このblogでも何度か書いていますが、酒粕を使った料理、特に煮物は大好物。:-)
この日、まず目に飛び込んできたのが“蕪の粕炒り”。その隣には“鯖の粕煮”まで。
なんと二品も!? マンモスうれピ〜♪ って、もう死語ですな。(^^;
“蕪の粕炒り”を見たときから、ここの酒にしよう!! と決めておりましたが…
“鉄人うすにごり”の残りが一合足らず。(T^T)
途中で席を立ちたくないので放置酒を漁ると、あった〜!!
『鯉川 純米吟醸“亀治好日” H15BY』
koikawa_kamenoo.jpgこれから半月あまり。冷やで、わずかに林檎を感じさせる酸も。ウマ〜♪
さて、燗は…あまり苛めたくないとはいえ、熱燗(50℃近辺)以上にはしますよ。:-)
アテは、お待ちかね“蕪の粕炒り”。これのキモは蕪をグンニャリさせないこと。さっそく口に放り込むと、蕪のコリッとした歯応えがしっかり残る、絶妙な火の通し加減。我が母ながら、◎をあげましょうぞ。
「でかした!!」(笑)
ここに“鯉川”を…。あぁ〜、やさしさの二重奏ですわ。
“鯖の粕煮”は、“鯖味噌煮”の味噌を酒粕に置き換えたものだと思ってくれればよろし。
これまたパクつきながら“鯉川”を呑めば、やさしさはさらに三重奏へと…。
煮やっこ風、豚・長葱・椎茸・シメジ・豆腐の鍋。豆腐がぐずぐずに崩れているけど、蕪に免じて許してつかわそうぞ。:-)
“蕪の粕炒り”は茎もシャキシャキで、調子に乗って鉢一杯平らげる寸前。
“鯖の粕煮”もお代わりしてしまうし、背筋の痛みを忘れてガッツり喰いの夜でした。