fog.jpg

この季節、放射冷却で冷え込むと、朝は濃霧に覆われます。が、灯火灯る時刻ともなれば、その灯りか、はたまた酒の匂いに誘われて集まる人あり。
不定期「ここ飲み屋かい?」オープン!! (笑)
いそいそ出かけた買い出し係が戻ると、すでにビールで喉を潤しているK兄とH1兄。
設え係はさっそく燗どうこのスイッチを入れて、さてさて今宵のおチャケは…
ご当主に朝から何度となく電話をもらった挙げ句、ごていねいに新スタッフからご挨拶もいただいた、これに。:-)
睡龍 速醸純米 瓶燗 H15BY
たんぽに注ぎ、めずらしく温度計を投入。55℃。徳利に移し、杯に注ぐと、ぬる燗(40℃近辺)好みのK兄にはうってつけだが、この酒の持ち味からしたら、まだまだぬるい。
「60℃を超させて」と燗番を務めてくれたカミさんに頼み、ただの呑兵衛モードに♪
アテは、青森産鯖と鳥取産わらさの刺身。身の締まりがうれしい鯖と、脂の乗りは控えめながら、厚めに切られたおかげで魚のうまみを満喫できたわらさ。どちらもウンマい!!
絹ごしには、赤道を越えて渡来したこのブツを振りかけ、ぜんまいの煮染め、ほうれん草とかきのもとの胡麻和え、肉じゃが、いただきものの山うにとうふに、ビールにも合うピリ辛のネギメンマ、ジャーマンポテト。
半ばを過ぎて、T1兄もお目見え。結局、いつもの面子と相成るわけでして…。
いつもながらに話が進み、“睡龍”が残りわずかになったところで、おひらき〜。
家に帰ったものの、もう少し飲み足りない模様。(苦笑)
鶏・つみれ・長葱・エノキに白菜たっぷりの豆乳仕立ての鍋を前に、やや甘めの酒が欲しくなって、放置酒を漁ると、これがいました♪
誉凱陣 純米吟醸 H16BY
定量に満たないけど、飲み直しだから、ちょうどいいでしょ。やや熱めの2分20秒。
鶏と野菜のうまみに豆乳のやさしさが加わった鍋と、“誉凱陣”のきれいな甘みが心地良く、かなり飲んでいたにもかかわらず、またまた快調なピッチで杯が進みまする。
なれど、鰹のヅケには…血の臭いが“誉凱陣”の上品なうまみを殺してしまい、×。
蕪の漬け物で口を直し、鍋をパクパク。
「あ〜あ、今日もまた飲んじゃった」と家飲みながらもはしご酒の夜は更けて…。