夏のにごり -其之肆-

tenorさんからいただいたコメントへのお返事で紹介したものの、久しく飲んでいないことに気づき、急遽出番となりました。:-)
秋鹿 純米吟醸にごり生原酒 “霙もよう” H15BY
akishika_mizore.jpg活性にごりにもかかわらず、開栓はすんなり。こりゃ、不活性にごりですな。開けて匂いをクンクン。
「あれぇ〜!? この香りは“神亀”が練れたときのような…」
いくら“神亀 活性にごり”の隣に置かれていたとはいえ…
「まさか、神亀臭が移った!?」そんなことあるかい!! (笑)
冷やジュルで。当然たっぷりと出てくるであろうと予想していた“生老ね”は、思いの外、気にならない。わずかに(炭酸)ガスっ気を感じるけど、練れたうまみに溢れている。
ならば、上燗(45℃近辺)と熱燗(50℃近辺)の半ばに♪
その間にフライパンを熱してバターを溶かし、ステーキを焼きましょ。仕上げに純米酒をバッと振りかけ、強火にして酒を飛ばし、最後に醤油を一垂らし。できた〜♪
アツアツのステーキを頬張り、飲み頃に冷めた“秋鹿”を一口。「うわっ!!」甘々。なんたるうまみでしょ。生臭もほとんど気になりませぬ。901(号酵母)ゆえ、脂を切るような強さはありませんが、さすが純吟。余韻や後味に品があります。うれしいことに邪魔な吟醸香もなし。;-)
さて、呑みモードに切り替えて…。
アテは、鰤の刺身。と思いきや、「あらぁ〜」養殖のハマチかな。orz
キムチのタレがかけられた蛸と胡瓜。和えられていないから赤くないところを選って…。
鰹節をたっぷりのっけた冷や奴。冷やしトマト。十全茄子の塩漬は新潟の夏の味ですな。
花冷え(10℃近辺)ほどで貯蔵されていた“秋鹿 霙もよう”は最後までうまみたっぷり。
うぅむ、どうせなら雪冷え(5℃近辺)庫の一升瓶を開けるべきだったか。ざんね〜ん!!