「薄酒の聖地で○○に…燗酒おやぢが出会った〜!!」
ウルルン風にいえばこうなるのかな。(苦笑)
消費者が酒屋に酒を飲ますんかい!!玉さん
消費者が酒屋に酒を渡すんかい!! のこまてるさん。
仲介してくれた三平さんならずともツッコミたくなるお江戸と彩の国での縁から戻れば、その翌日は薄酒の洗礼を浴びる日だった。orz
何とか切り抜け、これまた久々の縁を頼りに夜の街へ。向かうは薄酒の聖地、越後長岡の繁華街「殿町」の片隅。
外飲み恐怖症のおやぢに「県外のお酒を置く、おもしろい店があるんですよ」と誘ってくれたM君には悪いが、「プンケバや冷蔵酒だったら… どうしようか」と悪い予感が最後まで拭えなかったのだが…。
カウンターだけのこぢんまりした店。一番奥にいたお客さんがこっちを向いた。なんと時々立ち寄ってくださるKさん。「え!? なんで?」お互いに声が出てしまった。
「そうかぁ、ここが例のお店だったのね」と納得。
冷蔵庫の真ん前に陣取り、その中(これだけ余計だが、まぁ、おつきあいもないし、しょうがないですな)に目をやった途端…
katakuchi_s.jpgウヒャ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!!
な、なんと、グルグル・ラベルが…。
それも茶色…。
てことはグルグル生もとですぜ!!
いやぁ〜、心臓が止まるかと思ったものの、気を取り直して…。
「ガッツリ燗をつけて」で登場したのは…
あの蔵元交流会御用達の錫製銚釐。
ヒョエ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!!
またもや口からバクバクする心臓が見えそうなくらい。

【写真がないから先日のを再使用】

あまりのうれしさに電車の時間を忘れそうになったのも無理ないこと、と言い訳を。(苦笑)
あぁ、また一軒、しかも聖地、長岡で!? 飲みに行ける店ができたぁ〜!!
\(^-^)/バンザーイ、/( )\モヒトツ、\(^o^)/バンザーイ


奥播磨スタンダード純米の生酒の燗も頼んだが、あの大の苦手とする生老ね香・ムレ香・火冷め香同様の、イソバレルアルデヒド臭が…。orz
ダメなんだよねぇ、これだけは…。\(●o○;)ノ
まぁ、ここの酒なら生でも熟成させたら飲めるようになるんだけど…。
冷蔵貯蔵だと、また気が遠くなるほどの時間が…。
だからといって、いきなりの常温放置なんて、某書鵜呑みの無謀な真似は…
厳に慎むべし!! (笑)