ゆく年くる年

昨日までの風も止み、冬には珍しく陽射しが降り注ぐ大晦日となりました。
大晦日といえば、やはりこのタイトルこそ相応しいかと。
休みなしの師走もまもなく終わり。ここまで頑張れたのも、みなさまからお寄せいただいた温かいご注文とおいしい燗酒たちのおかげ、と束の間だった煙断ちの年を顧みておりまする。
今年は駄blogを通じて、あちらやこちらへとご縁が広がった年でした。
ご縁をいただいたすべての方々に、感謝・深謝・多謝!!
いただい酒縁を励みに、来たる年も変人道まっしぐら♪
ますますのお引立てをひとえに願い奉りまする〜。
みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。
昨晩は年夜を前にクールダウン、といいつつ…
群馬泉 純米吟醸“淡緑” H15BY』…試飲用残り
持ち帰るのを待ち構えていたように杯を差し出す弟と三番娘にあって、あっさり空く。
しょうがなく、これを補充。
武蔵乃里 雄町米の酒(2004.12詰)
楽日を前に控えめにして、さっさと休みましたが、どれくらい飲まれたことやら。
本年はこれにてお終い。来年もまたよろしくおつきあいくださいますように。


まだ年賀状まで至らず

民族大移動の時季に猛烈な寒波。こちらも大切なおチャケが年内に届くか届かないかは、福岡行の飛行機次第という綱渡りを余儀なくされ…。orz
帰省されるみなさま、どうか無事、故郷での新年を迎えられますよう、お祈りしておりまする。
押し詰ってくればくるほど、よりおいしいお酒にめぐり逢いたいのが呑兵衛の常。
毎日のように純米吟醸を開けまくっておりますが、江戸っ子の宵越しの金どころか、宵前ですら金に縁がない貧乏おやぢ。溜まった酒代は払えるのでしょうか。
「お〜い、カミさんや〜い!!」といいつつ、また今日も…。(苦笑)
benten_17by6.jpg辨天娘 17BY六番娘 純米吟醸“山田錦”
冷やで。ふわっと桃のような含み香が現れたと思ったら、すっと消えてしまいましたよ。若桜生まれらしく、まだ若さも残りますが、「燗をつければ何とかなるでしょ」と飛び切り燗(55℃近辺)に。
「おやまぁ!?」。小娘が一人前に。山田錦ゆえの厚みを感じさせつつ、つるつると喉を過ぎます。なかなかの別嬪さん♪
アテは、たらちりというより、これは鱈入り湯豆腐に近いか。シンプルな鍋ですから、出汁醤油とシークワーサーで即席のポン酢に仕立て、ハフハフと。あっさり味の鍋が杯を進めますぞ。
鯖の粕煮。輪切りにした鯖を酒粕に味噌を混ぜて、味噌煮と同じように仕上げればよろし。
またまた酒が進むアテに、いつしかピッチもグビグビリ♪
蕪の浅漬けで口を直しながら、定量がお終〜い。
ゴール目前、深酒は控えて、体調の維持を優先させねば…。
しかし、稼げども稼げども、待ったなしに押し寄せる支払いに抗う術なし。
これは…きっとどこかに貧乏神が…。あ、オレか!? orz


もういくつ…

どこの局も深夜のニュース番組がなくなりましたね。この時間帯を除いてTVのない暮らしをしておりますから、一日の出来事をおさらいするのが楽しみだったのに…。報道のないTVなんて、まっとうな燗酒のない夕食みたいで、悲惨そのもの。ただでさえ内輪の学芸会に年末年始の特別編成が輪をかけてくれて…。ニュースやれ〜!! (○`ε´○)
akishika_yjg02.jpg

秋鹿 山廃純米吟醸 無濾過火入原酒 2002年醸造
「そろそろ…」という予感的中。開け立てから「これぞ山廃」という含み香と適熟のうまみ。すっかり飲み頃〜♪
常温に置かれていたとはいえ、いきなり気温が下がりはじめたこともあって、700Wで今冬最長3分10秒のグルグルり〜。
飛び切り燗(55℃近辺)を超えた“秋鹿”を卓上で冷ましながら、温めた土鍋を運んだり、取り皿を設えて…。
「いただきま〜す♪」
アテは、茸と野菜のカレー風味豆乳鍋。ふんわり香るカレーの風味が食欲を呼び覚まし、エリンギ・エノキ・白菜・長葱・玉葱など、ベジタリアンな具をムシャムシャ。
汁をすすりながら“秋鹿”をひと口。カレーやとろりとした豆乳と相見えながら、酒のうまみもくっきり。それでいて野菜の甘みも損ないませんぞ。Good job!! 🙂
加えて“だらみ”の煮付け。スケソウダラの白子ですな。昨夜の真子につづき、雌雄対決タラコシリーズ♪ フルフルと口の中で踊る白子を味わいつつ、またも“秋鹿”を…。
さすが純米吟醸!! さすが原酒!! 繊細な白子のうまさ、濃いめの煮汁、双方ともにしっかり支えるしなやかさと強さ。年の瀬が押し迫った晩酌の質を高めてくれる酒となりました。
焼餃子も食べながら、新沢庵で口直し。カウントダウンも最終コーナーですな♪


いかたらてつじん

石井さんから「鱈(地のスケソウダラ)が揚がりましたよ〜♪」と電話をいただいていたので、勇んで行ってきました。お店先にはズワイガニもありましたが、臍曲がりらしく烏賊を5ハイいただいて、おさんどん係へ…。:-)
帰ったらできていたのは…鱈の煮付けだけ。「烏賊は開いてあるから」ってことは…。
最近、包丁を握ることが多くなったおやぢです。X-)
それはさておき、烏賊と鱈、この日本海の幸を手にしたときから、酒粕頭に思い浮かべていたのは…当然、“いもたこなんきん”でも“いもくりなんきん”でもなく、これ!!
koi_nigori17b.jpg鯉川 純米吟醸<五百万石50%>にごり酒 瓶燗 H17BY
通称『鯉川 “鉄人うすにごり” H17BY
「18BYの“鉄人にごり”は別ヴァージョンに」と予告を受けているだけに、この姿も見納めでしょうか。残りわずかな在庫から「もう一本くらいは…」と失敬しました。
もちろん、来年2月に出るはずの18BYも予約済み。運良く17BYが残っていたら…呑み比べもしてみたいですね。
「う〜ん、これこれ♪」。開け立てでも十分にウマウマをアチチに燗をつけてひと口…
ぎっしり詰まったうまみとやさしさ。これぞ豊饒ですな。
「かも〜ん、♂!!」と鱈をみれば、ウチ同様「♀」。orz
でも、たまには真子の煮付けもうまいもの。その真子に負けず劣らず立派な肝が…。
肝を口に放り込み、舌の上でとろ〜りうまさが広がったところへ“鉄人うすにごりを。
「はう〜ん」。“のだめ”じゃなくても悶えます。(笑)
※TVドラマが終わってしまったので、久々のコミックス全巻読破中。:-)
烏賊は身は薄いけど、プルンッと反るような弾力、そして清々しい甘さ。その余韻が残る口に“鉄人にごり”を含むと、これがまた「むきゃあ〜っ」てな味わいで…。
ただし、柚子胡椒は香りが邪魔して今イチ。やはり素直に山葵を選びましょ。
5ハイの烏賊、全部引いちゃいましたから、当然、「お酒お代わり〜♪」
ただ、烏賊、ウチの包丁ではつながったままのところもありましたが…
えっ、それは包丁ではなく腕が悪いって!? まぁ、そうともいうってことで…。X-)


こち亀、ただし両さんに非ず

「ナメタガレイは三陸(青森・岩手・宮城)の年取り魚(年夜[*1]を祝う宴に供される魚)」と“築地魚河岸三代目(小学館ビッグコミック)”で目にして、「所変われば品変わる」を実感していたら、新潟市場にもどっさりと揚がったようで…。
こちらの“年取り魚”は、やはり“塩引き”ですが、みなさまのところは?
shinkame_jk.jpg神亀 純米酒辛口(2004.12詰)
常々「これが酒をみるときの基準」といいつつ、実に久しぶり。
開栓して一週間に満たないはずだけど、「おぉ!!」と思わず声が。こんなにうまい“神亀”はいつ以来でしょ!? スミマセン、専務。
さっそく飛び切り燗(55℃近辺)を超させて…。
ゆっくり味わった後で「はぁ〜〜〜」と溜息一つ。ギュッと詰まった米のうまみを噛みしめるかのような、それでいて申し分のないキレ、清々しい後味。これが熟成不足や開けたてでは決して味わえない“神亀”の真骨頂ですな。いやぁ、まいりました。脱帽!!
ただし、これをスタンダード(基準)にしちゃうと…それはそれで不幸のはじまりですよ。ヤワな酒を受け付けなくなりますから。(笑)
アテは、豚ヒレカツ。この酒ならば油はもちろん、ソースをドボッとかけても大丈夫イ。
胡瓜と玉葱、レタスの塩揉みは松田のマヨネーズで和えて。
納豆の油揚げ包み焼き。納豆が多くて溢れておりまする。orz
その納豆を退避させたものに石井さんちの塩辛をトッピング。
「うほっ!?」。こりゃ、なかなかの珍味です。試してみます? 😉
いただきものの“鱈の親子漬”。これは残念ながら石井さんちのではなく、加島屋製。
あれあれ、久々に食べたら、いつの間にか木耳から昆布に変わっています。
とはいえ、暮れの疲れが吹き飛ぶような旨酒に出会って、杯が進まない訳がありませぬ。
当然、「お代わり〜♪」
もういくつ寝ると〜♪まで押し迫った時期の鶴亀ならぬ、亀亀な夜でした。
*1【年夜】としや


 詳しくは、こちらの“年越し”の項をご参照くだされ。


コラーゲンゲン

「えっ、なに〜っ!?」。台所にピンクの切り身に黒いものや橙色が混ざったパックが…。
傍らには土鍋。「おぉ〜、アンコウだぁ」と喜んだのも束の間。
「自分でつくれってことね」
土鍋の蓋を取るとすでに先につくられた醤油ベースの出汁の残りが…。うむむむぅ。
「いいや、味噌入れちゃえ〜」。アンコウは皮や骨付きの部位から投入。
火が通ったところで、長葱と正肉に肝を。さらにもう一煮立ち。
shiraume_honoka_j.jpg

羽前白梅 純米酒“穂の香” (17.1詰)
開栓から一週間あまり、味わいに幅が加わりました。
冷やで、なら十分にいけますな。
が、熱燗(50℃近辺)を超させると、「もうちょっと上!!」と痒いところまで手が届くには今一歩。表から見る限り50%磨きをおくびにも出さない、あのスタンダード“純米酒”よりも味が多くて良さそうなものだけど、この頃のはまだガチガチの“羽前白梅”だったのかなぁ。
もうしばらく忘れましょ♪
コラーゲンたっぷり、プルプルの皮が口の中で踊ります。骨の回りのゼラチンをしゃぶり尽くして、明日はツルツルだぁ!! って、どこが? (笑)
正肉も弾力があってうまい。でも、アンコウといえば、やはり肝ですよねぇ。
一口ずつ口に入れると舌の上でとろけていきます。そこに“穂の香”をひと口。
あぁ、肝にはもうちょっと余韻のある酒がほしいかも。
“煮菜”や持ち越しのソーセージ・キャベツ・トマト煮、“はりはり漬け”で杯を進めている間に、あらら、“のだめ”の最終回が終わっちゃいましたよ。


St. DOBU

一応、勤め人なのに「もう冬休みっ!?」というお気楽稼業の三番娘が帰省。
「家でまでつくりたくない!!」とケーキもターキーもなし。ついでにプレゼントも。X-)
常と変わらぬイヴの夜はキリストならぬこれを崇めて…。:-)
dobu_16a.jpg

生?のどぶ 2005春火入れ(H16BY)
開栓から二週間、ちょうど良い按配に開いた“どぶ”をアチチに煮て…と思いきや、直前に飲んだ桜の香りのスパークリングワインの甘さが舌に残り、味を感じませぬ。orz
一、二杯の暖機運転でベロ復活。あぁ、ただただウンマい〜っ!!
杯に注いだ冷やジュル用を「あ、どぶだ。いいなぁ」とカミさんに見つかったからにはお裾分けしないと後が怖い。最後の一合、一番おいしいところを献上いたしまする。なんてったって異教の神より「恐れ多くも畏くも…」は我が家の山の神。(苦笑)
アテはまたも鳥取産のイナダさくどり。前日買って帰ったら冷蔵庫にも同じものが…。「あらま、かぶっちゃった!?」の残り。
akishika_y80.jpg昨日よりも厚く引いて、魚のうまみをよりたっぷりと…。
玉子一掃セールと思しき具沢山のオムレツが少々。
ペロリと平らげ…
ソーセージ・キャベツ・トマトの煮物。癖のあるソーセージも、トマトの酸味も、“どぶ”なら御茶の子さいさい。
はりはり漬けの数の子は娘にまかせ、大根・するめ・昆布を、野菜サラダからも口直しにトマトと胡瓜を…。
拾い食いとは、まったくもって行儀悪し。X-)
久しぶりのにぎやかな食事に、またもや「お酒お代わり〜♪」
秋鹿 山田錦80%精米 無濾過火入原酒 H14BY
お供えの効き目はあらたか。口では「え〜、また〜」といいつつ、顔にトゲがありませぬ。
ふぅ〜、呑みましたな♪
倭の国の男の子たるもの、たとえ聖夜であっても、やっぱまっとうな日本酒。
それも燗酒だぁ〜!!
とスパークリングワインも飲んだチャランポランおやぢがほざいておりましたとさ。 (笑)


手前料理・手酌酒

かつて「呑むこと、すなわち喜びさ♪」と歌われる某酒のCMがありましたが、同様に人間にとっては「喰うこと、すなわち喜びさ♪」でもありますな。が、老父母につきあっていると、滋味なれど地味でもある料理が多く、肝心な喜びが不足気味。
てな訳で、久々に閉店時間が迫る近所のスーパーを徘徊。
帰ってから、まずは冷蔵庫を。ありましたぞ、豆腐。今日の気分は木綿。カミさんの実家からもらったぶっとい下仁田葱を2本。せっかくの下仁田葱ですから、大胆に筒切り。
土鍋に昆布を敷き、湯を沸かします。豆腐とギスのすり身を入れ、沸いてきたところで味噌を。さらに下仁田葱とナメコを投入し、蓋をして…。
その間に、イナダを刺身に引きましょ。酒も冷やでジュルっとした後、燗をつけて…
一人であれもこれもやろうとすると、なかなか忙しいこって。
gaijin_shinriki.jpg

悦凱陣 純米“丸尾神力” 無濾過生原酒 H16BY
“凱陣”の中でも酸が特徴的な“丸尾神力”ですが、涼冷え(15℃近辺)庫に置かれたものだけに、開けたてとはいえ酸とうまみが良いつり合いを見せてくれます。生とはいえ“凱陣”の酒に遠慮は無用。きっちり3分間回ってもらって…。
さぁ、準備万端。腰を落ち着けての晩酌スタート♪
アチチチチ〜!! いっぱい詰まったトロトロの部分が殊の外ウンマい。けど、熱いっ!! 猫舌泣かせの下仁田葱。おまけにナメコも…とあっては、そう簡単に冷めてくれそうにはありませぬ。X-p
そこに輪をかけるようにアチチの“凱陣”を。最初だけ生特有のあの香りが立ちますが、ちょっと冷めればノー・プロブレム。
“神力”由来の豊かな酸と“凱陣”ならではのふくよかなうまみが、口の中でグルグル・レインボ〜♪ Mac OS Xのユーザーなら、よく分かる? (^^;
骨も一緒にすり身にされたギスは時折その骨が歯に当たりますが、よぉ〜くカミカミ。
鍋の汁をすすれば、ほとんど味噌汁。昆布の出汁にギスのそこはかとないうまみ、葱の甘みが加わり、汁をすっかり飲み干してからのお代わりを繰り返す。
イナダの刺身は脂の乗りは程々なれど、魚のうまみがしっかり。脂ぎったハマチやトロにしなくて正解。“ふなべた”も食べたかったけど、“凱陣”には淡泊すぎますものね。
ほうれん草の胡麻和えやあっさり味に煮られた大根とブロッコリーは、いつもの滋味&地味食。だけど、これはこれでうまいのだぁ〜♪ (笑)


冬至と南瓜と燗酒と

北半球では、太陽の南中高度が一年中で一番低くなる日が“冬至“。ゆえに一年でもっとも昼の短い日でもありますが、もっとも日の出が遅い日ではありません。詳しい解説はこちらに譲るとして、この時季、日本海側では太陽の陽射しが恋しくなりますな。今日も今日とて、どんよりと薄暗い。
まぁ、どう書いたところで、この日の寝坊の言い訳にはならないのですが…。(苦笑)
musashinosato.jpg武蔵乃里 雄町米の酒(2004.12詰)
詰日付からすると14BYと15BYのブレンド、のはず。X-)
冷やで。練れ味と締まりが出てきましたぞ。雄町らしい酸もくっきり。とはいえ、煮るほどではなかろうと、飛び切り燗(55℃近辺)に。
ピシッと締まって、キレも良し。見事な辛口に仕上がってくれるではありませんか。こりゃ、呑めますわ。スルスル、スイスイ。いつもよりハイピッチ。
値段も手頃(2,500円/1800ml:税込)。こんなに呑める酒なのに…なかなかお声が掛かりませぬ。
やはりマイナーはつらい。orz
アテは、やはりありました、かぼちゃ。珍しく鶏肉と煮られています。ポクポクとした甘さを好む方もおられましょうが、これで拵えたコロッケやサラダは大の苦手。甘ったるくて、おかずにもアテにもなりませぬ。栗きんとんや芋きんとんなら、箸休めのアテとするのに、やはりあまり好きじゃないのかも。
豚肉・里芋・人参・絹莢・シメジ・車麩の含め煮。シャリッとした絹莢やフニュッとした車麩に里芋のネットリが混ざり、さまざまな食感のオンパレード。薄味なれど、素材それぞれの味がしっかり味わえて、ウンマ〜い。
またもや“煮菜”が…。ほうれん草の胡麻和え、と今日もヘルシーだこと。
「もう少し食べ応えのあるものも…」とブツブツいいつつ、「酒、お代わり〜!!」。


1/932

【2006/12/24更新】

    新しいデータによると、さらに栽培面積が増えているようなので修正。

たぶんないだろうなと思いながらも…
「あの〜、“もへじ”は?」「すんまへん、ありませんのや」
あぁ、やっぱり…。なくなる酒をまた増やしてしまいました。ゴメンナサイ。_(._.)_
akishika_moheji.jpg秋鹿 純米吟醸“一貫造り”無濾過火入原酒 2004年醸造
自営田7 4 町歩と契約栽培田を合わせ、25 23 町歩におよぶすべての田圃に必要な苗を自社でつくる“秋鹿”。米から酒まで“一貫造り”を標榜するこの蔵で、無農薬で育てられた自営田の山田錦だけを原料に造られる純米吟醸に“一貫造り”の名を与えました。
ラベルにある奥常務手ずからのイラストから、通称“もへじ”。
生482本、火入450本、合計932本が、2004年醸造の総本数。
年間千本足らずですから、当然すぐになくなるわけで…。
冷やで、クリームチーズを思わせる風味が…。開けたてにもかかわらず、とろけるようなうまみも。この心地良さを何としよう。
こりゃ、あ か〜ん!!と熱燗(50℃近辺)を超させて…。
ジュルっとひと口すすれば、先ほどのチーズの風味を伴った分厚いうまみ。しかも、余韻がまた泣かせまする。あぁ〜、口福♪
アテは、鮭の蒸し焼き。塩胡椒味と醤油のタレ味の二種。添えられた葱が甘〜い。
芹・油揚げ・蒟蒻の煮物。蕗の薹といい、昔はうまいとも思わなかった食材も、今では待ち焦がれるアテの一つとなってしまいました。
それもこれもまっとうな燗酒ゆえ。世界No.1の食中酒だけのことはありますな。
誰、齢の所為なんていっているのは!? (○`ε´○)
郷土食“煮菜”。茎の歯触りを楽しみながら、「あれぇ〜、もうお終い!?」。