いつもどおりGoogle Mapsを暫し眺めて…
「あっ、ここに宿題店があった!」とその後向かうグウタラ処の150円券がしっかり入っていることを確かめてThunderbird Go!(笑)

近いといえば近く、遠いといえば遠い、まぁジジイ的にはいつもの中間距離圏(小一時間)の裏道にあるお初の店へ辿り着き、昼にはいささか早いものの「営業中の看板が出ているからOKかな?」と「こんちは〜、良いですか?」ドアを開けるとそこには…
客用のテーブルでせっせとチョコレートを袋に詰めているおばちゃんが二人!
あまりにも早い時間の来店客に驚きながら
「はい〜、どうぞ!」
とちょっとドスの利いたハスキーボイスに今度はジジイが驚く番!(笑)

カウンター上の壁に貼られたメニューからタンメンと迷いつつもおばちゃんだけの店のようだし、取り敢えず無難なところで店名の付いた「ラーメン大盛りで!」

◯◯ラーメン大盛り650円♪

「お待ちどうさま!今日の第1号のお客さんだから、はいよ!」と丼の向こうに隠れてしまったチョコレートまでいただくも再度のドスの利いたハスキーボイスにはお偉いさんに睨まれた小物よろしく…
「へへぇ〜、恐悦至極でございまする」
とあべこべに平身低頭!(笑)

良くある大盛り用くらいの丼にスープもたっぷり。醤油の利いたあっさりスープなれども色の割には塩っぱくない。好み的には魚感が乏しいけれども毎日食べても決して飽きないであろう仕上げがGood!
その上見た目以上のボリュームで麺がなかなか減らない。表通りから入った細い裏道の住宅が立ち並ぶ中という立地だし、壁には酒のアテ的ユニークなメニューもとくれば、『唯一無二』のあの店同様に昼から常連のジイさんたちが一杯ひっかけにくるのかも。
ここまで似ると…たぶんここも大盛り麺2玉店!(汗)

うっすら汗をかきながらたっぷりのスープと麺を完食してもまだ正午前。
思いがけずに隠れた名店を引き当て
「こっちに来たらまたここで良いか」
とウキウキ気分でグウタラ処を目指すジジイであり申した♪

#感じたことを素直に、そして遠慮なく書かせていただきたいため、いつも店名は伏せさせていただいておりますが、もし気がかりな場合はコメント欄にメールアドレスを添えてお書きください。こっそりお教えします!(笑)