ご近所に食品スーパーが復活!! おかげで鮮魚部門が少しはまともになったようだ。
が、“フナベタ”の刺身が480円!? 地元産とはいえ、ちと高過ぎやしないか…。orz
スーパーだけではないけど、食品の原材料表示に“たんぱく加水分解物”・“ブドウ糖果糖液糖”・“調味料(アミノ酸等)”(俗にいう化学調味料の代用表記)があったら、要注意!!
そんなのばかり食べていたら、人間がおかしくなりますよ〜。
『鶴齢 特別純米 美山錦 無濾過瓶燗 H15BY』
Aoki_entrance.jpg無濾過生原酒ではなく、加水ヴァージョン。香りはそこそこに華やか。旨みたっぷり(ホントは“甘”なんだけど)の風情。初心者にも分かりやすい味だから、薄酒に慣れた人たちがもてはやすのも頷けるけど…。
苛めるのは酷だから熱燗(50℃近辺)ほどに。
捌けは良くなるけど…。まぁ、過渡期ってことで。
取りあえず飲んでみるのもいいでしょう。:-)
アテは、豚肉・玉葱・ピ-マン・エノキの炒め物。油控えめなので、まずまず。
鰈の煮付け。前夜の一匹ものと違い、身の厚い切り身。こちらのほうが脂多し。
レタス・プチトマト・蒸し鶏にマッシュポテトかと思いきや、自家製ヨーグルトと大根おろしを和えたものがソースになっておりました。大根おろしのボソボソ感が残るものの、意外とすっきり食べさせてくれまする。これはありかも。
胡瓜漬で口を直しながら、さっと終了。今宵はこれくらいにしておかないと、ね♪