彷徨な日々

燗酒な日々

Sound of Holiday

ベキ・ツル・ザブ・パラ・グビ 休みだった一日を音で綴ったら、こうなりましたとさ。 って、最後はやっぱりそれかいっ!? と一人ツッコミを♪ (笑) 930kmをワンマンでドライブしてから、目覚めが早かったり遅かったりと不規則。 か...
彷徨な日々

陸羽ぐるぐる -其之九-

あっさり、かつすっきりの冷たいスープを飲み干して店の外へ出ると… 折しもの雨で肌寒くさえあった三陸と打って変わって…山形は暑いっ!! さて、“いろは本店” さんへ寄って素通りしたとあっては申し訳ないのと厚かましくもお願い事をしており...
彷徨な日々

陸羽ぐるぐる -其之八-

しっかり朝ごはんを食べて宿を後にし、オススメの魚屋さんへ。 「いいカツオがあるよ!!」の声にブツを見やれば、確かに立派なカツオが一本丸ごとで「何でそんなに安いの!?」という値段だったものの… 「今度飲む時にはクール便で送ってくだ...
彷徨な日々

陸羽ぐるぐる -其之七-

旅の大きな楽しみはその宿にありまする。 とはいえ、どこに泊まっても代り映えのない設いや通り一遍の接客にげんなりすることも少なくありませぬ。 その宿ならではのもてなしがあるや否や。 その用意に奔走することが語源となっている『御馳走』はそ...
彷徨な日々

陸羽ぐるぐる -其之六-

結局、長者原SAまで東北道を戻り、土産、その実「南部せんべいを買いたい!!」だけという我が儘なK兄の目的を達したからには、スマートICで降りちゃいましょ。 ここからは一般道を直走り、『寝図美よ、これがあの有名な太平洋だよ』とやってきた...
彷徨な日々

陸羽ぐるぐる -其之五-

「席の予約できますか?」「はい、何時にご来店でしょうか」 「今、中尊寺なんですが、お店までどのくらいかかります?」「15分ほどですね」 「じゃあ、12時までに行きます」 で向かったのは… 「ブランド牛、喰いてぇ〜」 というリクエス...
彷徨な日々

陸羽ぐるぐる -其之四-

毛越寺を後にし、中尊寺へ。 古の栄華はこの写真の右手、地図上では南にその名残が散在しますから、ちと方向違いとはいえ、こういう景色を見ると…否応なしにこの芭蕉の句を思い浮かべてしまいまする。 ただし、この英訳の句碑があるのは毛越寺...
彷徨な日々

陸羽ぐるぐる -其之参-

拝観時間ちょうどに駐車場からスタートして毛越寺(もうつじ)境内へ。 この復元図どおりに再建されたら、さぞかし荘厳な光景となるでしょうな。 平成元年(1988)に建立された本堂から南大門跡を抜ければ、目前に大泉が池が広がります。 ...
彷徨な日々

陸羽ぐるぐる -其之弐-

ラジオ体操が始まる時刻にはこちらへ移って、芝生の上で朝ごはん♪ M1姉お手製のおむすびやY姉お手製の醤油おこわに、ワラビや蕪にセロリなど各家手製の漬物で朝から… 「お代わり〜♪」 なれど、如何せん野外。時折、霧雨に見舞われ、涼しいを通...
彷徨な日々

陸羽ぐるぐる -其之壱-

予定どおり深夜0:00出発。 最初の目的地は…ここ♪TVなどで見かけたことがある方も多いとは思いますが、早朝では当然、閉まっておりまする。 一関市街をはさんで西のげんび渓に対し、東にはげいび渓もあり、紛らわしい!? (笑) 漢...
Top
タイトルとURLをコピーしました