Skip to main content

年明けの便り2017

年明けの便り2017

恒例となった木曾の佐藤阡朗さんの52回目となる『たらの芽通信』を拝借いたしまする。   人の美しさ    人の笑みに逢うと気持ちが和む、赤ちゃんの瞳は、私をジーッと問い正す。  創った物を館展審査の場で診てると随分といろ […]

年明けの便り2016

年明けの便り2016

恒例となった木曾の佐藤阡朗さんの51回目となる『たらの芽通信』を拝借いたしまする。   民藝論と職人    思わぬ出来事で日本民藝協会の専務理事という役目を2011年9月から実質に担うことに成って4年余りになった。柳宗悦 […]

秋あがり

秋あがり

「秋あがり」とは、冬に寒造りしたお酒が春夏を越し秋になると、ほどよく熟成し酒質が向上していることを表現した言葉です。このお酒は冬にできあがった新酒を原酒のまま生詰・瓶貯蔵し蔵内の冷蔵庫で10ヶ月以上熟成させました。新酒や […]

年明けの便り2014

年明けの便り2014

恒例となった木曾の佐藤阡朗さんの49回目となる『たらの芽通信』を拝借いたしまする。   喜左衛門井戸のこと    先ごろ、根津美術館で五十年振りに国宝大名物大井戸茶碗(本多)に出逢った。  最初は学生の頃みたが、柳宗悦が […]

年明けの便り2013

年明けの便り2013

恒例となった木曾の佐藤阡朗さんの48回目となる『たらの芽通信』を拝借いたしまする。   古希を迎えて(国定高齢者)    七十歳ぐらいでは今や稀ではないが、青少年時代にこの日の姿は全く想定外であった。  先日小さな洋食屋 […]

年明けの便り2012

年明けの便り2012

恒例となった木曾の佐藤阡朗さんの47回目となる『たらの芽通信』を拝借いたしまする。   流れ星へ願いごと  幼少、少年の頃言い伝えを信じていて、月に兎がいて餅を搗き、サンタはイブの夜は忙しかったし、結婚相手は赤い糸ですで […]

ゆく年くる年 -2011-

ゆく年くる年 -2011-

いろいろあり過ぎた!という2011年。日めくりカレンダーも最後の一枚を迎えまする。   夏の初めに東日本大震災に見舞われた宮城県を訪ね、燗主さんの無事を喜び合った翌日は県北へ。 内陸の栗原市や登米市はじめ、変わり果てた南 […]

 
Top
RSS
Twitter
Facebook
Instagram
Follow by Email