ここ飲み屋かい?酔譚

冬至の夜なのにカボチャも食べず、柚湯にも入らず、ただひたすら呑むべし♪ (笑)

「狭くて、しかも散らかっていても良ければ…」の引っ越してから初の “ここ飲み屋かい?” へお越しくださったのは…
新潟市内長岡市内へはなかなか行きづらい県央組、K茂さん・K崎さんご夫妻。
 

JUS de RAISIN GAZEIFIE Nice couples

乾杯は…「これ、もやしもんで…」とわざわざ掲載されていたコミックス第6巻もご持参いただいた、“JUS de RAISIN GAZEIFIE” の2007。グラン・シャンパーニュ地区のコニャック、ポール・ジロー。そのコニャックを造るぶどう(ユニブラン)を搾ったまま瓶に詰めた無添加スパークリングジュース。世にも稀な珍品とはいえ、アルコールのない乾杯は初めてですな♪
ちなみにお味の方は…「えっ、りんごジュースじゃないの!?」と感じたほど。

まずは “新潟麦酒” の “ゴールデン・ケルシュ”・“ゴールデン・エディンバラ”・“エスプレッソ” に加え、“ブルックリン・ラガー” の四種飲み比べ。
「ビール、苦いのがダメなんですよ」というK崎さんの奥様までもが…
「あれれ、それ、飲んだの?苦いでしょ?」
最もホッピーな “ブルックリン・ラガー” さえも「おいしいんですね」と。
「たぶんホップの苦味よりも炭酸ガスの刺激が苦手なのでは?」「そうかも」
「うまいっ」「泡がきめ細かい」「おいしい」の声を聞きながら、こちらは…
“ジュ・ド・レザン” のユニークな味わいにいたずら心が。
“ロンリコ151” とブレンドすれば、「ラム・レーズンだぁ〜♪」
「バニラアイス、浮かべる?」とカミさんも悪乗り。(笑)

さて、いよいよ本番。「初めて」という “辨天娘” から燗酒の宴に…。
■辨天梅 H16BY六番娘 “玉栄”純米吟醸
■辨天梅 H16BY二番娘 “玉栄”純米
■生酛のどぶ H17BY仕込14号 +9
■鯉川 “亀の尾”純米吟醸うすにごり酒 H19BY
■鶴齢 “美山錦”無濾過生原酒 H15BY
■鶴齢 “山田錦”無濾過瓶燗 H15BY
■羽前白梅 純米梅酒“梅湧水” (18.5詰)

辨天娘 辨天娘
生酛のどぶ 鯉川 羽前白梅

写真を撮り忘れましたけれど、料理はいつもの仕出し屋さんに♪ → 過去の写真
我が家の定番、豚肉・ナメコ・長葱・豆腐の鍋にも純米酒タップリ♪
最後は30年熟成の “黄金みりん” やその柳陰にごりヴァージョンも。
いただきものの “愛宕梨” をつつきながらも話はまだまだ続くのでありました。

K茂さん、K崎さん、遅くまでおつきあいいただき、ありがとうございました。
またやりましょ♪
って、次は本寺小路? (笑)


冬至余話

今日は一年の間で昼が最も短く、夜が最も長くなるとされる “冬至” ですな。
誰ですか、「酒を飲める時間も長い!!」と喜んでいる人は?
そういう方は…北緯66.6度以北に強制移民させますぞ。
お望みどおり夜だけの毎日 “極夜” が待っておりまする。
酒とオーロラの日々♪ (笑)

【其之壱】
このおチャケのことでお蔵に電話したら…
ご当主ではなく、リアル娘さんが♪
いつもなら「少しお待ちください」とすぐにご当主を呼ばれてしまうのにこの日は…
「お酒のことでしょうか?」
といつも喉まで出かかる「代わらなくてもいいっ!!」を抑えずに済みました。(笑)

辨天娘■辨天娘 H19BY 槽汲“割水瓶燗”
こちらのお酒には『○番娘』というその酒造年度の仕込順号と原料米の記載があるのが常なのに、これにはそれがありませぬ。
味わいから推測すると「玉栄?」と思ったものの、「19BYにしては…」という疑問も同時に湧いてしまいましたゆえ、先の電話と相成った訳ですな。
おかげで疑問解消の初電話デート♥
今度はどこぞでご一献♪ (爆)

【其之弐】
夜になって下のお孫さんを連れたH1兄がひょっこり♪
といってもお宅は斜向かいなのでしょっちゅう顔を合わせているのですけどね。(苦笑)
当初はいつものメンツによる “裏ここ飲み屋かい?” の年忘れ宴が賑々しく開かれるはずでありましたが、T兄家のご不幸によりボツ。
急遽のマンツーマン飲みは、ビール党のH1兄に合わせての “秋味” 三昧♪
アテらしいアテがなかったため、乾き物代わりにペペロンチーノ風味のパスタ揚げなんぞをつまみながら “秋味” 350ml缶が7本空いた頃…
「おぉ、もうこんな時間か!?」
と迎えにきた上のお孫さんに手を引かれてH1兄が帰ったのは、“ニュースウオッチ9” で天気予報をはじめる刻限に…。

【其之参】
さて、仕切り直しを…と

■日置桜 “八割搗き【内田】山田錦” H18BY
アチチ燗(60℃近辺)にしたこれを杯に注ぎ、ちょうど口をつけたところに…
iPhone” が!!!!
「もしも〜し」
とごきげんな声の主は、U会忘年会席上からいつもの “酔っぱコール” をかけまくる怪鳥♪
いつもなら電話から賑やかな声が聞えてくるのが恒例なれど、今宵は静か。
珍しく紳士が揃った会だった? (笑)
しばしの酒談義中、めでたくお開きを迎えられるとのことでお別れ。

あの話、憶えていますか、怪鳥? (笑)

ついでに「お代わり〜♪」は…

■天穏 純米吟醸“改良雄町”無濾過中汲み H18BY
最後の最後でようやく「ウンマ〜い♪」を味わわせてくれました。
そうそう、今はなき “攻め純米 H17BY” を味わいたい方は…
新堀通りのお蕎麦屋さんへ。(笑)


おぉ、え〜どえ〜ど (笑)

大江戸 美味草紙

大江戸 美味草紙 -食と遊びの歳時記-
作者であるラズウェル細木の代表作 “酒のほそ道” は、巷の呑兵衛諸姉諸兄の姿を写す鏡としては面白いマンガなれど、こと酒に関しては「何でもアリ」ゆえ、酔えばいいだけの酒を否定する身としてはいささか歯痒いものがありますな。
とはいえ、それが玉石混淆が生み出す現実の有り様であること。しかもますます石塊が増えていることもまた数字が物語っておりまする。
ならば…
いっそ今の世を離れて、“花鳥亭風月” なる戯作(げさく)者、といっても実際の戯作は内儀任せで「喰う・飲む・寝る」のお気楽者、とともに江戸情緒を味わわんと♪
ついでに人減らしなど不景気風の吹き荒れる世相なんぞにめげず、カンラカラと笑い飛ばしての年忘れもまたよかろうとな♪ (笑)

大江戸 酒道楽てな訳で本屋に並んでいた…
大江戸 酒道楽 -肴と花の歳時記-
につづく “大江戸” シリーズ第二弾を手にとった次第。
この際、貴方様もお手元に如何♪ 🙂

しかし…帯に描かれている “提重(さげじゅう:提重箱の略)” が◎♪
これをぶら下げてのお花見。ぜひとも肖りたいものですなぁ。(笑)


二夏越しの再会

神亀またしてもラベルめくり画像。ちとしつこい? (苦笑)
ピンボケなのは手抜きして一枚しか撮影しなかったためゆえ、ご容赦くだされ。
しかし…
昨年一月(H18BY)にお蔵を訪ねたのが、ちょうどこの酒の “留添(とめぞえ)” の日だったことを懐かしく思い出しまする。

ひとごこち← 農林水産研究ライブラリ
あの日、専務に案内していただいた “仕込室” で、この耳慣れない原料米の名前を目にしてから二夏を越え、ようやく日の目を見ることになったのですな。

全量飯島町栽培収穫← 飯島営農センター(長野県飯島町)
「長野の新しい酒米」と仰っていましたから、たぶんここのことかと。

証拠写真♪ (笑)
2007/01/24 仕込室

■神亀 純米“ひとごこち” (08.10詰)
原料米の背景はともかく、開けていきなりで「もう飲める♪」“神亀” は久しぶりですなぁ。(笑)
“真穂人” ほど硬さを感じず、思いの外に味乗りもありまするが、腰の強さは “神亀” としては控え目な方でしょうか。
「神亀ビギナーにもオススメ」といえる酒質。
といいつつ、しっかりアチチ燗(60℃近辺)にしてしまうのですけれど…。;-p



アテは、鮭のブラックペパー・ソテー。ちと黒胡椒が利きすぎですがな。(泣)
中濃ソースがかけられたトンカツも少々。きっと「残すな」サインでしょうな。
里芋・大根・人参・結び昆布・エリンギの煮物にほうれん草と人参の胡麻和え。

古漬けになりかけた白菜漬けの酸っぱさも楽しみながら、スルスル〜ッと定量お終い。
「ちと呆気ない?」「いやいや、お疲れだからちょうどいい」な夜でした。:-)


デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 2.4

Apple からデジカメ Raw ファイルのアップデータ、“Digital Camera Raw Compatibility Update 2.4” が公開されました。

ダウンロードは、Software Update 経由、もしくはこちらから。
Software Update 経由では以下のコメントが。

このアップデートは、Aperture 2 および iPhoto ’08 の RAW ファイル互換性を拡張し、以下のカメラに対応します:

    ●Canon EOS 5D Mark II
    ●Canon PowerShot G10
    ●Pentax K2000/K-m
    ●Leaf AFi-II 6
    ●Leaf AFi-II 7
    ●Leaf Aptus-II 6
    ●Leaf Aptus-II 7
    ●Leica M8.2

また、このアップデートは、特定のカメラおよび全体的な安定性に関連する問題を解決します。


セクハラ

「キャア?、なにするのっ!?」
と騒ぎ立てるか、はたまた…
「そんなところめくっても何も出てこないわよ♪」
と余裕であしらうか、あなたのお好みはどっち? (笑)

チャイナドレスのスリットではありませぬが、ご覧のようにラベルが痛んでしまっては売り物になりませぬゆえ、仕方なく自家用に…って、さもさも取って付けた口実ですかな。(笑)

秋鹿■秋鹿 山廃純米大吟醸 2002年醸造
喜び勇んでキャップを開け、早速にクンクン♪
「ありゃまこりゃま、黴臭が…」
見るとスクリューキャップが当たっていた瓶の口、ネジの部分に何かがこびりついているではありませんか。orz

濡らした布巾でまずは瓶の口の内側、次いで外側をきれいに拭うと、黒い汚れが…。どうやら結露から黒カビが侵入した模様。スクリューキャップはこれがあるから。(泣)

長く貯蔵されていたワインにもコルク上部のカビは付き物ですが、開栓に同じような扱いをする必要があるとは思いもよらぬことでしょ?
しっかり拭うとかなり減りましたゆえ、後はアチチにしちゃえ♪ (笑)

良く「山廃らしさ」と勘違いされる汚れもなく、奥にひっそりと吟醸香を潜めながらきれい、かつ密のようなうまみを味わわせてくれまする。
スルスル?と空いてしまった後は…

■日置桜 “八割搗き【内田】山田錦” H18BY
大吟醸とは対極の磨かない酒なれど、なぜかこちらの方が馴染むのは…
やはり骨の髄まで沁み込んだ『貧乏性』ゆえでしょうか。(汗)
珍しく一合止まりにしてしまったため、またも「お代わり?♪」

■天穏 純米吟醸“改良雄町”無濾過中汲み H18BY
ようやく味が開いてきた模様♪

なれど、家飲みで四合は…ちと飲みすぎたかしら。
休燗日はおろか休肝日もないのですから、お酒はおいしく適量を♪ (笑)


フトコロ寒し

2008/12/16 Scene

いよいよ折り返しを迎えた師走の某燗酒屋からの夕景。
ゆく酒あり、くる酒あり。相変らずグチャグチャなれど、ひと通り並べましたから、酒棚はギュウギュウ詰めの満員電車。
「こんなにあったっけ?」
と当の本人が一番びっくりしておりまする。
と同時に中には…
「こんなのあったっけ?」
という珍種もチラホラ混ざっておりますから、地震にだけは二度と見舞われることがありませぬよう
 ヒヤヒヤあんどハラハラ
割れてしまってからでは後の祭。
ご入り用の方々はどうぞ早々にお引き取りを♪ (笑)



鷹勇今年の “歳末たすけあい” は世相を映してか、今ひとつ盛り上がりに欠けるため、くる酒に指を咥えつつ開栓放置酒を漁っておりまするが、こんなものに出会しますからまんざらでも…。
とはいえ、あれやらこれやら見なければならない酒たちが出番を待っているのも事実。
残すところ正味半月ゆえ、どうぞよしなに。m(__)m

■鷹勇 特別純米酒 H14BY
“鷹勇” の中でも比較的目立たないダークホース的存在なのが、これと普通の純米酒。特にこれなんか、確か純米吟醸なかだれの責めのはずですから、値段的にもお買い得なんですけどねぇ。足が遅い分しっかり練れてもいますからなおのこと。
まぁ、それがあまり広まってしまって熟成が足りないまま出されてしまうより、知る人ぞ知るの方がいいのかも♪

アテは、鯖の塩焼き。ちょっとパサつきましたから、冷凍かも。
とはいえ、脂乗りだけで魚としてのうまさが感じられないよりは好みですな。
大根と蒟蒻の煮物。しっかり出汁を吸い込んだ大根のうまいこと。
豆腐ハンバーグにじゃがいもとインゲンのソテーの付け合わせ。
ほうれん草のお浸しもつまみつつ、定量お終い。

ニュースを見ながら…
「雨露をしのぐ塒とウンマい燗酒にありつけるだけ、まだマシか」と思いつつも
「明日は我が身」と他人事とは到底思えぬ夜でした。orz


Mac OS X 10.5.6

OS X 10.5.6
Apple から “Leopard(OS X 10.5)” の最新アップデータ、”Mac OS X 10.5.6” が公開されました。

ダウンロードは、Software Update 経由、もしくはこちらから。
Software Update 経由では以下のコメントが。

10.5.6 アップデートは、Mac OS X Leopard を使用しているすべてのユーザにお勧めします。お使いの Mac の安定性、互換性、およびセキュリティを向上させるオペレーティングシステムの全般的な修正が含まれています。

このアップデートについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください http://support.apple.com/kb/HT3194?viewlocale=ja_JP
セキュリティアップデートについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

それにしても…
このアップデータ、なんと190MB!?!?
今だから1分未満でダウンロードを終えることができますけれど、
昔のISDNダイアルアップ環境なら…7MBで小一時間かかった憶えがありますから…
優に1日がかりだったでしょうな。(笑)


師走も半ば

篤姫”、終わっちゃいましたね。
まさか逝かせるとは…。読んでいないからわかりませんが、原作どおりなのでしょうか。
まぁ、史実としてはともかく、久しぶりに楽しめた大河ドラマだったように思います。
それにつけても、“滝山”、いい女っぷりでしたなぁ。(笑)

奥播磨■奥播磨 純米吟醸スタンダード H14BY
「15年6月の詰め!? こんなのあったっけ?」
いつ開けたのかもすっかり忘れ去られていた放置酒群の中から発掘♪
五年を超え、山田錦や雄町を使った “奥播磨” なら、ようやく練れに練れてうまくまとまったうまみがトロ?ッとした甘みに感じられる頃合いでしょうが、夢錦、しかも開栓されていましたから、早、枯れ味も見せながら、芯のうまさはやはり “奥播磨” ならでは。
もちろん色合いは、当地の古老なら…
「おいっ!! なんだこの酒、腐っているぞっ!!」
と叫ぶであろう、まっ黄っ黄!!
いいじゃないの? 幸せならば?♪ (笑) ← YouTube

アテは、仕出しの鰈の煮付け。甘さが抑えめで好ましい♪
同じく鮭の塩焼き。うぅむ、いくら “一鰭(いちびれ)” ともいう “一のヒレ(*1)” とはいえ、この切り身のデカさは…「ここはアメリカじゃないぞ」と開いた口がふさがりませぬ。
茄子のカレーはうどんにからめながら。

良く練れたおチャケは身体にもやさしいのだぁ?♪
と久しぶりの “ここ飲み屋かい?” が一週間後に迫った夜でした。:-)
 


 
*1:一鰭・一の鰭 いちびれ・いちのひれ