Security Update 2007-005

Apple Downloads

ファイルシステムやエイリアスマネージャなどのシステムに関する脆弱性や、BIND、fetchmail、Rubyといったアプリケーションに関する脆弱性など、合計17件の脆弱性が修正されたMac OS Xの “Security Update 2007-005” が公開されました。
詳細については、こちらで。

ダウンロードは、Software Update経由、もしくはこちらから。
Software Update経由では以下のコメントが…。

すべてのユーザの方に “Security Update 2007-005” の適用を推奨します。
このアップデートでは、次のコンポーネントでの信頼性とセキュリティの強化が行われます。

  • bind
  • CarbonCore
  • CoreGraphics
  • crontabs
  • fetchmail
  • file
  • iChat
  • mDNSResponder
  • PPP
  • ruby
  • screen
  • texinfo
  • VPN

“Security Update 2007-004” での改良箇所も今回のセキュリティアップデートに含まれています。
このアップデートの詳細については、こちらを参照してください。