去る2月5日(日)、不運にも火災に見舞われた島岡酒造を訪ねてきました。
shimaoka_fire1.jpgご覧のように外壁は残っていますが、仕込蔵、貯酒庫、その2階にあった麹室、槽場、酒母室、と明治・大正から『群馬泉』を生み出してきた蔵の屋根がすべて焼け落ちていました。
その惨状に唖然としましたが、中庭でトラックの荷台に積まれたタンクに酒を移す蔵人さんたち。杜氏さんに声をかけ、どこかへ行かれる様子の副社長。専務は電話での打合せに暇がありません。
ただ、落胆しないはずはないでしょうにみんなの顔は思いの外、元気です。「なぜ?」
お見舞いの言葉に返ってきた専務の深々と頭を下げながらの一言。「こんなにしてしまって、すみません」お詫びされる謂れはありません。蔵側の過失ではなさそうですが、一部で報道された業者を責めるでもなく、我々を慮ってくださる。これもまた、頑なに山廃を守り、伝えてきた、島岡家ならではの伝統なのかもしれません。
専務の後に続いて中を覗くと抜け落ちた屋根から青い空が見える槽場。残念ながらヤブタは使い物にならなくなり、蔵の最奥部、酒母室では後始末の重機を入れるために早くも壁の取り壊しが始まっていました。
shimaoka_fire2.jpg再び中庭を経て仕込蔵の中へ…。
ちょうど社長が入ってこられたのでお見舞いをお伝えしようとするとあべこべに「こんなにしてしまって…」とまたまた頭を下げられてはこちらのほうが恐縮してしまいます。
「これでイヤな日本酒業界から足を洗われると思った」と冗談とも本音ともつかない言葉の後、貯酒庫への扉を開けて、「残骸が落ちたタンクの酒は廃棄しますが、これらが熱にやられずに残ってくれそうなのと、倅がやるというので…」
そうです。被災から3日目にして、苦難にめげず、再び蔵を生き返らせようとする蔵元と蔵人の想い。それがみんなの心を一つにし、生気に満ちた顔を作り出していたのです。
shimaoka_fire3.jpg仕込蔵の中はほとんど無傷。
生き残った醪は、「近くで同規模のヤブタを使う蔵の造りが終わったそうなのでそれを借りて搾ります。表のトラックに積んであるタンクやポンプ、ホースなども、あちこちから借りてきて、今、移している最中なんです」
「前回はここまでだったんですよ」
仕込蔵から出て、釜場に移ったところで再び専務が…。
「今回はきっちりその奥が全部…」
実は、島岡さんは2001年7月にも落雷による火災で母屋2階を消失。その火が釜場まで伝わって、屋根を葺き替えたという経緯があります。
今回も島岡家の方々や杜氏さん、蔵人さんたちに怪我がなかったことはなによりで、まさに不幸中の幸いと思わされました。
「ウチの蔵付き乳酸菌(シマオカ株という貴重なものとのこと)のことをご心配いただくのですが、今度試験場に来られた先生がそちらの専門で採取させてくれって持って行かれたばかり。あちらに冷凍保存してあるそうですから、培養して1回立てれば元通り蔵に付くようですし」
「鉄骨や流行りの素材の蔵はウチには似合わないでしょ?幸い基礎や主な柱も再生できるようですから、何とか今までの雰囲気のままで」
「ただ、麹室だけは蔵人の年齢も考えて下に移そうと」
再建する蔵の構想を専務からうかがいながら、心強く感じました。向かうべき方向に少しもブレがないのは流石です。
「絶対直して見せますから、できあがったらまた見に来てください」
専務のその声に見送られて、赤城山から空っ風の吹き下ろす地のお蔵を辞しました。
*拙blogにお越しいただいているみなさまへ*
不幸な出来事はあったにしろ、『群馬泉』はこれからも『群馬泉』たらんとしています。
脈々と続いてきた『群馬泉』の酒が一日も早く甦りますよう、どうかより一層のご愛顧をお寄せくださいませ。
はなはだ僭越とは存じますが、心からお願い申しあげます。


yubeshi_2.jpg余談ですが、ご家族や杜氏さん、蔵人さんたちの心痛が少しでも癒せれば…と煮酒さんも大好きな当地の“柚べし”の切出しを持参しました。
ちなみに、今も島岡さんのところの杜氏さんは“越後杜氏”。『竹鶴』の石川杜氏がおられた頃の神亀さんも同じく。
意外に思われるかもしれませんが、関東はおろか、日本全国を見回しても個性的な酒の部類に入る双方のお蔵で越後杜氏が活躍されていたこと、あるいは今も現役でおられること。それを特異なこととせず、越後流のさらなる発展に結びつけられれば、翳りが見え始めた新潟の酒造業界に新たな風が吹き始めるやもしれません。