ぶらり如月 -其之弐-

赤羽で乗り換えた埼京線が池袋に滑り込む。そのまま新宿まで行っても良かったのだが、どこかで昼飯をすませなければならないと、風邪薬で覚束ない頭で考えるより早く足は電車を降り、さっさと東口を目指していた。
区民会館脇の道を進み、階段を下ると、『坐唯杏』の見慣れた扉が‥。まだ準備中。
懐かしい顔を求めたら、「今日は遅いんですよ」と、申し訳なさそうな返事。外で待つこと暫し、開店時間前にもかかわらず招き入れてもらう。
「今日は鯖ずしはないんだよね?」と、野暮な質問を。「すみません」と、当然の答えが‥。
重いiBookと暖かな陽気にコートという出で立ちで喉が渇いたから、お約束の昼ビール、エビスの生をグラスでもらうことに。
これも熱烈なファンを持つ『ミニ天丼』と『ぶっかけ 温』を注文し、ビールを待っていたら「おかげさまで今日はテイクアウトのご予約が多く、二切れでよろしければお出しできるそうです」という、気遣いに迷わずオーダー変更。
来た来た、目の前で切り分けられた武内氏自慢の『鯖ずし』が。昆布ごと口に放り込むと、適度に締められた鯖の風味に酢飯のうまみがからむ。その酢飯にも煎りごまや細かく刻まれた大葉など、一工夫が加えられている。
『ぶっかけ』の麺は強い小麦粉の香りをまとい、もっちりシコシコ。つゆの旨さは云うに及ばず、最後まで飲み干してしまうことは請け合いだ。
回った店の数を自慢したがる讃岐通にも、たまには一つの店で完結する味も試してものだ。
武内氏に会えなかったのは残念だが、スタッフの気持ちの良いもてなしを受け、混み始める前の店を後にした。


欲を云えば、酢飯にはもう少し硬く炊いたご飯が向くと思う。それとも粗熱の取り方に難があるのか。
鯖自体は十分にうまいのだが、グニャっという飯の食感は寿司にはありがたくないと、苦言を一つ。
この鯖ずしを店で食せるのは、土曜・日曜・祝日のランチタイムのみ。
予約によるテイクアウトや当日宅配可能地域なら発送も可。詳しくは下記を。
『楽旬堂 坐唯杏』


ぶらり如月 -其之壱-

薄酒と炭酒が蔓延する此の地。外で飲むたびに胸が悪くなる思いを重ねていたから、お江戸出張を口実に5ヶ月ぶりのS市に降り立った。ここで最強の呑兵衛諸氏の洗礼を受けるためだ。
酒量を自慢するだけのただの飲兵衛なら「勝手にやっていろ」ですむが、ここの呑兵衛諸氏、その知識と経験は半端じゃない。師を求め、縁をつなぎ、酒を見極める目を持った「酒徒」ばかり。一途な想いに反したがために、文字通りしぼられ、吊られた酒や蔵元は数知れずという猛者揃い。
飛んで火に入る夏の虫とならなければ良いのだが‥。荷をほどき、戦々恐々、集合場所へ向かう。
指定されたU駅出口で待っていると、濃い二人組が目の前で「○○○で‥」「○○○は‥」など、呑兵衛諸氏固有のキーワードを交わすではないか。「あの〜、○乃○会の方ですか?」の問いに「そうですけど〜」と怪訝そうな答えが。「おやぢです」。三々五々集まってくる諸氏たちと挨拶を繰り返す。
会場は某居酒屋。ここで酒を飲みたかったばかりに昨年秋に初めて訪れた店を指名させてもらったのだ。居酒屋としては新顔ながら、酒、肴、もてなし、どれを取っても侮れない実力。きちんと本物を知る店の一つだ。
まずは、新装版夏子の酒第6巻あとがきに登場した『おこぜ(生もと純米)12BY』で乾杯。
肴はカワハギ刺身肝添え、イシダイ刺身に定番の白レバ刺しからスタート。
『睡龍生もと純米』『睡龍生もとのどぶ』と、この杜氏の酒が続く。朧気な記憶だが、『どすこい誉』もあったような‥。これに『日置桜生もと強力14BY』が加われば、彼の酒造りの歩みそのものが揃うことになる。
菜の花おひたし、むかごなど、思い思いに肴が追加されていくが、どれも呑兵衛らしい選択だ。ここでの定番『神亀 甘口純米』に続き、『いづみ橋 恵』『奥播磨 山廃純米』など、次々に酒をオーダー。
大阪からはるばる参加されたmacjiroさんの差入れ、『辯天娘 槽汲 五百万石』もいただく。リンゴを思わせる含み香。やっとこの酒に出会えたことを感謝。
初めてお会いした面々なのに、真っ当な酒好き同士、長年の知己に久しぶりにあったような温かさと心地良さに、瞬く間に時間が過ぎていく。
締めに、これまた定番の穴子ひつまぶしを、そのままと出汁をかけ回したもの、二つの味わいで堪能し、お開きに。
U駅前で「一に蒸し!! 二に蒸し!! 三に蒸し!! 純米吟醸、オ〜ッ!!」。某J1チームのサポーター顔負けの儀式を行い、洗礼は終わった。
こんなに気持ちの良い飲み会は、そうそうあるものじゃありません。またお目にかかれることを楽しみにしております。
ありがとうございました。m(__)m >上○宮○のみなさま


その後、宿に戻って缶ビールを飲みながら、macjiroさんと2:00過ぎまで酒談義。
寝る前に食べたメンチカツサンドが翌朝の目覚めを重くしてくれた。おかげで朝飯が食えず。
鼻の奥の痛みと鼻水をこらえながら、次の目的地、お江戸を目指した。
いやぁ、筆記試験がなくて良かった。:-p


言い訳

風邪薬のせいか、書き始めても文章がまとまらず、一週間ぶりの更新となった。
出張を口実にした旅の様子を少しずつ書いていこうと思っている。


半可通

asahi.comに『たまの深酒は肥満のもと? 米国立研究所が調査』という記事が‥。
毎日なら良いのね。(^^;


 たまにしか飲まない酒で深酒する人は太りやすい??。「飲みっぷり」と肥満との関係を探った珍しい調査結果を、米国立保健研究所(NIH)が発表した。少量の晩酌を習慣にする飲み方だと太りにくいという。
 米国立アルコール依存研究所が、97〜01年の国民健康面接調査に参加した男女のうち、酒を飲む約3万7千人の「1回の酒量」と「飲酒の頻度」を調べた。
 太っている人ほど数値が大きくなるBMI(体重を身長の二乗で割った数値)との関係を探ると、1回に1杯しか飲まない男性はBMIの平均が26.5で、4杯以上は27.5だった。女性では25.1から25.9に上昇した。一方、年間の飲酒日数が少ない人ほどBMIの数値が大きかった。
 研究チームは「飲んでも太りにくいのは、1回に1杯しか飲まず、週に3〜7日飲む人といえる。たまのお酒で量を過ごす人が最も太りやすい」と説明した。


軽めのはずが‥

某所での洗礼を翌日に控え、「今日は調整程度にしておこう」と、熟成酒の練れ味に頼ることに。
選んだ酒は届いたばかりの『あんちっく杜氏の詩』。
黒みがかった瓶からは色味をうかがい知ることができなかったが、やや茶褐色よりの中間タイプか。燗の温度を決めるためにおこぼれを冷やで一杯。色合いから想像したよりは抑えめの熟成香と穏やかな甘さ。ベースと思われる特別純米酒を彷彿させるものの、枯れて控えめになった分、こちらの方が好みだ。滑りもいい。が、難をいえば、もう一押しの強さが欲しいか。
「熱燗(50℃近辺)止まりで良いか」と。
肴は、ヤリイカの煮付け、その煮汁で煮た里芋と大根、おから、豚肉鍋、茹でた冬菜など。
燗をつけると、ますます滑りが良くなる。控えめだけあって、どの肴も無難にこなすけど、飲み応えをもたらす強さや余韻が乏しいから、「量を抑えよう」という思いとは裏腹に、勝手に杯が走り始めた。
腹5分目を過ぎたところで、定量が空に。「うへぇ、もう!?」。事ほど左様に呑兵衛は卑しい。
しょうがないから、『天穏 純米酒 改良雄町70%』を。
2ヶ月の常温放置でいきなり手応えを感じる味わいに。もう味見は後回し。飛び切り燗(55℃近辺)から冷めるのを待って口に運ぶ。
「これこれ、このくらいの押しが欲しかったんだよなぁ」と、一合半ほどの超過を堪能。
洗礼は‥ 酒がまともなら何とかなるでしょ。(^^;


発掘酒-其之壱-

新カテゴリを追加。:-)
買い込んだ、あるいはもらった酒を隠し庫に封印したままになっていたことに、ふと気づいた。黄色と赤、2本の小笹屋の空瓶を眺めていたら、「やっぱり3色揃わないと色合いが寂しいなぁ。そういえば‥」と思い当たったからだが、昨夜、某大魔神杜氏が夢に出てきたのも、飲み忘れた酒に日の目を!!ということだったのかもしれない。
あの蔵なのに、なぜか手に持った酒は『ひこ孫 純米吟醸』だったけど。(^^;
てな訳で、さっそく調査隊出動。ガサゴソ、ガサゴソ。
「おぉ、これだ!!」。新聞紙にくるまれ、マジックで酒名が書かれている。包みをほどいたら‥
やったね、『小笹屋竹鶴 宿根雄町 無濾過純米原酒』。しかも『平成11酒造年度醸造』。
これぞ幻だぁ〜。\(^o^)/
これで3色並べておけるぞ、小笹屋。飲む日が待ち遠しい。


ただ、5℃貯蔵だったから、目が覚めるのはもうちょっと先だろう。
封を切っての開栓放置ですな、これは。


甘酒じゃないけど

『煮酒で呑』に書かれたkanzakerakuenさんの記事が気になったので、手元の14BYを「まだ早いんだろうなぁ」とは思いつつもチェック。
鼻の劣るおやぢは上立ち香のチェックはパスし、いきなり含む。
「ぐわぁ!?」。いきなり甘が押し寄せてくる。含みに、良くいえば練れた、悪くいえば老ねたアルコールの香り。よく生もと系に付き物とされる、あの香りだ。
米由来のたっぷりの甘と押し味様の香りがバラバラ。とにかく締まりのない酒。この蔵元らしくない。
「こんなはずじゃ‥」「え〜い、ままよ!!」と、50℃を越える燗に。
含み香が強まり、甘が抑えられる分、少しはマシだが、如何せん熱すぎ。(^^;
少し冷めるとボリュームのある甘が顔を出す。上燗ほどでやっと普通に味わえるのだが、やはり甘が突出している。
kanzakerakuenさんのいう、「蒸米が溶けないで、麹だけで酒になったような」の意味が分かった気分。
「酵母がきちんと食いきれなかったのでは?」「もと(酒母)がひ弱だったのかなぁ」。
この蔵の奥行きを感じる酒質に惚れていただけに、ややショック。
砂糖がいっぱい入ったコーヒーを飲んだ時の後味は、練れた酒で流してしまおう。
先日、蔵で見せられた時は思いっ切りやんちゃ坊主だった某H5醸造特別純米。開栓しておいた酒を上燗に。
「へぇ〜、落ち着きが出たじゃない」。11年物としてはまだまだパワフルで、もっと保ちそうだ。
金色に輝く酒に救われてこの日の晩酌が終わったが、釈然としない夜だった。


日本酒度:±0 酸度:2.0 アミノ酸度:2.0
メーターが切れていないことが、甘の原因だろうか。
ちなみに、現在は山廃仕込み。この酒銘を冠する酒は、すべて「生もと系&熟成酒」であることを区別するために、昨年秋から復活させたブランド。
その昔、kanzakerakuennさんが味見したのは速醸もと。その5年熟成酒がおやぢの隠し酒になっている。
それからすると、もう2〜3年経たないと本領が発揮されないかも。(-.-;


異母兄弟?

これだけ味の出方がまるっきり違った『扶桑鶴 純米吟醸 雄町』を熱燗にして晩酌の始まり。
熱すぎると線が細いが、上燗(45℃近辺)ほどに下がると、雄町らしいどっしりしたうまみが出てくる。「酵母も同じなのに‥」。捌けの良さと芯の強さは同じだが、他の二人が晩成なのに対し、こちらは早熟の傾向が明らか。
ぬる燗まで冷めると、また渋さが首をもたげてくる。
異母兄弟かと疑いたくなるくらいだが、今ならこれがお買い得だろう。「常温で春まで置いたら、分厚いうまみたっぷりの酒になるかなぁ」。時季外れの鰹のたたきを口に運びながら、飲み頃を迎えた時の姿を想像した。
思いの外、量が少なかったので、熟した味を求めて酒瓶を見渡す。
リリーフは『肥前蔵心 純米吟醸』。箱なしは200円安いことを知り、山田錦50%精米の純吟としては、もうけものといっても良い酒になった。
これもそう熱くしない方が良いだろうと、熱燗止まり。こちらは端っからうまみたっぷり。これ見よがしな吟香や引きずる甘もなく、素直に「うまい」といえる酒。
真鱈の煮付けの濃い醤油の味をきちんと受け止めてくれるから、真鱈も酒もはかどる。生姜と酢醤油で食べる鰹のたたきも、さっぱりして良いものだ。
「あ、もう終わりか」。徳利を逆さに振っても、な〜んにも出てきません。(^^;
今年、初めて取り組むという速醸の仕込みは、留めが終わった直後だろうか。中汲み火当ての到着が待たれるが‥ いつになることやら。今はうまい酒になってくれることをただ祈ろう。


二役で打ち止め

せっかくだから『扶桑鶴 純吟』の三役(米)揃い踏みを狙ったものの、さすがに5合は無理と断念。
冷やでみて、繊細で涼やかな『佐香錦』と良いにも悪いにも『山田錦』。どちらもまだまだ若すぎることを後味が教える中、『雄町』だけは段違いの味乗りを見せていたので、比較的傾向の似た前2者を熱燗(50℃近辺)にすることにした。
肴は、茹でたブロッコリー、塩鮭の焼き物、海老焼売(×)、ザーサイの油炒め、冬菜の浅漬けなど。
まずは『佐香錦』から。
冷やより味は感じるが、線の細さは変わらず。捌けやキレは良いので、すらりと‥。「ん!?」。後になって押してくる味がある。強さは持ち合わせているようだが、如何せん、この米に対する情報不足。熟成させれば、それなりのボディになるのか、涼やかなままなのか。
「冷めると苦が出ちゃうなぁ」とつぶやきながら、この後の変化に思いを巡らす。
飲んでいる間に豚肉の生姜焼きが加わった。次いで、酒も『山田錦』へ。
邪魔になる吟香はかすかで味も若いのだが、山田らしいふくらみはある。が、鈍重な甘のかけらは微塵もない。ひたすらキレることに加え、細いもののしっかり残る余韻が強い酒であることを物語っている。
生姜焼きが出てきた時に「雄町にすれば‥」とも思ったが、このキレと芯の強さで、どんどん口に運ばせてしまう。合間にはさむブロッコリーの茎がいい口直しになって、杯の進みも早い。
4品目の扶桑鶴だが、このキレと芯の強さこそがこの蔵の持ち味なのかもしれない。
一言でいうと「呑兵衛向き」の酒。
きちんと熟した『扶桑鶴 純吟』を飲んでみたいけど‥


その時になって、まだなお、この捌けの良さにキレ、芯の強さが健在なら、これは怖い酒だ。
『飲みすぎ注意!!』のラベルを貼らずに出荷されたら困ったことになるだろう。(^^;


山陰の鶴

前の晩、ひこ孫 純米・尾浦城 純米・天穏 馨と飲み継いだから控えようかと思っていたが、帰ったら鮪の赤身(拙宅でトロは出ない)、豚肉と玉葱・ピーマン・シメジの炒め物、ほうれん草のお浸し、ほうれん草に人参を加えたゴマ和え、冬菜の煮染め、春巻きなどが待っているではないか。
いつもより遅い時間だったが、山陰から飛来した鶴をみる機会を逸していたし、「これは飲まなきゃ」と、あっさり朝令暮改。(^^;
まずは、到着後みた時、あまりの若さに半杯でやめてしまった15BYの70%純米から。
半月ほどの放置で、まだ苦や渋が残るものの味が前面に出てきた。含みに特徴のある香り。原料米の祭晴、はたまた7号酵母に由来するものか。もちろん不快なものではなく、むしろ好みの香り。喉を通した後も一筋の線がいつまでも残っているような印象。華やかさには欠けるが、しっかりと強い酒。これは食中酒向きだ。
熱燗で良いかと思っていたのに、誤って飛び切り燗の上に。
おかげでアチチからぬる燗までの温度を試すことができたから結果オーライなのだが、意外とうまみを心地よく感じるレンジが狭い。ぬるくなると、苦や渋が「飲み頃はもっと先」であることを教えてくれる。
「火入が早過ぎるんだ」とは某氏の談だが、適温では捌けも良く、冷やで感じたあの後味がよりくっきりと。喉に落とした酒の、まるで空の彼方まで伸びていく飛行機雲のような余韻を伝えるではないか。
「これで2,000円/1800ml(税別)!? ヤバい‥ 嵌りそう」な『扶桑鶴 純米酒 高津川』。
続いて、同じく15BYの60%特別純米。
こちらは佐香錦と神の舞という、まったく初めての米。9号酵母と精米歩合の高さからか、70%に比べると繊細できれいな印象。捌けの良さはさらに上。
熱燗ほどにしてあれこれ合わせてみたが、脂っぽい豚ロースや玉葱の甘みからさっぱりしたお浸しまで難なくこなしてしまう。余韻に残る強さが舌を洗い、一つ一つの素材の味をうまく引き出す。自己主張こそ少ないものの、これが底力というものだろう。
「ヤバいよ、あんたら。また定番酒が増える‥。ハァ」。これが○鶴なら相手にもしないんだけど、頭痛のタネを増やしてくれましたよ、『扶桑鶴 特別純米酒』。
気づいたら300mlが空き、寝る前だというのに腹も満腹。ツケが回ってきませんように。(-.-;


「今日のメインディッシュはこれだよ」と、末娘が指さした春巻き。「中身は?」「春巻きは春巻きでしょ」。悪戯そうな目付きに「何かあるな」と思いつつ、期待通りに引っかかってやった。
「ぐわぁ」。あ、甘い。しかもプンケバ香まで。「こりゃあ、せいぜいおやつだろ」と、したり顔の娘に云ったところで口の中の異物が消えようはずもなく‥‥。orz
時々、「???」メニューが登場する我が家。今日がその日だったとは‥。
【本日のとんでもメニュー】
・春巻きの皮でバナナを包んで揚げた、一見、普通の『春巻き』。(>_<) そういえば、去年の『燗酒楽園』で、試飲開始前にいきなり「徳利でいただいて良いですか?」とお願いしたのが、ここの酒だったか。 ただ、単に座った席から一番近かったという理由だけだったのだが‥。(^^; 某名居酒屋に籍を置く知人に「良いですよぉ」とすすめられながら、正直言って百花繚乱の中で印象は薄かったのに、巡り巡って半年後にまた出会うことになるとは‥。 縁とは誠に奇なるものだ。