ほらほら、そこのあなた。そう、あなたっ!! 昼時から拙blogなんか覗いて、どうするの!?
今晩のおチャケを想い描くよりも目の前のお仕事に、やよ励めっ!!
でも、朝からよりはいいかぁ。(笑)
time_distinction.png
奥播磨 山廃純米 H15BY
冷やで。やっと“奥播磨”の山廃らしい香りが出てきましたよ♪
「これは期待できそう」と飛び切り燗(55℃近辺)を超させて…。
「うぅむ、紛れもなく…」。ふくよかな味わいに生?系特有の香りが混じり、喉を滑る。
「兵庫夢錦を使いながらも三年かぁ。これが山田錦や雄町なら、やはり五年?」
もともと味が多い酒だけに、枯れ味とも締まりともいえる熟成味が出てくるまで、実に長い時間を要します。が、“奥播磨”本来の味わいは、ここまで待ってこそ。まだ“蒙古斑”のような甘が残る内は、“奥播磨”じゃないっ!!
と断言するのはいいけど、また貧乏に拍車をかけるぞ。(苦笑)
アテは、タコ刺し。今宵は、ちゃんと足。(^^; さすがに噛みごたえがありますな。
豚鍋擬きが大鉢にどっさり。あらぁ、盛っちゃったのね。猫舌に気を遣ってくれた?
“かきのもと”もたっぷり。焼餃子にはいつものように“老梅酢”を。
ゆるり、ゆるりと晩酌を終え、定位置のソファーで横になっていたら…
またもや沈没。orz
こりゃ、当分、禁ソファーですかねぇ。X-)