なさけない話

静岡市から静清バイパス(R1)経由で清水港を過ぎたところで駿河湾とお別れ。
通称、“身延道” と呼ばれるR52へ入り、そこかしこで富士山を目にしながら北上するとやがて身延町へ。
身延といえば、のりピ〜♪…じゃないっ!!
畏れ多くも畏くも…日蓮宗総本山、身延山久遠寺
下調べもしていなかったけれど、せっかくですから寄り道〜♪

身延山の入口

身延山の入口

ここからは歩きで

ここからは歩きで

この時はまだ社会科気分♪

この時はまだ社会科気分♪


団扇太鼓の音とともに

団扇太鼓の音とともに

社会科のはずが体育に!?

社会科のはずが体育に!?

足は縺れ、息も絶え絶え

足は縺れ、息も絶え絶え


改修中?

改修中?

真新しい “久遠寺” の文字が威風堂々と

真新しい “久遠寺” の文字が威風堂々と

歴史が刻まれた木組み

歴史が刻まれた木組み


ちょっとタンマ!!

ちょっとタンマ!!

ロープウェイで労せず山頂へ

ロープウェイで労せず山頂へ

富士の姿は雲に包まれ…

富士の姿は雲に包まれ…

駿河湾と伊豆半島も雲隠れ

駿河湾と伊豆半島も雲隠れ

アルプスにかかる雲が仏塔のよう

アルプスにかかる雲が仏塔のよう


ようやく奥の院へ到着

ようやく奥の院へ到着

眼下に見下ろすは

眼下に見下ろすは

20分間隔はローカル線よりマシ

20分間隔はローカル線よりマシ


西谷への道中は坊が連なり

西谷への道中は坊が連なり

このH澤坊も貧乏? (笑)

このH澤坊も貧乏? (笑)

読経が洩れてきまする

読経が洩れてきまする


この奥に祖廟が

この奥に祖廟が

日蓮、ここに眠る

日蓮、ここに眠る

日蓮が住んだ草庵の跡地

日蓮が住んだ草庵の跡地



懶おやぢの信心が篤ければ、もっとマメにお詣りしていたであろう我が家の聖地。
どうにか完歩したものの、ぐるり身延山一周でたぶん…一ヶ月分歩いたはず!! (爆)

【夏遠足体育編お終い】

コメント

  1. Ben より:

    お~、身延に寄られたんですね。

    私は日蓮宗です・・~学会ではありませんが
    最近は「君の家は何宗?」って聞いても「分かりません」って返って来る事ばかりです。
    宗教は間違わなければ倫理や生き方においてもいいものを提供してくれると思うんですけどね。
    また「畏れ」と言うものをきちんと人間に思い出させてくれる。

    日蓮宗の私は当然の様に身延には何度も行っております。

    ロープウェイで登られたんですね。
    歩いて登るのもいいですよ! 笑
    もっともほとんど人に出会いませんが・・

    ここは夜の星も美しいですし、早朝も素晴らしいんですよ。

    題目と太鼓の響きには身が引き締まると同時に清清しいと心から思えます。

    Rumi Cup有難うございました。
    何処か旅に持って行きたいです!

  2. hirorin より:

    ちょっと寄ったら、こういうことになるから
    私はいつも入口でお団子とお茶で終わりにしてます。
    1回登っておけば、ご利益は一生続くと信じてます!(笑)

  3. おやぢ より:

    To Benさん
    わぁ、Benさんと同じ宗派だったとは…。が、信心の深さには雲泥の差がありますな。(汗)
    西洋かぶれもいいですけれど、仏教を通じて東洋哲学に触れるのも悪くありませぬ。
    というか、日本人に馴染むのはそちらだと思いますけどね。

    奥の院へ歩いて登るには…某ご夫妻に倣ってジム通いでもしなければ…。(笑)

    あのRumi Cup、たぶん14BYか15BY。お宅で気軽に開けてください。
    お口に合わなければ、料理酒にでも♪

  4. おやぢ より:

    To hirorinさん
    次はいつになるかわかりませんから、せっかくの機会を生かそうと道草を♪
    お団子とお茶?
    うぅ〜ん、富士宮焼きそばとビールに一票!! (笑)

    この一回で御利益が一生続くなら、上がらない足に鞭打って菩提梯を登った甲斐がありますな。(笑)

Top
タイトルとURLをコピーしました