心の準備

生きていればどんなものにもつきものなのが、「別れ」の二文字ですな。
ひたすら熟成を待ち侘びて、「やっとこれから」という時には、酒がない!!
もう幾度となく繰り返してきたことなれど、またしても…。
「飲むんなら、まだ17BYでしょ!?」と気軽にいっておられなくなりました。orz

「酒がなくなる」こともさることながら、齢を重ねれば確実に「自分がなくなる」時にも近づいている訳でして…。
その時になって後悔しないよう、今日もまたせっせと、呑む!! (笑)

生酛のどぶ■生酛のどぶ H17BY仕込16号 +12
届いて一年。常温で一夏越させましたから、「もうそろそろ」という淡い期待は…
初恋のように儚く散りました。X-)

冷やジュルではそこそこ熟しているように感じられまするが、アチチ燗(60℃近辺)超から冷ますと、またもや蕾に逆戻り。
もっとも比べる相手が二夏越えのこれですから、“16号” にとっては迷惑千万な話。

「これは…14号も試す必要あり♪」と身勝手に呑兵衛的解釈を…。
連夜の “17BY” 減らしと相成りましてございまする。

生酛のどぶ■生酛のどぶ H17BY仕込14号 +9
同じ “+9″ なれど、やはりあの満開の風情にはもう一歩及ばず。
とはいえ、これ、ホントにもう少し。
その証拠にアチチ燗(60℃近辺)どころか、煮ちゃえばもうウマウマ♪

今宵のアテは味噌仕立ての鮟鱇鍋。正肉はもちろん、ひれやコラーゲンたっぷりの皮もたんまり。もちろん、鮟鱇に欠かせない肝も。
その肝を一口。そこへ “どぶ” をグビりとくればもう、プハ〜ッてなもの♪
本場の “どぶ鍋” とはまいりませぬが、取りあえず “どぶ” さえあれば…。:-)
自家製のポテトサラダもたんまり食べて、当然、「お代わり〜♪」

あれれ、カミさんも二本目。「あんたも!?」「うん♪」
おいおい、一日一本、三日で三本!? そんなに稼ぎがないでしょうに…。(汗)

しかし、これからすると、今後の “どぶ” には、あの “ひやひやおろし” 並みに “二夏越し” の禁固刑を申し渡さねばなりますまいかな。
その際は、我が口を養うだけでもヒ〜コラいっている貧乏人を頼らずに…
どうぞ各々のご自宅で軟禁してやってくだされ♪ (笑)