合掌

5月1日、その昔は母校の創立記念日でありましたが、昨年より故上原浩先生の祥月命日として刻み込まれておりまする。
800kmの彼方ゆえ、まだお墓参りも叶いませぬが、独り三回忌を。

西に向かって手は合わせたものの、読経抜きでいきなりお斎。(苦笑)
この陽気でさすがに喉が渇いておりましたから…

■新潟麦酒 エスプレッソ
瓶内での二次醗酵もしっかり進んでくれたようで、いい熟成具合♪
しかも炭酸を補圧していませんから喉への当たりもやわらかく、ビール本来の味わいを楽しめる稀少な国産ビールです。冷し過ぎは禁物ですから、当然、ぬるめ♪

■ひこ孫 純米吟醸 “上槽中汲” 無濾過生原酒 H18BY
槽口あの日、“槽口” から流れ出ていたのは…
「これ、吟醸」と亀専務がボソッとつぶやいた後、おもむろに…。
あの “一文字” シリーズになるお酒ですが、実は “神亀” で一番苦手です。だって、「苦っ!!」「渋〜い!!」で、とてもすぐには飲めませんもの。そして、貯蔵温度が高いと生老ね香がきついですし…。

といいつつ、確か昨年三月にチョッピリきき酒した後、常温に放置されていました。(汗)
「おやまぁ、うまいじゃない!?」
生臭はあるものの、熟成香のおかげで気になるレベルではなく、思ったよりずっと味乗りも進んでいます。どうやら、此度は博打が功を奏したようですが、あくまでも偶然ですからねぇ。追随するのは結構ですけど、あくまでも自己責任で。(笑)

「せいぜい熱燗くらいか」と加減したものの、この陽気で飛び切り燗(55℃近辺)超になってしまいましたけれど、心配無用。崩れを見せることなく、ふくよかなうまみをしっかり伝えてくれますが、うまみがあり過ぎ!!
悪くいえば、味が汚いってことですな。
“神亀の吟醸” の真味を味わおうとしたら、やはり無理せずにきちんと低温で貯蔵熟成させた方がよろしいかと。

アテは、切干し大根の煮物にもう一品、身欠き鰊と筍・蕗の煮物。
身欠き鰊が入ったら精進料理になりませぬな。X-)
といいつつ、肉もしっかり食べていましたから、結局いつもの晩酌!? (爆)


物欲のすすめ -6-

いざ、純米酒上原先生の『いざ、純米酒 -一人一芸の技と心-』(ダイヤモンド社刊)は、「まっとうな呑兵衛のための中級編」として、拙blogサイドの “amazonおすすめ” にも入れてありましたが、出版社や流通の在庫が切れたようで、Amazonでもユーズド商品として “マーケットプレイス” に1冊出品されているだけ。しかも、9,800円(税込・送料別)というべらぼうな値段がつけられています。
幸い、手元に数冊ですが、某氏が所蔵されていた新品がありますのでご入用ならお譲りしたいと思います。
ただし、 代金(2,100円/冊・税込)に加え、送料とお支払いに係る手数料を併せてご負担願います。
ご希望の方は、DMでお知らせください。

    【残数】0冊 [2007/06/01 06:30更新]
    更新をサボっていたらお問合せのメールをいただきました。(汗)
    手持ちが尽きたため、受付を終わらせていただきます。
    「どうしても…」という方は、当方までお越しくだされ。
    【禁帯出】なれど、滞在中は自由にご覧いただけます。(笑)



西方見聞録 “鳥取編” -参-

移動とお蔵を訪ねることに終始しつつ、またもや夜です♪
「鳥取へ行きますよ」に応えてくださった “煮酒さん” と “りょうさん”。
お二方と酒を酌むのは、やはりここしかないでしょう。
倉吉の、否、鳥取の良心、“味処 進” さん。
上原先生とご一緒したのは…四年前、まだ前のお店でしたっけ。
味処 進
日の入りが遅い彼の地にも宵闇が訪れる時刻。
倉吉駅から程近いところに移られた “進” の暖簾をくぐれば、
「いらっしゃいませ」「煮酒さんにお願いした…」
と告げると、玄関脇の小上がりにお一方がお待ちの席へ。
「りょうさん?おやぢです、はじめまして」
とご挨拶しながら内心では…
「わぁお、いいオトコ〜。もろ、コ・ノ・ミ♪」
と涎が…。残念ながら、こればかりはいくらなんでも「お手つき!!」とはまいりませぬ。(笑)

突出し煮酒さんと急遽参戦が決まった “日置桜” ご当主がお見えになるのはまだ先。
頭を冷ますために、珍しく “とりビ〜” でかんぱ〜い♪
「お料理、どうします?」
「大将におまかせしちゃいましょ」
さぁ、ここからは目眩く “燗酒わ〜るど” ♪
日置桜・鷹勇・神亀・花垣・竹鶴…。
鶴が舞い、亀が踊り、鷹が空を泳ぎ、可憐な花は足許でひっそり。
この桜吹雪を忘れたとはいわせやしね〜ぜ♪ (笑)

料理 1そうこうしている間に煮酒さんと “日置桜” の一升瓶をぶら下げたご当主が、おな〜り〜♪
鶴と亀としては、ややぬるい燗だったので…
「持てないくらいに熱くしてください」と特注。
「そうそう、これ石川さんからのおみやげ。焼いてもらうことできます?」
と “雄町70%ひねりもち” を取りだし、煮酒さんに託します。

お使い立てばかりじゃ申し訳なく、「これ、大好きでしょ!?」と必殺の “〆張おかき”も。
「大丈夫、炭、使っていませんから♪」(笑)

料理 2“燗酒わ〜るど” からさらに加速し、「燗酒楽園」どころか
「煮酒楽園 at 鳥取」までひとっ飛びの倉吉ナイトは歓喜の渦に…。

「あのぉ〜」
時間を忘れる楽しさから一転、我がナイトりょうさんにシンデレラ・タイムが…。お名残惜しゅうございますが…
「またどこかでご一緒しましょ」
とこれにて “煮酒の舞い” 打止〜め〜。

煮酒さん、りょうさん、そして “日置桜” ご当主、たいへんお世話になりました。
ありがとうございました。
呑兵衛おやぢをもてなしてくださった “進” のみなさまにも感謝♪

【つづく】