備忘録代わりにお約束の【つづき】をば…。:-)
埼玉某所、こちらへ伺うのは一年ぶりか。まさに“合縁奇縁”というべき交わりがこの日をつくってくれたのだと思うと、「是が非でも繰り合わせねば…」とぎりぎりまで粘った甲斐があって、なんとか目的地に辿り着く。
暴風ともいえる折からの強風により鉄道各線はメタメタ。主賓はじめ、お江戸方面からのメンバーが道中で苦労している中、準備が進む会場で本日のおチャケたちをパチリ。
ukai_0603_1.jpg【前列左から】

  • 旭菊 純米 “大地”
  • 龍勢 特醸7号酵母 備前雄町中汲み H16BY
  • 大七 生もと大吟醸 “極上生一本” 1996
  • 秋鹿 純米大吟醸 嘉村壱號田 2000年醸造
  • 扶桑鶴 純米にごり原酒 H17BY
  • 旭菊 特別純米 “綾花” 瓶囲い
  • 辨天娘 純米生原酒 “槽汲” H17BY(三番娘)
  • 鷹勇 山廃純米原酒50% 7号酵母 H9BY
  • 睡龍 “生もとのどぶ” H16BY春火入れ
    写真にはないものの、主賓のお持たせも♪

  • 辨天娘 純米 H16BY(五番娘)
  • 辨天娘 純米吟醸 H16BY(六番娘)
    まずはふるさとに戻る主賓のお持たせ酒で、( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパ-イ!
    ukai_0603_2.jpg主賓、会場となった妖気漂う酒屋のご店主、『日本一下品な消費者の集まり』U会の会長とご近所さん、数々の伝説の一端、〆小鰭と糠漬けをご披露いただいた狼亭さん以外のみなさまには初お目見え。加えて、図々しくも『お燗番』席に陣取ってしまったため、緊張でブルブル。
    てのは、ウソピョン!! ;-p
    こそっと四合瓶逆さ回しや生酒の泡の湧きも意に介せずなど、結構いい加減なことをしておりました。(笑)
    まだ一年少々、わずかな機会でしかありませんが、『日本一下品な消費者の集まり』どころか『日本一温かな呑兵衛の集まり』のみなさまと過ごす時間は、毎日でもこうしていたいほど、実に愉しく、かつ楽なひとときです。
    後ろ髪を引かれつつお暇した後も、この距離を怨めしく感じておりましたが、もっと遠くから指をくわえておられた方もいらっしゃるゆえ、良しとしなければなりますまい。
    ただ、一つだけ不幸な出来事が…。
    メンバーのお一人が、会場へ向かう道中で怪我をされ、やむなく参加を見送られたのだ。
    わざわざ変人おやぢを訪ねてくださって以来、10カ月ぶりにお目にかかれると思っていただけに、とても残念でありました。
    今さらですが、一日も早いご快癒をお祈りするばかり。どうぞお大事に。
    参加されたみなさま、たいへんお世話になりました。
    またお目にかかれることを切に願っておりまする。_(._.)_


    この日の情景は、ranjinさんはじめ、まき子さんあっきさんちゃこさんのblogで、それぞれ垣間見ることができます。:-)