「昨晩、何食べたっけ?」春の訪れとともにひどくなる物忘れ。そのうち…
「メシはまだかい?」「今食べたばかりでしょ!?」
ってことにならなきゃぁいいけど…。(苦笑)
『辨天娘 H16BY五番娘(玉栄65%) 純米酒』
ota_moto-oke.jpg開栓後も製氷機の排気口前という、絶好の常温(加温?)ポジションに居座っていたこれをお持ち帰り。
「ひょえ〜、こんなに開いていたの!?」
「硬い」「渋い」「味がない」小姑たちの小言にもめげず、やわらかな旨みを乗せてきていたのね♪
さっそく燗をつけてあげませう。:-)
アテは、鰹のタタキ。ススッと切って、醤油+マヨネーズで。「鰹に合うか?」と心配したけど、燗でさらにふくらんだ“娘”のうまみに加え、玉栄の収斂するかのような酸が鰹の癖を抑え、うまく食べさせてくれます。
プチトマト・セロリ・玉葱・水菜・若布のサラダから玉葱を拝借。晒し玉葱が加わると、さらにパワーアップですよ。
豚肉・舞茸・グリーンアスパラの煮物。生っぽさを残したグリーンアスパラの食感が良いですな。ワラビの酢の物は控えめな酢でワラビの風味が生きています。針生姜がGood。
「あの“娘”が欲しい」「この“娘”も欲しい」
今年の十人娘も美人揃いの様子。目移りして困りまする。(^^;
パクついていたら、徳利が空に…。もうちょっと。最近、呑過ぎ!? (苦笑)
『神亀 純米活性にごり酒 (2001.12詰)』
某所で“爆発する酒”を見たあとだったのでビビりながら… プシュッ!!
「ん!?」酒が上がってこない。さすがの酵母君も4年は長かったか。
まず、上澄みを…。「ウンマ〜い!!」未だかつて、こんなに甘みを感じる神亀はなかったですよ。「混ざれ、混ざれ」もう、これ見よがしに振っちゃいます。(^^;
プシュッ!!「わぉ!?」甘みと旨みがさらに濃くなりました。
生酒だけど、もちろん、か〜ん♪
生臭もなく、わずかに残ったガスが酸を引き立てるよう。昨春以来呑んだにごりでは、一番味が濃いかも。
山独活の煮染めを口に…。「ありゃ!?」苦みばかりが強く感じます。酒がぬるい?
追加で20秒。手で包んで…。もう10秒。「まだか」さらに10秒。
熱燗(50℃近辺)からの冷めかけで、強い山独活の風味をしっかり受け止めるように。
16BYの“生もとのどぶ”より旨みが強いですよ。謂わば濃醇旨口。
やっと桜も咲いたし、これから毎日が“花見燗酒”じゃ。(笑)