(50℃近辺)超に。
それにもめげず、生臭を感じさせない圧倒的な旨みに燗酒組の目尻が下がる。
満を持して海鞘の塩辛を。一口放り込み、酒を含むと、おぉ〜、海鞘の甘みが増す!!
「これは良い」との声に「こっちにも酒をくれ」と、普段はビール党の知人まで燗酒組に宗旨替えする始末。
『鯉川 純米吟醸 美山錦 H16BY』
こちらはひと月近く放置された燗冷まし。或る意味、苛めの極致かも。
上燗(45℃近辺)ほどでまだちゃんと軽快なうまさを伝える。が、ぬる燗(40℃近辺)を下回ると、さすがにきつい。
でも、良く耐えたねぇ〜。「前回の燗冷ましだよ」。ネタばらしに燗酒組の目が点!! (・。・)
『奥播磨 純米吟醸 スタンダード』
仕上げに落ち着いて飲める酒を。これも3ヶ月以上常温放置されていたはず。
もたつくような甘もなく、良い按配の旨みがジワッと広がる。
良く飲み、良く食べ、良く笑い…。
呑兵衛パワーで雷雨を蹴散らしてしまったようで、終わる頃には雨も上がった。
やっぱ、気の合った仲間との宴は最高だね。:-)


祟られたか

ボランティアとでも思わなければ務まらないお役目の打合せ。
話を終えた後で「軽く…」ということになり、燗をつけられる酒を見たら、な、なんと、松○梅 上撰!! orz
frog.jpg「いただきものだから…」。今時、こんな酒を贈るなんて、な〜んも考えてない輩なのか、こちらが甘く見られているのか。いずれにしろ、ご免蒙りたい酒の王者。
「ビールで良いです」。銀色ラベルを出されると、「ビールは飲めないんです」と断るおやぢ。誰もその矛盾に気づかないことを良いことに、深く静かに潜行。早く帰ってまっとうな燗酒ですすごうと、冷や奴、茄子漬、チーズ、柿の種をつまみながら、時間の過ぎるのを待つ。
戻ったら、お誂え向きに焼いた秋刀魚と大根おろしが。いそいそと燗をつけ、秋刀魚を一匹ペロリ。う〜ん、肝がうまい。ウロコが混ざっているような不始末もなく、上々だ。
ところが… 酒が進まない。いや、決して酒の所為ではない。その証拠に口はうまいといっている。にもかかわらず、腹に収まらないのだ。orz 2
それ以上、箸も進まず、食事をやめてしまった。
「ご免蒙りたい酒の王者」などと揶揄したバチが当たったのだろうか。実に情けない夜だった。


定番の実力 -乙酉葉月乃伍-

久々、五週間ぶりの休み。それも一日だけ。
「我が輩の辞書に”夏休み”という文字はない」。orz
『銘柄非公開』
同じ蔵元の1,850円/1800ml(税別)の純米酒。1,700円のものとの違いは、麹米、掛米ともに酒造好適米を使ったこと。
酸は目立つが、ふくらみもあり、余韻の素っ気なさも解消されている。このあたりの差は、ひとえに原料米によるものだろう。結果として、アルコール分14%台という薄さは感じないし、バランスはこちらが断然良い。
後に残る若干の苦は、16BY酒であろうことを考えれば、許容範囲だ。
またもや苛めを。飛び切り燗(55℃近辺)から冷ます。ふくらみも増し、余韻もそこそこ。酒としてのまとまりはある。が、全体を支配するもわ〜っとした香味は、好みから外れる。並んでいたら手を出すかと問われると、しばらくの躊躇の後、通り過ぎてしまうだろう。
蔵元としては、リーズナブルな価格で、純米だからと肩肘張らずにまず飲んでもらおう。そして、あわよくば、定番のさらにまっとうな純米酒への登竜門としたいという意図だと思うし、純米酒の底辺を広げる意味でも有効な試みだとは思う。しかし、そこに潜んでいる危うさを思うと、その試みが賭けのようにも思えてくる。
まっとうな酒を造る上での最大のコストは、かける手間暇もさることながら、目に見えるのはやはり原料米の代金だろう。それゆえ、低精白の純米酒も数多く登場しているが、米のツケだけは誤魔化してみようがない。そして、そこでの無理は最後まで響く。
この酒を素直に受け容れてくれれば良し。「純米酒、うまいと言ってもこんなものか」と、無理をした酒で決めつけられ、まっとうですばらしい純米酒も同列に見られてしまうこと。それが最初に値段ありきの怖さだ。
前の1,700円といい、この1,850円といい、級別制度があった時代そのままに全国的に横並びで用いられているレギュラー酒の値段を踏襲したもの。消費者の乗り換えへに対する違和感も少ないと踏んでの値付けだろうが、もともとアルコール添加に加え、醸造用糖類や酸味料まで添加した三倍増醸や良くて糖類無添加の普通酒、アルコール添加を規定量に抑えた本醸造がほとんど。かつて米不足でズタボロにされた不幸があったとはいえ、潤沢に米が使えるようになっても残り、米余りの現代でも未だ蔓延る日本酒擬きの酒。それらと同じ値段で純米を造る。そのことにすでに無理はないのか。
純米ならではの持ち味を十分に堪能してもらい、飲んだ量を自慢するためでも、ただ酔うためでもなく、食とともに味わい、語りとともに酌む。それが日本酒というものであること。その酒は、決して日本酒擬きと同じ値段ではできないこと。それを正しく理解してもらう手立てはないものだろうか。
『鷹勇 純米吟醸”強力の郷”H12BY』
まろやかな口当たり。含むと、口の中いっぱいに広がる旨みで、飲み込むのが惜しいほど。香味のまとまりも良く、余韻も申し分なし。しみじみうまい。
「純米って、燗酒って、やっぱこうでなきゃあ」。王道そのものの風格さえ感じる。
まっとうな純米酒を広めるには、やはり正攻法でいきたいものだ。
バチマグロ赤身をヅケで。漬け汁が回り、水っぽさがなくなった。赤身を食べるなら、この一手間を惜しんではいけない。
豚肉の塩胡椒炒め。しっかりした味付けで酒が進む。
トマト・若布・茗荷のサラダ。調味料なし。:-)