こちらで先に紹介済みですが、先日の鯉川さんをお迎えする少し前のこと。“群馬泉”を醸す島岡酒造(群馬県)のお蔵元がお越しくださいました。
shoda_gift.jpgお見舞いに伺って以来ですから5ヶ月ぶりにお目にかかりましたが、すごくお元気。
改築中のお蔵のことはもちろん、お酒のことに話が及ぶと、お互いにもう止まりません。調子に乗ってこの酒の開栓放置1年半以上のものまでお見せしてしまいました。(苦笑)
いただいた“正田醤油”。館林のつつじを見にいったときに前を通ったような…。
さすがまっとうな酒の醸し手、ちゃんと丸大豆醤油を選ばれますね。
最近、長岡市内から足繁く通ってくださる或るお客様、昨日はとうとう腰を落ち着けての燗ききを…。
“竹鶴 雄町純米 H14BY”の酸っぱさがうまみに変わる燗の魔法には驚かれたようですが、ちょっとハードルが高かったみたい。
でも、しっかり“群馬泉 超特撰純米酒”を選んでくださいましたよ。
嵌ってくれたかしら♪ 🙂

「“群馬泉”、元気です!!」への6件のフィードバック

  1. 「竹鶴雄町純米H14BY」って飲み慣れてない人には、
    ハードルが高いのですねかね。
    私は、此のお酒を大魔人様との呑み会で初めて飲んで、
    ノックアウトされてしまいました。
    以来、自宅には必ず1本はキープしておきたい逸品となりました。

  2. >ちゃむさん
    新潟の酒しか知らない方だと、いきなり“雄町純米”は酸が強すぎるようで…。
    熟成香には抵抗がないようですから、“12BY番外編”あたりからのほうが無難かも。
    まぁ、そんなに高いハードルではないでしょう。もう1〜2回かと。(笑)

  3. 群馬泉さん、どんどん前に進んでいるようで
    素晴らしいですね。
    一箱買い行っちゃおうかな(笑)

  4. >こむこむさん
    お蔵の改築もたいへんな負担でしょうが、前向きに取り組んでくださっていますからね。
    「一箱買い」、ど〜んといってみましょ!! (笑)

現在コメントは受け付けていません。