少女マンガだね〜、AH (AH)

眠たくっても 嫌われても 年をとっても
やめられない〜♪ (爆)


の歌詞、YouTubeへ飛びます飛びます♪(笑) Diamonds by PRINCESS PRINCESS

こんな絵も描くんですね!?
こんな絵も描くんですね

先日、危うくダブって集めそうになったコミックスに代わり、文庫版でないことが引っかかったものの、「まぁ、いっかぁ〜」で1巻から9巻まで揃えてしまったのは…
拙blogに初登場の河惣益巳作、“玄椿(くろつばき)”。
“ツーリング・エクスプレス” や “火輪” など、ヨーロッパや古代中国ものばかりかと思ったら、和ものもきちんと描けるというか、絵としてはこれが一番きれいかも。

茉奈・佳奈主演のNHK連続テレビ小説 “だんだん” のもう一つの舞台となった祇園のお話なれど、下手なセリフや舞を見ずにすみますし、舞妓や芸妓はもちろん、伝統を受け継いできた祇園の本当の姿を浮き彫りにしてくれます。

ただ、“これ”、結構絡みのシーンも多いのによくぞ “花とゆめコミックス” に収めたたものですこと。
もっとも、最近は “ボーイズラブ” や “やおい” がごく普通の話題となる時代ですし、“花とゆめコミックス” 自体が小学生から一般社会人までを対象にしているそうですから、こちらの頭が古すぎるのかもしれませんけれどね。

そういうお話が気恥ずかしい方にはこちら♪
とはいえ、これも純然たる “少女マンガ” とはちと言い難い?
少女誌に掲載されただけの “少年マンガ” ともいえましょうが、いずれにしろマンガ好きならたまらない傑作の一つには違いありませぬ。
今回、久しぶりに全編を読み返しましたけれど、連載当時と何ら変わらぬパワーと笑いが満ちており、頭の中に花が咲きまする。(笑)

取りあえず本編(文庫版全4巻)を読了いたしましたゆえ、引き続き “外伝” 、そして “こカバ丸” へと♪

ご希望とあらばどれでもお貸しいたしますから、どうぞお申しつけくだされ!!
って、それには…
我が家の蔵書リストをご披露せねばなりませんかな。(苦笑)