輪々爛々 柳〜都♪

1shuan_060822.jpg蹲(つくばい)のホテイアオイが可憐な花をつけた夏の或る日、“トーキョーワッショイ”で帝都の夜を席捲する“まき子さん”が燗酒の縁(えにし)をつなぎにご光臨。
帝都ばかりか地方遠征もこなしておられるから、いつかは…と思っておりましたが、夏休みを過ごす先に当地を選んでくださり、感謝感激雨霰。
“嬢々颱風”と勝手に呼ばせていただいているだけあって、残暑厳しい新潟にひとときとはいえ雨をもたらしてくださいましたぞ。
やっぱ“低気圧が〜る♪”だったのね。(笑)
asai_d01.jpg

ならば当然『酒は純米、燗ならなお良し』で歓迎の宴を…と、稀少な燗酒組が柳都“あさい”に集合。
“ここ飲み屋かい?”広報部長、“ちゃむさん”のお声掛けで集まった“ヒヨコ豆之助さん”と“あいこマンさん”のmixiコンビが揃ったところで、まずは「かんぱ〜い♪」
“ここ飲み屋かい?”での出雲崎名物、炭火で焼かれた石井さんちの浜焼き、“ノドグロ”・“鰈”・あの“あなご”とブラウマイスターの缶&“鯉川 純吟 庄内の風”の冷やというランチからはじまった…

あ、バラしちゃった♪ (笑)

“まき子さんの食・酒紀行”の2ページ目は、このブラウマイスター樽生でスタートしたのでした。

今宵の献立は3,500円であさいさんにおまかせ。
さっそく登場したのは“〆鯖のホットサンド”。「空飲みにならないよう、まずはお腹に入れてから」があさい流とはいえ、「え〜っ、〆鯖とパン!?」となるところだが、これがまた絶妙。「燗酒〜!!」の呼び水となってくれたのにはびっくり。
asai_f01.jpg    asai_f02.jpg
asai_f03.jpg    asai_f04.jpg
asai_f05.jpg    asai_f06.jpg
asai_f07.jpg

【お献立】

  • 〆鯖のホットサンド
  • 豚スネ肉のトマト煮
  • 北寄貝の生姜焼
  • ヒヨコ豆入りのラタトゥイユ 🙂
  • 刺身(鮃昆布〆・真烏賊・鰹・イナダ)
  • 香の物(定番の身欠き鰊山椒漬・十全茄子塩漬・燻りガッコ)
  • 貝柱・水菜入り豆腐汁
  • 汁なしの冷たい坦々そば [写真なし]
いよいよの燗酒た〜いむ♪は、まき子さんのリクエスト『大七 生?純米CLASSIC』で幕開け。「うぅむ、もっと早く開けておけば…」と後悔先に立たずの大七に次いで、竹鶴としては比較的地味な『竹鶴 純米“秘傳”』へと。
このあたりのチョイスは、“ヒヨコ豆之助さん”と“あいこマンさん”の両ビギナーへの“燗酒菌”の強制接種も兼ねておりまする。(笑)
asai_m01.jpgそしてそして、「これでどうだぁ〜!!」の『睡龍 生?のどぶ H16BY春火入れ』で“燗酒菌”の完全注入を成し遂げ、罹患者2名確保した頃には、ちゃむさんはすっかり女衒の顔に…。

女:「あんまりじゃない!?」
男:「オレだって好き好んで…」

どうぞ思い思いのセリフを入れてくだされ。(笑)
内緒で持ち込んだキリンの“NUDA”500mlPETボトル(中身は『鯉川 純米吟醸“庄内の風” H16BY』)につづき、先日のちゃむさん持ち込みの残り…

  • 日置桜 熟成純米“燗あがり”
  • 芳水 “高柿木”
  • 小笹屋竹鶴 番外編“山田錦” H12BY
    などをご相伴に与ったほか、まき子さんのおみやげ『竹鶴 本醸造“金冠”カップ』まで、用意してもらった燗鍋とカセットコンロがフル稼働。
    話も弾んでいつの間にか「わぁ〜、もうこんな時間!?」でたいへんお名残惜しゅうございますが、散会。暑い柳都の夜がさらに熱くなったひとときでした。
    まき子さんは今日も夏休みを満喫しているでしょうか。:-)
    「また来なせやぁ〜♪」
    ちゃむさん、ヒヨコ豆之助さん、あいこマンさん、たいへんお世話様でした。
    これが“柳都の定番”となるよう、“燗酒菌”罹患者諸姉諸兄、やよ励め♪ 😉