郷に入っては…

前日に珍しくコメを喰らっていたため、この日は十割蕎麦と普通の食堂を天秤にかけた結果…
このガッツリメニューが気になって!(笑)

ラーメン+もつ煮+半ライス=ぽっぽや定食1,000円♪

「えっ、もうできたの!?」
それなりの大箱な上に平日にも関わらず次々と訪れるお客で混み合っていたから、もっと待たされるかと思ったのに驚くべき早さで提供され、お客の方もさっさと平らげて帰るから、回転率がすばらしく高そう。

肝心のお味は…麺がやたらと黄色いことを除けば至って普通の中華そばに、甘〜くて塩っぱい味噌処ならではのもつ煮。
モツの臭みもなく、口の中でとろけそうな仕上がりはさすがおすすめメニュー◎ですな。
ちなみに上州北部の国道沿いや中東部の某店ほど白い粉たっぷりの諄い味付けではありませぬ。
ごはんの炊き方がやわらかいのが気になったものの、このもつ煮を平らげるにはやはり白メシ必須!

某TV局のアナウンサーが考案したメニューらしいけれども次回は…
朝めし抜きかたっぷり動いてからにしましょ♪(笑)

#感じたことを素直に、そして遠慮なく書かせていただきたいため、いつも店名は伏せさせていただいておりますが、もし気がかりな場合はコメント欄にメールアドレスを添えてお書きください。こっそりお教えします!(笑)


猫舌泣かせ

基本、その店を知るには定番中の定番「中華そば」もしくは「ラーメン」を頼むのですが、この日は…

お客様からオススメいただいた中華の隠れ名店を初訪したので「炒め」の技を見せていただこうとタンメン大盛り850円♪

いい加減、大盛りを卒業しなければならない齢になっているのだけれども、麺をたらふく喰いたいという欲求、あるいは惰性?には勝てずに…。(苦笑)

思いの外に濃いスープ、なおかつ熱々でまるで薄く餡を掛けたような仕上がりの一杯は…
配膳から食べ終わるまで少しも冷めることなく、ベロの火傷を避ける戦いの一杯となり申した。

厨房で一人で中華鍋を操る店主は、そのいかつい風貌とは裏腹に数多の調味料と火加減を繊細にコントロールし、次々と各々の勝手なオーダーをこなしていきまする。その姿はまさに職人!
平日にも関わらずやたら混み合っていたため会話することもままならなかったけれども、次はオススメいただいた「黒いの!」が何であるか伺ってみたいもの。それはさておき、次回のオーダーは…

Aセット(基本のラーメン+チャーハン)でいこう!
また炭水化物まつりですなぁ♪ (笑)

#感じたことを素直に、そして遠慮なく書かせていただきたいため、いつも店名は伏せさせていただいておりますが、もし気がかりな場合はコメント欄にメールアドレスを添えてお書きください。こっそりお教えします!(笑)