マレッタちゃあ〜ん

ルパンなら間違いなくこう呼んだことと思いまする。
そう、あの「フ〜ジコちゃあ〜ん!!」のノリですな♪ (笑)

御厨さと美
 
寡作な人でしたからご存じない方も多いと思いますけれど、ビッグコミックオリジナル(小学館)で連載がはじまったのは1978年4月20日号から、という30年ヴィンテージ♪

裂けた旅券 -MF文庫-最終的には全55話が全7巻(1981年1月〜1983年4月)になってビッグコミックス(小学館)にも収められ、我が家のどこかで日に焼けた背表紙を見ることができるはず。
なれど、メディアファクトリーから文庫が出ていると知り、ダブるのを承知で性懲りもなくポチッ♪

30年も昔の話とはいえ、その魅力は少しも色褪せるものではありませぬ。不朽の名作と呼ぶに相応しい一つでしょう。

それゆえ、本作を真面目に学問にしてしまった方も♪

コメント

  1. hirorin より:

    ダブってもいいから欲しい作品ってあるんでしょうね。
    私も伊賀のカバ丸があったら、きっとまとめ買いしそう。(子カバ丸を買うのはその後で)

    それはそうと、この漫画は知らないのですが
    タイトル見たら、なぜか
    「ねじれたハート」っていうフレーズが出てきました。
    これって・・なんだったかわかります??
    歌??歌詞かなぁ・・

  2. まき子 より:

    この漫画を読んだことがあったら、
    研究結果の論文なんかも読むと楽しいだろうな?なんて思いました(笑)。
    最近の漫画といったら、おせんともやしもんがどうなっているのか・・・。。。
    そいえば、ドラマも、どーなっているのか(汗)。

  3. おやぢ より:

    To hirorinさん
    ダブりの大家はウチのカミさんですな。
    オリジナルはもちろん、ワイド版、文庫版、と気に入ったものなら
    なんでも集めてくれまする。(汗)

    「ねじれたハート」・・・
    桃井かおり、もしくは来生たかお、またはジョアン・ロス、でググってくだされ♪

  4. おやぢ より:

    To まき子さん
    これはぜひお読みくだされ♪
    世界中を飛び回った今ならまた新しい切り口を見出せるかも。
    帰ってから貸し出し、という手もありまするな。(笑)

    “もやしもん” はXmas前に最新第7巻が出ます。
    A.オリゼーが作られるナノブロック付きの限定版も♪
    http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=978-4-06-358243-7&Sza_id=MM
    “おせん” は3月に15巻が出て以来ご無沙汰ですから、そろそろ…
    と思いきや、未だに1月までの刊行予定に登場せず。
    “イブニング” 本誌を読んでいないから、どうなっていることやら。(汗)

  5. あっき より:

    へ?。面白そうですね、この漫画。読んでみたい!
    私も「奈津の酒」はダブって持っています。
    って、Mさんってダブりの大家なんですね(笑
    おやぢさんとこはお酒だけでなく漫画も貴重なものがありそう♪

  6. あっき より:

    あ、間違え。「奈津の蔵」。まじっちゃった(笑

  7. おやぢ より:

    To あっきさん
    ついでに “NORA” と “ノーラの箱船” もぜひ♪
    そう、知らぬ間に揃えてくれておりまする。
    山積みになった段ボールを開けるのはいつになるやら。(苦笑)

    “夏子の酒” の文庫版も…
    「これ、○○杜氏のことじゃない!?」というエピソードが紹介されている
    尾瀬さん自身の手になるあとがきが楽しいですよ♪
    と唆してみる。(笑)

Top
タイトルとURLをコピーしました