sidaizumi_kamaba.jpg「櫂で潰すな 麹で溶かせ」
1911(明治44)年に嘉儀金一郎という人が考案したとされる生もと造りで、今も語り継がれる言葉ですが、同様にスペックばかりにとらわれ、自らの官能を磨くことを疎かにする向きが多いことも事実でしょう。
日本酒をどんなに分析しても分析しきれない成分が多々あるというのに、代表的な分析値だけで分かったように思うことこそ、とんでもない勘違いのはじまりだと思うのです。
たとえば…
原料米:広島県産八反35号・精米歩合:50%・酵母:協会14号(蔵内自家培養)
アルコール分:18%台・日本酒度:+6.0・酸度:2.2
杜氏:南部杜氏・平成14酒造年度醸造
さあ、このお酒の味を想像してみてください。:-)
sidaizumi_moto.jpgまず冷やで。
色は熟成色を帯び、香りにもそれがあらわれているが、吟醸香は穏やかなほう。
口に含むと、14号にしてはたっぷりの酸と厚みのある味。アルコール度数の高さも手伝っているだろうが、この辺りは南部杜氏らしいといえなくもないか。
欲をいえば、後のキレが乏しい。長い余韻といえば聞こえは良いけど、後味がもたついて、だら〜っといつまでも残る。
それはともかく…
どうして八反なの?どうして14号なの?どうして南部杜氏なの?
どれもチグハグで、まとまりの悪さを「迷い?」と思ってしまうことも確か。
飛び切り燗(55℃近辺)から冷ます。
やせ細ることなく豊かなうまみはそのまま。蒸し餃子、鰹の焼漬け、ホッケの干物。
癖のあるアテも無難にこなす。が…。
冷やで感じたキレの鈍さは相変わらずで、舌にいつまでも残る後味が気になる。
気楽に飲めば「こんなものだろう」ですませられる程度かもしれないが、きちんとキレる酒に慣れ親しむと最後の最後で「立つ鳥跡を濁す」を見過ごせなくなってしまう。
こんなのスペックだけ見ていたのでは絶対分かりませんよね。
自分で扱う酒を飲みもせずに売ろうとする酒屋さんや、頭でっかちになったマニアに…
明解、かつ絶対の一言を捧げます。(笑)
呑めば分かる!!


ちなみにこのお酒は…
『志太泉 純米吟醸原酒 八反35号 H14BY』
練れ味もあるし、3,000円/1800ml(税別)なら、悪くはないんですよ。
こんな酒もあることを試したい方はチャレンジしてみてください。(笑)