旧盆のこちらは8月13日がお墓参り。いつもより早めに店仕舞いして表に出ると、近所の墓地から線香の香りが風に乗って届いてきました。ロウソクの灯りに照らされた墓地に大勢の人たちが集まってきます。浴衣を着て、提灯をぶら下げている幼子も。
この日くらいは神妙に、否、仏妙にか、先祖に手を合わせましょう。
ちなみに我が家は写真のように“南無阿弥陀仏”ではなく、“南無妙法蓮華経”。:-)
grave.jpg

毎年のことながらあたふたと墓参りをすませ、まずはSuザ・スーパープレミアム・モルツで喉を湿して、サザエをグリルに放り込む。小細工なしに酒と醤油だけのシンプルな壷焼きに。
買ってきた一番娘はじめ、揃いも揃って「いらな〜い!!」と。やったね、労せず独り占め♪
「あっ、“富士さんばい酢”を忘れた!!」
あれさえあれば、これまた労せずしてタコ酢が食べられたのに…。仕方ないから、またもやタコ刺し。
日置桜 純米吟醸“伝承強力”
冷やでも熟々のうまみを振りまいてくれたこれも、とうとう飲み干してしまうのか…。
熱燗(50℃近辺)から飛び切り燗(55℃近辺)ほど、やや熱めに燗をつけ、冷めるのを待つ間にザ・スーパープレミアム・モルツをもう一杯。:-)
慎重に肝まで抜き出したサザエを頬張り、“日置桜”をグビリ。さすが純吟、熟れても品が崩れませんなぁ。豚ヒレのピカタやソテー、車麩・椎茸の煮染めをつまみながら、ツルツルと喉をすべる酒を楽しんだ後は、“醤油おこわ”を一口食べて、ごちそうさま〜♪
ここ一ヶ月休みなし。さすがに草臥れてきましたかなぁ。
燗酒パワーにあやかって、何とかあと半月を乗り切らなければ…。(´ヘ`;)ハァ