風立ちぬ

おやぢ命名、“風立ちぬ御三家”。(笑)
堀 辰雄…若かりし頃は “福永武彦” の方に行っちゃいました♪
中村 中…上から読んでも “中村中”、下から読んでも “中村中”♪
松田 聖子…元祖ぶりっ子よりも…ブリコイブリガッコの方がアテになる♪

閑話休題。:-)
案内をもらった時にその仕様を見て「えぇ?、ホントに!?!?」と我が目を疑ったおチャケ。
これはもうカミさんを質に入れても…なれど、質草にするには賞味期限が…。(汗)
長期熟成酒や熟鮨の如く、年季が付加価値となれ…バキッ!!(-_-)=○()゜O゜)アウッ!

綿屋■綿屋 純米原酒“山田錦65” -7号酵母- H19BY
他の多くの蔵元同様、お行儀良く “宮城酵母” だけを使っていたこちらが泡なしとはいえ協会7号酵母に手を染めるとは…。
行儀の悪い(味の汚ない)酒はご免蒙りまするが、こういう行儀の悪さなら大好き!! (笑)

「まだ早いかも…」と危惧しつつ開けてみたら…
「わぁお、飲めます飲めます!!」(笑)「うまいじゃない!?」
元々、吟醸に使われていた酵母だけあって、品が良く、十分な吟醸香。山田錦らしいふくよかなうまみ。19BYでありながら原酒の粗さも感じさせませぬ。
数日待つと密のような甘さも感じられるようになりますから、初めての7号ゆえ “宮城酵母” とかけ離れないような落し所を探った結果かも知れませぬ。とはいえ、この酸はやはり7号ならではのもの。
当然、お燗でその持ち味を発揮するタイプですな。

欲をいえば、怖がらずにもそっとメーターを切ってくだされ。
当然、酸も今以上に出ましょうが、せっかくの7号。よりその特性を生かした酒に仕上げていただければ、偏屈にもさらにうれしい一本となりましょうし、まだ冷し酒全盛の宮城酒に風穴をあけることにもなりましょう。
ただし、飲み頃は確実に遅くなりますけどね。(苦笑)

「ウンマいウンマい♪」と一週間ももたなかったおやぢが良く云う? (自爆)