まき子さんの“伊勢藤”の記事に唆されて、久々に“白鷹”を飲んでみることに…。
今宵はお酒先行。:-)
『吟醸純米 超特撰 白鷹 (03.10詰)』
以前は“灘の良心”と呼ばれていたこともありましたが、数年前から生?らしい押し味が薄らぎ、どこかの炭酒同様「濾過が強すぎか?」とややがっかりしていたのも確かです。
それが3年近い涼冷え(15℃近辺)熟成できりりと締まった辛口の男酒になっているではありませんか。
「どうだ!?」「うぅむ、さすが富士見酒。恐れ入谷の鬼子母神」
hakutaka_ido1.jpg

灘が灘である所以、“宮水”。
こちらは古いほうの井戸。水温を毎日チェックするというおじさんたちに会いましたっけ。
先日、某蔵元と話していたら「昔ながらの造りを頑なに守っているんですよ。見ているととんでもないことをやっていて、呆れるほど」と某蔵を評されていましたが、誤解を恐れずにいえば、そこと比べると“白鷹”はきれいになりすぎたのかもしれません。
この日もおさんどん役。板についてきた?滅相もない。これ以上はご免被りまする。X-)
塩胡椒した豚肉は焼き目をつけた後、某純米酒を振り、しっかり火を通してポークソテーのできあがり。面倒なので予め一口サイズに切り分けて…。
脂身がウンマい♪ そこに“白鷹”を流し込むと…フワッと生?らしい香りが立ち、キリッとした辛さで脂を洗いながら、スウッと消えていきまする。
付け合わせはじゃがいも・人参・いんげん豆のソテー。じゃがいもはホクホク甘く、人参も濃いうまみ。それ以上に特筆すべきはいんげん豆。大地の香り・力が漲っていますぞ。
冷やしトマトに鮭の味噌漬までつつきながら、久しぶりの灘酒を満喫。
飲むまでに時間がかかるのは良くある話。まだまだ捨てたものじゃありませんな。:-)