燗粥酒 part 3

■呑録(旧暦2/21)さんざんじらされた庄内のにごり酒がやっと届いた。『鯉川 純米吟醸にごり酒 16BY 瓶燗火入れ』「開栓当日だろうがなんだろうが、こりゃ、もう、飲むっきゃないでしょ」と、いそいそと持ち帰る。…

延焼拡大?

GoogleアラートにCNET Japanの「Macをねらうスパイウェアやハイブリッド型ワームに注意」:米ガートナーが引っかかった。先日も『対岸の火事ではない』で、Symantecによる警告を紹介したばかりだが、一度ついた火は…

春の息吹、くぎ煮

■呑録(旧暦2/20)『秋鹿 雄町80%精米無濾過原酒 2004 火入れ』二週間ぶりの秋鹿の雄町だが、「あれれ、戻った?」。せっかく開いてきたのに、また引き籠もってしまったかのような印象。最近、飛び切り燗が続いた…

これもまだまだ

■呑録(旧暦2/19)『白影泉 山廃純米 山田錦5割5分磨き 14BY』ラベルの左下に小さく「奥播磨」の文字が。そう、あの下村酒造店の昭和初期の(純米)ブランド。第二次大戦中の米不足で製造中止を余儀なくされ、昨秋、…

退去命令が出る前に

■呑録(旧暦2/18)この日は、端瓶整理の日になってしまった。『杜氏の詩 特別純米酒』お燗待ちの間の冷やジュルジュルにちょうど猪口一杯。まろやかという言葉が相応しい。ここの酒は突出した癖・嫌味がないのが特…

まだまだ硬い

■呑録(旧暦2/17)『日置桜 生もと強力 H14BY』持ち込んで燗付けを頼んだが、開栓直後でもあり、自分で燗をつける訳じゃないから適温が見つけにくい。15℃において半年経ってこれ。いつまで待ったら直ぐに飲めるよ…

傍迷惑

遠来の客人と一献交わそうと、いつもの店に『日置桜 生もと強力 14BY』を持ち込ませてもらった。飛び切りに燗を付けてもらって冷ましながら飲んだが、苦が残り、飲み頃ははるか下の温度。しかも極めて狭い。常温に…

燗粥酒 part 2

中国(≠China)とお江戸東部に唆されて手を出してしまった火入れのにごり第2弾。『清酒竹鶴 純米にごり酒 16BY』。手元の通常純米15BYが昨秋からやっと飲めるようになったことを考えると、「にごりとはいえ火入れの…

対岸の火事ではない

CNET Japanに『Macもついにハッカーの標的に–シマンテックが警鐘』という記事が掲載されている。Windowsよりもマシとはいえ、うかうかできなくなってきていることも事実。外界につなぐからにはそこで起こり得る事…

燗粥酒 part 1

せっかく届いたというのに、外飲みの日。無理を云って「秋鹿 千秋」を使ってもらったが、薬罐燗がいただけない。二次会でも不味酒を避けてビールに逃げたが、大手メーカーのビールだから、これまた翌日に持ち越す…