「あれ、どうする?」厄介事をまた一つ押し付けられたK兄が…。
「どうしましょ」同じく事務方を仰せつかったおやぢ。
打合せと称して「飲もうか?」と。こういう話がまとまるのは、実に早い。(笑)
kakurega_060323.jpg「いただきものがあるから、それでやろ」とさっそく隠れ処1Fは即席居酒屋に。
手前左から本場明石の“いかなごのくぎ煮”、和のチーズ“柚子豆腐”、“生うに水炊き”、皮付きバタピー、筍と鰹節の煮物。
これに、ポテトサラダ、小鯵の煮付け、茄子とししとうの味噌炒めを追加して、燗どうこに入れるは…
『鯉川 純米吟醸出羽燦々 H15BY』
華やかで初心者向きの味わいだったのが、開栓放置で引き締まり、キレの良さも感じさせる酒に。純米大吟H13BYもこうして変わっていったのだろうか。
スルスルと滑る酒があっという間に空いて、次なるは…
『鷹勇 特別純米酒 H14BY』
これまた、まだあったの開栓放置。うぅむ、良いですよ、これも。
紐育駐在員こじこじさんの劣悪日本酒事情を支える定番酒。
さすがにここまで練れると、“鷹匠”や“勇翔”と格の違いを見せつけますなぁ。
『まっとうな酒』を飲みたいUS在住者にとっては…

Give me your tired, your poor,
Your huddled masses yearning to breathe free,
The wretched refuse of your teeming shore.
Send these, the homeless, tempest-tost to me,
I lift my lamp beside the golden door !

    ー Emma Lazarus ー

自由の女神が掲げる灯とも思える…。ってちと大げさ?(苦笑)
遅れて登場のT兄に注いだら、これもお終い。ならば…
『秋鹿 山田錦80%精米 無濾過火入原酒 2003年醸造』
またまた常温開栓放置酒。色・香りとも熟成酒と呼んでも差し支えないほどに。
深い味わいと捌けの良さで、グビグビと飲んでしまいますよ。
あらま!? もうこんな時間? さあ、お開きにしましょ。
で、今日の打合せ、結局、何を決めたんだっけ?(爆)