久しぶりに“番外編”でもと思いつつ、「待てよ」とそのまま奥へ。
生酒嫌いのおやぢには珍しく雪冷え(5℃近辺)庫のドアを開け、眺めまわしていたら…
この酒と目が合っちゃいました。(笑)
『英(はなぶさ) 生もと特別純米 無濾過あらばしり生原酒 H14BY』
moriki_matsuo.jpg冷やジュルで、開けたてにもかかわらず…
キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━!!!!
雪冷え庫に入れてまもなく3年か。文字どおり苦節3年、やっと分厚い旨みが表に出てきましたぞ。
温度が上がるにつれ、もうウマウマ!! たまりませぬ。
徳利に注いでまず2分。別のに移し替えて今度は30秒。さらに移し替えて30秒。泡が浮いてきてもかまうこっちゃない、またもや移し替えて30秒。何回これを繰り返したことか。徳利を持てない温度にまで到達して完成!!
ちょっとだけ生臭はするものの、ぐっと攻め入る生もとの押し味と山田錦の幅味。これこれ、これですって。
呑まなきゃ分かんないだろうけど、久々に“英”をうまいと感じましたよ♪
アテは、燗をつけながら隣で温めていた鍋。「珍しく味噌味みたいだけど、なんだろ?」
所々に魚の皮みたいなのが見えまする。ヒレもあるようだし…。ぽむ!! (膝を叩いた音)
「鮟鱇だぁ〜!!」
具材はシンプルに鮟鱇・長葱・豆腐のみなれど、旨みが濃い〜!!
それもそのはず、溶けた肝が味噌と混ざって葱や豆腐までウマウマ。
ゼラチンたっぷりのクニュクニュ部分をチュルチュルっとすすり、“英”を呑めば、もうたまりませ〜ん!! うれしいことに“肝”も発見。さっそくひと口、途端に肝の旨みが溢れ…。
これじゃ、有頂天になるな、というほうが無理というもの。酒も、お代わり!! 🙂
『奥播磨 雄町純米 H14BY』
おぉ〜、奇しくも14BY酒の競演。これまた“英”に負けてなるか、と厚みたっぷり。
バチマグロの刺身に鰈の煮付けまで平らげた挙げ句、鍋に冷やごはんを投入して…。
この雑炊がまたウンマ〜い!!
たらふく食べて、たらふく呑んで、気がついたらそのままごろ寝。なんてこったい!!
大慌てで寝室へ上がりましたが、自宅でこのざまとは… 歳ですなぁ〜。orz


てことは、同じ年の『すっぴんるみ子の酒』もようやく飲み頃か。
でも、どっちも何本あるんだっけ? (苦笑)