近年、ほとんど見かけなくなった「貴醸酒」(製法はこちら)。おやぢも数年前に月桂冠「華月」を飲んで以来だ。
昨年、出先で見つけ、4ヶ月ほど室内に放っておいたこれを、古酒づいている流れに乗せられて開けてみた。
写真では量が少ないからさほどではないが、杯にたっぷり注ぐと赤味の弱い紅茶のようだ。
仕込水の代わりに酒を使うことを特徴とする貴醸酒は、その製法からしてエキス分が高くなる。ラベルに8年貯蔵とあるから、濃熟型長期熟成酒特有の香りを帯びているのも当然だ。
味わいも甘さたっぷり。長期熟成みりんにほんの少し日本酒を加え、柳陰にしたようなもの。
ちなみに、一応、純米。
燗をつけると、香りがもっと強くなり、収斂味を伴った酸を感じる。甘みも薄れず、普段はその甘さゆえ敬遠してしまう南瓜コロッケを抑え、まとった衣の脂をうまくするではないか。
椎茸のカサに和えた具を載せ、衣をつけて揚げたフライとも良い。
平安貴族は何を肴にこの酒を飲んでいたのだろうかと、俄歴史愛好家気取り。
ただ、かなりの甘さ。良くいえば濃厚、悪くいえば鈍重だから量はすすまない。
疲れている時、暑気あたりした時に1合から2合ほどを嗜む酒だろうか。
kijoshu.jpg
デスクトップにあるから机上酒!? :-p


醤油にも、原料の塩(実際にはそれを溶かした塩水)の代わりに醤油を用いる「再仕込み」(二度仕込みとも)と呼ばれる製法がある。
当然、光も透かさないほど色は濃くなるが、見た目ほどしょっぱくはない。むしろ予め熟した醤油を用いるから、速成で造られた醤油のように塩が立たない(塩っ気がきつくない)。その上、醤油としての旨みはたっぷり。
豊潤という言葉が相応しい醤油なので、機会があれば試してほしい。