以心伝心

■呑録(旧暦4/22)
鷹勇シリーズもいよいよ佳境!! とは、独りで勝手に盛り上がっているおやぢの戯れ言だが、この日から待ちに待った山廃がお目見えすることになった。いや、実際は作為的に「した」のだが…。(^^;
『鷹勇 山廃純米酒(50%) H9BY』
『快楽満堂』のrolling_tamaさんが載せた写真を見て以来、「あぁ、坂本杜氏の山廃…」「えっ!? 50と60があるの?」。胸を焦がして待った、その山廃がとうとう我が家に…。感激の一瞬!!
としたかったが、訳あって日中に冷やでの味見はすませてあった。(^^;;
生もと系特有の乳酸の香りが含みに表れる。9BYということもあり、熟成香も濃厚。60%はかなり味が多く、後を引く。50%は、60%よりわずかながらメーターも切れているだけあって、その辺りのまとまりに上品さが伺える。が、こちらも後が長い。スパッと切れ上がるタイプではなく、ズドンとその重厚感の余韻を楽しむタイプのようだ。
これも山廃ならではの酸のゆたかさに所以するものだろう。燗でこそ、その持ち味を発揮するとみた。
その前段があったから選んだ50%を、飛び切り燗以上を目指してレンジに入れる。
冷やよりも乳酸の香りがさらに立つ。心地よい香りだ。しっかりと熟成させたうまみは燗で締めてもそのまま健在。ただ、後引きもなかなかにしぶといものがある。ボディの厚さとするか、鈍なキレとするか、評価の分かれるところかもしれない。
昨晩、「鰯の酢味噌和えが喰いたい」と書いたら、偶然にも鰯の酢〆と酢味噌が…。「あれぇ!? 昨夜から顔を合わせていないよなぁ」。これぞ以心伝心と素直に喜ぶべきか、同居していながら顔も合わせない暮らしを嘆くべきか。
蛸と海老と若布のサラダ。しめしめ、蛸だけいただき〜。山葵がつ〜んと鼻に抜ける。今日もまたトマトだ。居酒屋の定番、冷やしトマトとなるのか。
年が年だから、時々は酒を抜かなければならないと忠告されているものの、「この肴を目の当たりにして酒を飲むなぁ!? ああ〜!?!?」。嫌いなお笑いタレントを言い訳に使ってしまった夜だった。orz


内緒だが…。
鰯に酢味噌をかけ回してパクリ。杯を口に運ぶと…
「おやぁ〜!?」。最後に残る味は… 何だろ? ちょっと引っかかる。
と、酒をみた時に感じていたその味が、酢味噌とぶつかる。鰯だけだとなんともないから、どうやら味噌との相性に難があるようだ。なぜだぁ〜!? 同じ醗酵系、今まで味噌と喧嘩する酒など、お目にかかっていないはずだが…。


燗純吟

■呑録(旧暦4/21)
鷹勇シリーズの折り返し点は、「常の酒として、値段の許容範囲はこの辺りまで?」の純米吟醸を。
『鷹勇 純米吟醸なかだれ』
山田錦と玉栄の50%精米。特別純米酒より酸度が0.2低いが、ほぼ同スペック。これの責め(あるいは荒走りも)が特別純米酒なのではと想像した。
冷やで。「おやぁ、こっちの方が…」。14BYの特別純米酒よりも味の開きが明白。清々しい吟香。かつ、きれい。「う〜ん、700円の差は、やはり大きいわ」。「それにしてもこんなに違うの?」。先ほどの推理に自信を失くしてしまう。(´ヘ`;)ハァ
「どこまで上げられるかなぁ」と思いつつ、飛び切り燗に。
さすがに熱いから、杯に残した冷やで割る。「ほぇ〜、この香りは…」。山田錦+協会9号由来だろうか、出しゃばりはしないが、きちんと吟醸であることを告げる吟香。味のふくらみもあり、スウッと切れていくきれいさも冷やで感じたとおり。加えて、最後にちゃんとひと味、自己主張をする。まさに燗純吟と呼ぶに相応しい実力。
鰹のたたき。既にタレがかかっているが、「もっと酢を利かせなよ」てなぼやけた味。「あれあれ!? 老梅酢はどこだ?」。鰹自体も今サン。うまい鰯の酢味噌和えが食べたいなぁ。
豚の冷しゃぶ。こちらは山葵醤油で。トマトも味が豊か。茹でたほうれん草はさっと醤油をかけ回して。もう一品の肉は、豚肉とキャベツ+ピーマンの味噌炒め。
するすると滑りよく、いつもの定量が終わる。肉のおかげか、お腹も一杯だ。
「こんな酒を毎日飲める甲斐性があれば…」。稼ぎの悪さを嘆いてしまう夜だった。orz


この差を何とする?

■呑録(旧暦4/20)
二日続けての義理酒で、鷹勇シリーズは始まって早々に順延の憂き目に…。
復帰に当たり「こういう時こそ定番となる酒の実力が試される」と、最廉価のこれを選ぶ。
『鷹勇 純米酒 鷹匠』
冷やで。「ほぉ〜、意外に酸が多いなぁ」。酸度1.5という数値以上に感じる。70%精米とはいえ山田錦100%。しかも、甘ったるさのない使い方。それでこの値段(2,000円/1800ml税込ほど)とは…。困ったことをしてくれるなぁ、まったく。
「この酸からすると、かなり熱い方から冷ますか」。飛び切り燗に燗をつける。
山田の酒だぁ!!という、これ見よがしの幅味はないが、食中酒としたら、こちらの方が具合が良い。冷やで感じた酸がうまみと押し味に変わり、捌けの良さときちっと引き締められた後切れが次の一口を促す。
分厚い、酒のうまみだけを押し付ける酒ではなく、物を食べながらを前提にされた酒か。
これだけ酸があれば、守備範囲もかなり広そうだ。
外へ飲みに出た時、黙っていてもこのレベルの酒が出てくると、誘いに腰が引けることもなくなるのだが…。
取りあえず、しばらくの放置でパワーのほどを探ろう。
肴は… 何を食べたっけ。豚ハツの炒めがあったかな。普通のおかずだったような…。
これだから年寄りは…。酒粕頭が哀しい夜だった。orz


この下に『勇翔』という、まさに丸得印純米酒があるけど、そちらはまた別の機会に。
これがあるんだから、小印としてのネーミングは『鷹翔』という文字使いの方が良いかも。


Apple Downloads

さすがに本家は早い。

  • Keynote 2.0.2 05/25/05 22.0MB
  • Pages 1.0.2 05/25/05 28.1MB
  • Xserve RAID Driver 1.0 05/24/05 200KB
    遅ればせながらこれも。

  • MacOS X Server 10.4.1 05/19/05 38.8MB
    apple.jpg
    それぞれのUpdaterは、間もなくApple Japanサイトにも登場すだろうが、お急ぎの向きはこちらから。


    あらためて感じたけど、本家サイトでは「Apple Downloads」、日本サイトでは「ソフトウェアアップデート」。表記も違えば、URLも違う。ここいらも統一した方が良いと思うのだが…。


  • ATOK17 for MacOS X 1.0.2 Released

    登録ユーザならご存知だろうが、”ATOK17 for MacOS X”を1.0.2にするアップデータが公開された。
    MacOS X 10.4、Tigerにおける問題への対応と機能追加のみならず、MacOS X 10.3、Panther以前の環境で発生していた問題への対応も含まれているとのこと。
    5.0MBある1.0.2 Updaterのダウンロードは、こちらから。


    1.0.2を適用したものの、相変わらず「電子辞典の表示」は改善されていない。
    うぅむ、いよいよサポートへ問い合わせかぁ。でも、Just Systemの問い合わせ方法って、実に面倒臭いのよね。もう少し簡略な対応ができないものだろうか。


    チャレンジデー

    ■呑録(旧暦4/17)
    せっかくの休みだというのに早朝からチャレンジデー(*1)の役回りに駆り出される前夜、こちとらぁ、スポーツよりも新たな酒にチャレンジでぇい!! てな訳で、週末に届いたまっとうな酒の皮切りにこれを。
    『鷹勇 特別純米酒』
    山田錦と玉栄の50%。こちらなら、間違いなく純米吟醸、いや、ともすると純米大吟醸を名乗るだろう。
    まずは冷やで。良い含み香。吟香と云っても良い。フワッとふくらみ、スッと切れる。味乗りからすると三分咲き、最初の見頃かと。それにさすが50%、味に汚れがない。精米歩合だけを声高に喧伝する薄酒国に見習って欲しいところだ。これで2,500円(1800ml・税別)を切るのかぁ。(´ヘ`;)ハァ
    飛び切り燗にしてみた。ん!? あらぁ、蕾に戻っちゃったよ。味をつかみかけたら、シャボン玉に触れたかのように消えてしまった。これ、16BY? 火入れだから、まだ15BYのはずだが、開栓直後であることが災いしたのか。
    普通に飲む分には差し支えないのだが、好み的には、ついもう一押しを期待してしまう。口開けですべてが露わになるはずもないし、ちょうど2合分の空間もできたから、しばらく放置だな。本領発揮の日が楽しみ。:-)
    アテは豚ヒレカツに鶏手羽と蕪のカレー煮。煮汁をかけたヒレカツと合わせたことも、先の印象となった一因かもしれない。が、スパッと切れる後味が舌を洗う。昨晩の烏賊の煮付けが1パイあるじゃない。こちらの方が合わせやすい。ほうれん草と揚げの煮浸し。茹でたほうれん草にマヨネーズを…。うほっ、トマトが濃いわぁ。
    これ以上、酒がうまいと勝っちゃうかなぁ。その意味では、食中酒としての分をわきまえた酒と云える。ただし、飲み過ぎないよう、要注意。
    さてさて、明日は早起きかぁ。休みの前夜くらいもう少し…。後ろ髪を引かれつつ、重たい腰をあげた夜だった。
    *1:【チャレンジデー】


    国際トリム・フィットネス生涯スポーツ協議会(Trim and Fitness International Sport for All Association : TAFISA=タフィサ)が実施している「国際チャレンジデー」のこと。
    毎年5月の最終水曜日に世界中で実施されているユニークなスポーツイベント。
    この日、人口規模がほぼ同じ自治体同士で、午前0時〜午後9時の間に15分間以上継続してスポーツや運動をした住民の参加率(%)を競いあう。敗れた場合は、対戦相手の自治体の旗を庁舎のメインポールに1週間掲揚するというルールがある。


    逃避行

    ■呑録(旧暦4/16)
    相変わらず現実逃避モード。来月も続くのかぁ。orz
    『小笹屋竹鶴 番外編 12BY』
    先日、生の宿根雄町15BYを燗で飲んでいたが、やはり火入れが飲みたくなって開けてしまった。
    15℃半年で小気味の良い(?)熟成色を帯びる。赤茶っぽい。「いつもの竹鶴よりも濃いか?」。
    冷やで、まだしっかり、甘みもある。うぅむ、良い熟成香。
    竹鶴ですから、当然、煮ました。:-)
    700Wレンジで3分20秒。も、持てない。
    杯に残った冷やに超アチチ燗を注ぐ。猫舌で熱さに耐えながら、ジュル。こんなに苛めてもきちんとうまみが。さすがに強い。燗で引き締まったうまみに口元がついほころんでしまう。
    この日の肴は、烏賊の煮付け。ゲソが大好きなおやぢはそればかり選ってしまうが、3バイ分で打ち止め。あとは身の方を…。蛸ともずくの酢の物。ありゃあ、残り物か、見覚えのある鰹まで入っている。夜中に腹が痛くなっては困るから、それは除けて…。豚肉と大根・人参・椎茸の煮物。おいおい、ずいぶん乱暴な切り方じゃねぇか。ま、あまりチマチマしているよりは… おっ!? うまみを吸った大根が良いぜ。椎茸もジューシーだよ。
    娘が見ていた「Swing Girls」に相乗り。「おぉ、これ、Benny Goodmanだべ!?」。映画に引き込まれ、こちらも山形弁に染まった夜だべした。


    この映画には、やっぱ鯉川か羽前白梅だべぇ。酒の順番があべこべだったなぁや。まんず、はぁ。(^^;;


    除け者にされちまったい

    ■呑録(旧暦4/15)
    山のものが好きな知人が、日が暮れた頃に差入れを持ってきてくれたのは良いが、仕事の区切りがつかずあたふたしていたら、何を思ったのかカミさん、さっさと燗をつけ、知人と飲みはじめたではないか。オヒオヒ、ソレハナヒダラフ。orz
    『羽前白梅 純米酒 穂の香』
    60%精米の美山錦で醸された純米。同蔵のスタンダード純米より10%精白は落ちるものの、値頃感のある酒だ。
    常温での開栓放置3ヶ月ほど。味乗りの遅い羽前白梅だが、これもきちんと吟香があり、開栓直後の渋く、頼りなく感じた線の細ささはしっかりとしたうまみに変わっていた。
    熱燗ほどから冷ましつつ、口に含むと、品の良い吟香とフワッとふくらむ素振りを見せつつ、芯の強さと切るぞ!!とばかりに後ギレを主張する。思いの外の強さ。こんなに辛口だったのかと驚きが混じる。
    それもこれも良い蒸米と麹づくりが肝なのかなぁ、と半可通ぶりを…。
    差入れは、この日、蕨以外では唯一の戦利品だったという天然ものの山独活をおやぢの好物、酢味噌和えに仕立てたもの。それに山独活の葉の唐揚げ、筍と蕨の煮物、針生姜を入れ醤油漬けにした蕨、と山のもののオンパレード。
    これだけあれば、おやぢを差し置いて飲みはじめたカミさんの所業にも、黙って頷ずき、度量のほどを見せておかねばなるまい。
    ようやく片付け、プチ宴会に加わる。せっかくだからと、いつもの飲み仲間に声をかけたら、一人ははじめた夕食をそそくさと終わらせ、もう一人は出先から別の知人を引き連れて駆けつけてきた。
    「ビールが良いよ」と強請る奴にはハートランドを飲ませ、人数が増えたおかげで持ち出した燗どうこでつけた”穂の香”があっという間に空く。
    ハイギアードなカミさんは「どぶが飲みたい」と云い出す始末。
    『初霞 純米酒 生もとのどぶ 瓶燗春火入れ』
    これも2ヶ月の常温開栓放置もの。「味見? まぁ良いや、いきなり燗をつけちゃえ」。よぉく降ってから煮酒を目指す。「熱いですよぉ」。どこかのラーメン屋みたいな科白とともに注がれた酒をフウフウと冷ます。
    「あの電気ポット燗は絶妙だったよねぇ。それにあの(どぶ専用)ぐい呑みも良かったし」。いつになく饒舌なカミさんが、燗番を務めてくれたIさんの技を手振りを交えて語りはじめた。
    取れ立てを上手に拵えた山独活は、青リンゴのような清楚な香り。後味のわずかな苦みがなければ独活とは思えないほど。まるで山の中で食べているように錯覚しそう。
    やっぱ独活は山菜の王様だよなぁ。
    気のあった仲間とうまい純米。憂さも忘れて、しばしの陶酔にひたる夜だった。


    現実逃避で二本連発。アァ〜、グゾォ〜、ドホシテクレヨフカ。。。orz


    小満の宵

    ■呑録(旧暦4/14)
    先週から野暮用が目白押しだったが、それも前の晩で終わり。翌日はあちこちの小学校で運動会ラッシュらしいから、きっとまた静かな一日となるのだろうと、独りの夕食をはじめる。
    『鯉川 純米吟醸 亀治好日 15BY』
    原料米:余目産亀の尾 精米歩合:55% アルコール分:15.8%
    日本酒度:+4 酸度:1.7 アミノ酸度:1.2
    あまり登場しないお酒だけど、亀の尾の故郷、余目産の亀の尾100%で醸される純米吟醸。
    約1年15℃においてどうなったか、久々に封を開けてみた。
    冷やで、程良い吟香… あれ!? 硬くなった? 昨年みた時より引き締まった感じがそう思わせるのかもしれないが、後味にまだ苦が残る。
    ふぅむ、やはりかなり遅い米なのかなぁ。某蔵の亀の尾にも抱いていることをあらためて感じる。
    これなら、やや強めが良いかと、熱燗から飛び切り燗にして冷めるのを待つ。
    やや熱めだと、鯉川らしいやわらかさ・やさしさはなりをひそめ、味の強さが押してくる。
    冷めても、冷やで感じた「引き締まり」は健在。失礼ながら、思いの外の強さを隠し持っていたことに少々驚く。
    この強さだから、豚ハツの炒め物がうまい。尿酸値を気にしなければ、なお良いんだけど…。
    独活の煮物の苦みは口直しには良いが、酒とはぶつかるかな。キャベツと揚げの煮染め。こういうのはバクバク食べちゃう。どうしてトマトとプチトマトが? まぁ、良いや。おほっ、プチトマトがあ〜まい。
    明日は少し寝坊できるか。久々に家でゆっくり食事ができた夜だった。


    【小満】しょうまん
    …二十四節気の一つ。
     陽気がよくなり、草木などの生物が次第に生長して生い茂るという意味。
     西日本でははしり梅雨が現れる頃。