選ぶのはあなた

先日も書いたものの、相も変わらず配慮・自粛のオンパレード!!
中でもこの正副都知事のコメントがひどい。

【知事】
今ごろ、花見じゃない。同胞の痛みを分かち合うことで初めて連帯感が出来てくる。
(太平洋)戦争の時はみんな自分を抑え、こらえた。戦には敗れたが、あの時の日本人の連帯感は美しい

自身の「天罰」発言は何所吹く風といわんばかりの厚顔無恥。例え訂正したとしても、一度口から出た言葉は決して戻りません。剰え、この時期に選挙を回避しないばかりか、あの惨状を目の当たりにしながら、なおも「原発推進」を曲げないまま、いけしゃあしゃあと勝つ気満々で立候補するご本人にこそ、痛みと連帯をお願いしたい。
そして…

【副知事】
花見はすればよい。酒も飲めばよい。過度の自粛は消費を冷やすだけだ。ただ被災者は水も食事にも苦労している。身内を失っている。東京の火葬場で運ばれてきた遺体も焼いている。その辺の想像力があって、花見をして、酒を飲んで、ということだろうね。

花を愛でながらお通夜をやれと!?
二人とも、どこも悪くもない人々を暗鬱なムードで包み込み、都民はじめ、都内に通う人たちまで病気にしようとでもいうのでしょうか?
そして、多くの人々が弱った隙に低投票率の中でまんまと当選!?
強ち下種の勘繰りともいえない状況だけに背筋が寒くなります。
まったくこんな人が首都の長を務めていることこそ、自粛すべきでは?
如何ですか、都民のみなさま。

不謹慎を承知で物申せば、うれしい時、楽しい時、愛しい時、そして寂しい時、哀しい時、辛い時、それを分かち合うためにも「そのひと時だけは被災地や被災された方々を忘れてもいい」と思います。
一人一人が元気でいること。もし元気が余っていたら、少しずつ誰かに分けてあげてください。
被災しなかったみんなが、そうしてまた明日に向かう力を奮い立たせなかったら、誰が彼等や彼の地を救うのですか!?

ということで、再度!!

Twitterからのひと言
俺達被災者は、いま日本中の皆さんに感謝しています。本当に有り難いと思っています。皆さんの気持ちは届いています。これ以上「連帯感」を理由に楽しい事を躊躇ったりしないで下さい。楽しい事をして下さい。皆さんが楽しい事をしてくれれば経済が廻ります。そのお金は俺達にも廻ります。お願いします

困窮の極みにありながらのこの寛大さと思いやり。これが日本の、そして日本人の美しさです!!
こういう言葉がなぜ政治家や役人から出てこないのでしょう?
 
おバカな話に耳を貸す必要はありません。
「自分のために!!」がひいては「誰かのために!!」 なることを祈って、今宵も燗酒を酌みまする。


OEX

タイトルは飲み過ぎての「おえ〜っ」ではありませぬ。(汗)
Oyaji Expressの略♪
震災前に奇しくも同じ東北某市から2件のオーダーをお受けしていました。
 

3月17日(木)に開かれる職場の酒好きおじいちゃんの送別会に美味しいお酒を持参したいのですが…

3月21日(月・祝)に天穏の純米大吟醸を目玉にした春の酒の会を開きますので、興味のある方はどうぞご連絡ください

 
内1件は地震当日の発送だったため、ヤマト運輸から戻されてしまい、はてどうしたものやら?と。
ご両者に開催の有無を確かめたら、どちらも「予定どおりやります!!」というお返事が…。

ならば、話は簡単、ネコが行かないならおやぢが行きましょ♪
折しも計画停電が予定されていましたし、寒い家にいるよりは車の中の方が暖かいですから。

それに何よりも、お酒好きな先輩に飲んでいただきたいという後輩氏のやさしさとその大事なお酒のセレクトを委せてくださったことへの感謝。そして、いつも真っ直ぐな料理で地元の呑兵衛諸姉諸兄を惹きつけて止まないお店の会に採用していただいた主賓がいなくては、がっかりするであろうお客様のお顔と済まなそうなご主人の顔が容易に思い浮かんだからに他なりませぬ。

ご両者に悔いを残させないためなら、400kmほどの道程が苦になろう筈がありませぬ。
ついでにこんな寄り道も♪ (笑)

江戸時代からの雛人形
 
さ、さだこ!? (笑)


一般には公開されていないお雛様をじっくり拝める眼福のひと時でした。


過剰反応では?

昨日も書きましたけれど、来月開催される予定だった我が地元のイベントも中止決定。

会場が被災したなどの理由で物理的に無理なものを除けば、音楽関係イベントが「元気」と「祈り」を届けるべく開催されることに比して、何でもかんでも自粛に走るのは、「他人の目・顔色」を気にし過ぎる日本人の悪慣習ともいうべきかと。
「未曾有の災害規模とその現況、及び被災者の心情」に配慮する気持ちは分からないでもないものの、「そして被災地の一日も早い復興を願い、誠に残念ではありますが」というなら、むしろ積極的に実施しても良かったのでは?

ましてや、県内にも被災地から避難してきている人が増えており、この後も当分その数は減りそうにないでしょう。受け入れている自治体と協力して、例えひと時であろうと避難者に「夢」を見てもらい、束の間の「平穏」でもてなす、というアクティブな発想と行動に繋げられなかったことが惜しまれまする。
 

Twitterからのひと言
私達は他人の幸せや喜びをねたむほど落ちぶれてはいない。皆さんどうぞ我慢せず楽しい時は笑い嬉しい時は喜んでください。私達も一日も早く皆さんに追いつきます

 
一日で85,000人(2010年)を集める地元最大のイベントですし、今年は第70回という節目の年にも当たっていましたから、何とか開催して欲しかったのですが…。

知人の娘さんが親子二代となるおいらんを務める!という個人的な心情もあることは否定しませぬ。(笑)


あのねぇ〜

【身近から消えたもの】
懐中電灯・乾電池・カセットボンベ・灯油ポリ容器・ウエットティッシュ・ティッシュペーパー・トイレットペーパー・幼児用紙おむつ・粉ミルク(後ろ二つは、共に昨夏生まれた乳幼児を抱えるT兄家・H兄家情報)

 
1970年代にあった二度のオイルショック時を彷彿させる狂乱ぶり。
他にもカップラーメンなどインスタント食品やミネラルウォーターなども棚から消えたようですけれど、それは無くても困らないから外すとしても、何やっているのでしょうかねぇ。
目先の不安で騒いだところで、とどのつまり…なるようにしかならないでしょうに。

震災時にも秩序を乱さぬ様から「日本は凄い!!」と絶賛する海外の声もあるものの、こうしたさもしい行動心理に加え、祝事や祭事の自粛は然も然も当然という必要以上のネガティブ指向に関しては、日本人であることを恥じ入ってしまいまする。


多謝、そして複雑

電話が繋がらずにご心配をおかけしたみなさま、お気遣いありがとうございました。
おかげさまで人も、そして最も気になったであろうお酒もすべて無事です!! (笑)
一番娘と二番娘、それに弟一家とも連絡が取れ、家族の無事が確認できました。

それにしても悲惨な光景がTV画面の向こうに…。
被災された方々へ心からのお見舞いと、まだ安否が不明な方々のご無事をお祈りいたします。

そんな処へ一本の電話(同一エリアの固定電話)が…。

被災した自社工場(福島県)からの援助要請とはいえ、ミネラルウォーターを500箱(2.0L×6)を至急調達したいという某社からの依頼でした。
同僚を思う気持ちは分からないでもありませんが、この非常事態にそれだけの数量を一社で独占していいものでしょうか!?
 
「あんたのところだけが困ってるんじゃねぇ!!」
 
宅配事業者各社が被災地向けの荷物の受け付けを止めたため、親戚や知人に送りたくても送れない人たちを尻目に、「関連の運送会社を使って送るから」と大手メーカーならではの対応力を羨ましく思う反面、釈然としないものを感じるのはおやぢだけ?


上方日本酒ワールド2011

「今年も開催します!」と蔵朱さんからポスターとフライヤーが届きました。

上方日本酒ワールド2011

関西の方々はもちろん、お酒好きならぜひお出かけください♪
詳しくはこちらから → 日本酒卍固め:上方日本酒ワールド2011公式サイト

※リンク先にも記載されているとおり、“尊尊我無&秋鹿” は店主の体調不良により出店見合わせとなっています


久方の・・・

光のどけき春の日に…といいつつ、今日は雨♪ (笑)

とうとう二月は更新ゼロ!という体たらくぶり。
それもこれも「長い文章を書くのが億劫になった」というTwitterシンドロームでしょう。

まぁ、気が向いたら、またボチボチと…って殊で、どうぞよしなに。m(_ _)m