逃避行

■呑録(旧暦4/16)
相変わらず現実逃避モード。来月も続くのかぁ。orz
『小笹屋竹鶴 番外編 12BY』
先日、生の宿根雄町15BYを燗で飲んでいたが、やはり火入れが飲みたくなって開けてしまった。
15℃半年で小気味の良い(?)熟成色を帯びる。赤茶っぽい。「いつもの竹鶴よりも濃いか?」。
冷やで、まだしっかり、甘みもある。うぅむ、良い熟成香。
竹鶴ですから、当然、煮ました。:-)
700Wレンジで3分20秒。も、持てない。
杯に残った冷やに超アチチ燗を注ぐ。猫舌で熱さに耐えながら、ジュル。こんなに苛めてもきちんとうまみが。さすがに強い。燗で引き締まったうまみに口元がついほころんでしまう。
この日の肴は、烏賊の煮付け。ゲソが大好きなおやぢはそればかり選ってしまうが、3バイ分で打ち止め。あとは身の方を…。蛸ともずくの酢の物。ありゃあ、残り物か、見覚えのある鰹まで入っている。夜中に腹が痛くなっては困るから、それは除けて…。豚肉と大根・人参・椎茸の煮物。おいおい、ずいぶん乱暴な切り方じゃねぇか。ま、あまりチマチマしているよりは… おっ!? うまみを吸った大根が良いぜ。椎茸もジューシーだよ。
娘が見ていた「Swing Girls」に相乗り。「おぉ、これ、Benny Goodmanだべ!?」。映画に引き込まれ、こちらも山形弁に染まった夜だべした。


この映画には、やっぱ鯉川か羽前白梅だべぇ。酒の順番があべこべだったなぁや。まんず、はぁ。(^^;;

2 thoughts on “逃避行

  1. Swing Girlsは山形県の山形市から40分、
    長井市が舞台です。あの鉄道は山形駅から乗れる
    フラワー長井線です。当然、訛りは羽根田さんや
    私が喋る庄内弁ではなく、あの一番訛りのきつい
    山形内陸弁です。ここは福島会津地方ともつながる
    青森の次にわかりにくいズーズー弁です。映画では
    さすがに訛りきれていませんでした。それはそうです。俳優たちが本当に訛ったら、ストーリーがわかりませんからね。

Comments are closed.