なごり雪

竹泉の純米吟醸“和田山雄町”にポークソテーとポテトサラダから♪

この酒、昨夏に『夏吟』として登場してきた2017BYの低アル(14%)仕立て。
以前の雄町の純吟は竹泉としては柔らかめ、悪くいうと「ちとヤワか?」(笑)という仕上がりで、地元関西圏の好みに合わせた生原酒として多くが消費されていたように記憶していたけれども、これは如何にも竹泉らしく、一年こっきりの『夏吟』だけではとても勿体ない力強さがありまする。
だからこそ14%台に仕立て上げられたのでしょうが、薄さも感じさせずに雄町らしい酸が押し味を味わわせてくれる佳酒に育ってくれた模様♪

今 春が来て 君はきれいになった
去年よりずっときれいになった

昔あった“二夏越しひやおろし”のように「せめて二夏は越させたい!」どころかもっと先にも期待したいところなれども…
「うまくなった頃には残り僅か!」が世の常のようで…。(汗)

コメント

Top
タイトルとURLをコピーしました