某店への手紙

暑い時期も燗酒を、提供していきたいと思うのですが、最近は冷酒を好まれる方が多いですね。

というメールをいただいた某呑ませ手への返信を以下に♪

真夏を思わせる陽気にもなるこの頃ですが、これからの暑い時季こそが燗酒への理解を深める最高の季節です!!

記事とは無関係♪ (笑)
記事とは無関係♪ (笑)

というのも…
ご存じでしょうが、アルコールの消化・吸収・分解は飲んだお酒が自分自身の体温以上になって、ようやく始まります。
冷たいお酒を飲むと自身のエネルギーを使って体内で温め、体温と同じ温度にしてから消化を始めるように人の体ができていますから、摂り込んだお酒を温めるまでの時間が酔いのタイムラグとなります。
ですから…
「冷たいお酒を飲んでいたらいきなり酔いが回った」はもちろん、「目が覚めた後に疲労感が残った」「二日酔いになった」なども就寝直前まで冷たいお酒を飲み続ければ、睡眠中もその消化・吸収・分解のために体は働き続けますから、すべては道理。
そこへいくと…
燗酒は摂り込む温度が既に体温以上ですから、飲みながら早、消化・吸収・分解が始まるため、タイムラグもなく、すぐに酔うことで自身の適量を自覚できますし、飲みながらも消化・吸収・分解しているので就寝後の体への負担も軽く、結果として二日酔いになりにくい。これもまた道理です。

そして、暑い時季は冷たい物を摂る機会が増え、その上に冷たいお酒まで…となるとただでさえ草臥れている胃腸にさらに負担をかけることになりますから、少しも体にやさしくありません。
暑い日には一杯の熱いお茶がご馳走になるように、お客様の体を慮ればなおのこと、燗酒で労ってさしあげるのが提供する者の務めではないでしょうか。
お店のお料理をおいしく、また楽しく召しあがっていただくための食材や調味料へのこだわりやかける手間のすべてが、お客様への思いやりとその笑顔のためであるならば、それをお酒で具現化したものが『燗酒』である、とするのはいささか理屈に走りすぎますでしょうか。(苦笑)
お酒を召しあがっている最中に「お冷や」を所望されるお客様もいらっしゃると思いますが、お客様への愛を込めて、今後はぜひ「白湯」をオススメください。(笑)

最後に老婆心ながら…
あるお酒の会で出会った某飲食店の店主がこちらの燗酒談義に「燗酒を飲ませるとすぐに酔って飲む量(売上げ)が減るから、ウチでは○○(ガチンコの燗酒銘柄!!)は冷や(あろうことか『冷した酒』の意味)でしか出さない」とほざいた折、「だったら、どうしてこの会に来るんだ!?!?」と腑を煮え返らせ、その後一切の無視を決め込みましたが、斯様な志の低い店には決してなさらないようお願いいたします。