午後にはこの写真と相成った昨日、「いよいよかぁ」と重い腰を上げてタイヤ交換を。
仕事用のは軽いから御茶の子さいさいなれど、我が愛車は…以前のPAJEROほどではないものの、決して軽くはない。一応、アルミホイールなのにねぇ。
加えて、消雪パイプのメンテも。
吐出量の調節をしようと持ち上げた鉄製の蓋がまた、重いのなんの。X-)

いささか草臥れたので、こんな時には熟成古酒を…。

旭菊■旭菊 熟成純米 “H6BY古酒”
いつ開けたのか、すっかり忘れてしまった常温放置酒♪
「あれぇ〜、こんな味が潜んでいたんだ!?」
はなっからうまみたっぷりだった “H5BY古酒” と違って、こちらは熟成感はあるものの、甘を廃した強さが印象的だったのに、ちゃむさんやま・ぜらさんなら最初の頃に舐めたことがあるかも…というくらい長の放置の末、うまみたっぷり。

無理せず熱燗(50℃近辺)と飛び切り燗(55℃近辺)の半ばから冷ませば…もうひたすらウマウマ。しかも、元々持っていた締まりも健在ですから、“H5BY古酒” がどよ〜んと感じてしまうほど。
それにしても13年経って、これ!?!? すごい酒ですこと。

アテは、豚の冷しゃぶと鰹のタタキ。タタキにされた鰹は生姜醤油か酢醤油が常ですが、豚ともども山葵醤油で。そこに “旭菊” をグビり。ウンマ〜い♪
草臥れた身体に熟成古酒のやさしい味わいが染み渡っていくのを実感できまする。
キムチ鍋もありましたな。辛〜い鍋にも少しも怯むところがありませぬ。
「どんとこいっ!!」てなもの♪
なんやかんやつまみながら、予告どおり…「お代わり〜♪」

醂柿■日置桜 純米 “玉栄60%” H18BY
練れたうまみたっぷりの “旭菊” の後では「ちとつらいか」と思いきや、これがどうしてどうして。しっかり存在感を主張するではありませんか。
「これも原酒のままで10年を超させたら…」
勝手に期待してしまいそう。(笑)

渋抜きした柿も食べ納めでしょうね。
また来年♪