陸羽ぐるぐる -其之八-

太平洋から仙台方面を避けて山形盆地へ

太平洋から仙台方面を避けて山形盆地へ


谷地名物 一方の雄♪

谷地名物 一方の雄♪


しっかり朝ごはんを食べて宿を後にし、オススメの魚屋さんへ。
「いいカツオがあるよ!!」の声にブツを見やれば、確かに立派なカツオが一本丸ごとで「何でそんなに安いの!?」という値段だったものの…
「今度飲む時にはクール便で送ってくださいな♪」
と道中の気温を考えて見送ることに…。
その代わりに…
イカやホヤの塩辛・甘塩ウニ・干物など、発泡スチロールに3箱も土産を買い込んで志津川を発ってもまだ9時を回ったところ!?!?
此度の旅はいつもに比べ時間どおり、というか早め早めで余裕の移動なのは…
あな珍しや♪ (笑)

混み合うであろう仙台方面を避け、“岩手・宮城内陸地震” の傷跡が残る栗原市から鳴子温泉を抜け、山形県へ。
次から次へとひっきりなし

次から次へとひっきりなし


Google Mapsのルート案内では150km弱・4時間半という行程なれど、目的地に程近い道の駅に滑り込んだのは正午にはまだ間のある時刻。
小休止の後、目指したのはこちら♪

「西部街道沿いでうまいものはありませんか?」と某所でお尋ねしたところ、教えていただいたのは…谷地名物 “冷たい肉そば” の双璧といわれているらしい一方の雄、 いろは系の総本山 “いろは本店” さん。
地元山形ナンバーのみならず、庄内・宮城に関東ナンバーまで次から次に乗り付けてきます。
かなり待つことを覚悟しましたが、回転が速いのか5分ほどで席が空いたと。

「ここは冷たい肉そばがオススメ♪」で「じゃあ、それを」と素直な女性軍と対照的な我が儘おやじ軍団は「冷たい肉中華(スープは肉そばと同じ・麺は中華麺)にするか」「オレは冷たいラーメン(スープはラーメン専用・麺も中華麺)かな」とてんでバラバラ。(苦笑)
でぇ、おやぢが選んだものは…
冷たいラーメン大盛り♪

冷たいラーメン大盛り♪


もちろん、カミさんが頼んだ “冷たい肉そば” のモチモチ麺も味わいました♪
それにしても…
あの “いろは食堂” といい、山形人は『いろは』がお好き? (笑)

Top
タイトルとURLをコピーしました