過日、或る下見を口実にカミさんを連れ出し、90分ほどかけて訪ねると入り口に『臨時休業』の貼り紙が!(泣)
ならば…と次点を挙げるも「たまにはもっとお洒落なところに」というぼやきに負け、流行りスポットで不承不承のパスタ&ピッツァ。それが如何ほどだったかは写真を撮るのも忘れていたことから伺えまする。
嘆かわしき日から数週、ワンマンのこの日は端からリベンジを誓っての…Thunderbird go!(笑)

普通のラーメンが580円と決して高い店でもないのに「この値段は!?」とタンメンの値付けに首を傾げつつも初志貫徹の「タンメンください!」

タンメン 820円♪

丼の上に立ち上る湯気が見えますか?
スープを啜ろうにも「アチチ、アチチ!」で思ったように口にできないし、シャッキリ炒められた野菜と豚バラ肉を少しずつ食べ進むも一向に麺が現れない!
まるで先客が頼んだ野菜炒め定食のあのたんまりの野菜が麺の上にどっかりと乗っているのでは?と思いたくなるほど。
湯気の向こうに永遠が見える!(笑)

それでも何とか麺に辿り着けば、中細縮れ麺がぎっしり。見た目からもっとこってりかと思いきや、スープ自体はあっさりすっきりで毎日食べても飽きないタイプで◎。額に汗してそのスープを完食するまでアチチをキープするのがここの持ち味か?
麺の量は普通盛りでもこの野菜のボリュームは下手な大盛りを遥かに凌駕し、ダブルか、はたまたトリプルか?なだけあって、いつもの調子で大盛りにしなくてよかったわぁ。(汗)

ところで、こちらには『ジャンボラーメン 950円』というメニューが!
しかも『ジャンボラーメン(小)830円』というメニューも!
「ジャンボの小って何だ!?!?」と気になること気になること。(笑)
お勘定を払いつつ「ジャンボラーメンってどんなのですか?」と尋ねると「野菜たっぷりで麺は2玉」とのこと。普通のラーメンスープかと思えば、こちらもタンメンと同じ塩系みたい。ちなみにジャンボの小は麺1玉らしいけれども、同量のタンメンと10円しか違わない。
どこがどう違うのか?…とさらに深まる謎!(笑)

これが気になって某所から拝借した…ジャンボの(小)!(笑)

何それ、『ハーフのゆで卵』だけか!?!?
ともあれ、次はラーメン大盛りだな♪(笑)

#感じたことを素直に、そして遠慮なく書かせていただきたいため、いつも店名は伏せさせていただいておりますが、もし気がかりな場合はコメント欄にメールアドレスを添えてお書きください。こっそりお教えします!(笑)