年賀状を見合わせます

ご無沙汰しておりまする。
 
さて、タイトルどおり今年、というか2012年の年賀状は取り止めることにいたしました。
毎年、年が明けてからようやく手をつける有り様ですから、この際…ということで♪
とはいえ、いただくことまで拒絶するものでもありませんから、お返しせずに恐れ入りますが、ご奇特な方々はどうぞお出しください♪

なお、決して喪に服している訳ではありませんから、その辺はお気遣いなく!(笑)
 
 
 


神様、仏様、松尾様!!

にごり成分多し!(笑)
このタイトルがピンとくる方は…かなりのお年でしょうから、時節柄くれぐれもご自愛ください♪

早いものでこのお酒とのつきあいももう一年が過ぎようとしておりまする。
その初めてのにごりヴァージョンを仕入れてびっくり、ナント、扶桑鶴以来のにごりの多さ!
しかも、米由来のうまみはあれども残糖の甘さではありませんから、原酒であることを感じさせない滑りの良さも手伝って、危うく飲み切ってしまいそうな程にアブナい一本。
今季はもう四合瓶だけってのが実に惜しまれまする。

とはいえ、これからの季節には、これと新潟麦酒を使った “にごりのビール割り” なんぞもワクワクする楽しさがありますな(先日のGB学会にて実験済み)。(笑)
 
 
と久しぶりにお酒のことを書いたものの、実は…
先日の「OEX」前から気になっていた愛車のトラブルを、タイミングベルトとウォーターポンプの交換時期の到来ついでに調べてもらったら…

前輪のブレーキがひどい状態で全交換が必要ですよ

という診断結果。その昔の四国遠征で同様のトラブルが発覚した後輪も気になって調べてもらったら…

ディスク研磨でもいけますが、新品と交換しても差額は◯千円くらい

出された見積書に目をやった途端、おやぢ真っ青!
ナント、どぶ70本の売上げ(利益ではありませぬ)がパァ〜ではありませんか!?!?
「じゃあ、買い換えるか」も打出の小槌があるはずもなく…。_ノ乙(、ン、)_

もっとたいへんな目に遭って助けが必要な方々が多い中で、斯様なお願いをするのは心苦しいのですが…

Help me!!

てな訳で、急遽、春のたすけあい (今月) と 初夏のたすけあい (来月) を行いますので、
被災地分に合わせもう一杯、おやぢへの義捐呑みをどうぞよしなに!
出費多々の折、誠に恐縮に存じまするが、ご理解とご協力の程、なにとぞよろしくお願いいたしまする。m(_ _)m
 


あのねぇ〜

【身近から消えたもの】
懐中電灯・乾電池・カセットボンベ・灯油ポリ容器・ウエットティッシュ・ティッシュペーパー・トイレットペーパー・幼児用紙おむつ・粉ミルク(後ろ二つは、共に昨夏生まれた乳幼児を抱えるT兄家・H兄家情報)

 
1970年代にあった二度のオイルショック時を彷彿させる狂乱ぶり。
他にもカップラーメンなどインスタント食品やミネラルウォーターなども棚から消えたようですけれど、それは無くても困らないから外すとしても、何やっているのでしょうかねぇ。
目先の不安で騒いだところで、とどのつまり…なるようにしかならないでしょうに。

震災時にも秩序を乱さぬ様から「日本は凄い!!」と絶賛する海外の声もあるものの、こうしたさもしい行動心理に加え、祝事や祭事の自粛は然も然も当然という必要以上のネガティブ指向に関しては、日本人であることを恥じ入ってしまいまする。


10月1日は…

昨日の朝、関西から一枚のFaxが届きました。
それによると…

新潟で生まれた純米酒がこの値段!? 【10月15まで期間限定】
新潟県産の酒米「五百万石」を使用し、独自の「○○酵母」で仕込んだ本格純米酒。
通常1,080円を特別価格で!
1本○○○(税別)
しかも送料無料!

  • 完全先着100ケース
  • 高級感のある専用の白酒袋包装付きです!
  • 新潟酒特有の淡麗辛口と濃醇な味わい!

商品名:純米酒 ○○
容 量:1,800ml
原 料:五百万石・米こうじ
度 数:15〜16度
その他:日本酒度+3/精米歩合65%
蔵 元:○○酒造株式会社


希望小売価格:オープン
参考税込売価:1,480円

まるでモノクロ (汗)
まるでモノクロ (汗)

いよいよ本番♪
楽しみなおチャケたちの到着を待つ日になるはずがもう…

朝っぱらからこの写真のように…
どよ〜ん!?!?
あるいは、鬼瓦の飾りのように…
怒髪天を衝く!?!?

さて、おやぢの気分はどっちだったでしょ? (爆)


盛夏たすけあい♪

道野辺の花潤すや梅の雨
道野辺の花潤すや梅の雨

この後は、盛夏恒例の旧盆明けまで無休となる最後の定休日に…
「風呂敷が欲しいんだけど」「あるじゃない」
「パールの餞別にするの」「どこで買うの?」
「駅南にあるみたい」「ふぅ〜ん」
とググったら、良くある如何にも『和でござい!!』てな感じのなんちゃら店。
「せっかく日本のものを贈るんだから、どうせならホンモノにしない?」
とさらにググると…
「あれ〜、あそこにあるんだ!?」
松屋銀座での “「MAT WORKS」暮らしを楽しむ敷物展IV” を終えたばかりのお二人を訪ね、柳都へ。
Produce by F/style
Produced by F/style

F/style
お目当ては、Web siteの “お知らせ” にある “亀田縞” の風呂敷。
おやぢ的には基本に忠実な “平判風呂敷” がイチ押しなれど、彼のアイダホ娘はじめ外国の方が『くるむ』という和の文化に馴染むには少々ハードルが高い?てな訳で…
肩掛け(深く結べば手持ちとしても)タイプのこちらを♪

実は…こちらのF/styleさんも酒縁のお一人ですから…
とんだ灯台下暗しだった訳で…。(苦笑)
五十嵐さん、星野さん、すっかり長居をしてしまい、すみませんでした。
それと勝手に写真を使わせていただいたことにもお詫びを。m(__)m

marilou -マリールゥ-
今月から月・火曜定休に変わったおかげで、リニューアルから一月経った “marilou” さんへようやくお邪魔♪
カミさんは…ベジカレー+冷たいアップルティ+豆腐のスイーツセット
おやぢは…車麩のカツカレー+オーガニックコーヒーのアチチ燗♪ (爆)
※デジカメを忘れたので写真はありませぬ

もっちもちに炊かれた玄米とうまみたっぷりの野菜をふんだんに使ったカレーやサラダがウンマ〜い♪
他のお客様が引けてから久々にあれこれお話を。
「“飲むごはんの会” は店があるから行けないけど、二次会には」
会場バレバレ“二次会に出るぞぉ〜組” 急増中!! (苦笑)
「お総菜を頼むのなら…」
ホントは “marilou” さんにこそお願いしたかったものの、諸事情から断念せざるを得なかった “飲むごはんの会” の料理についてのありがたいアドバイスをいただき、早速に手配をすませまする。
思いの外、安くすみそうですから会費は…3,000円に決定!!

むすびや 百 -もも-
飲むごはんの会” のメインディッシュはナント…
おむすび!! (笑)
会場となるワタミチさんで、火・水・日曜限定のおむすびやさんをやっている “百” さんに秘密兵器を託し、メインディッシュに相応しいスペシャルヴァージョンを♪
参加者には “百” さん直々に “スペシャルおむすび” の種明かしをしていただけることに…。
乞うご期待!! (笑)

さて、冒頭に「旧盆明けまで無休」と書きましたが、実のところ…
もう一回休み があります!! (汗)
某お蔵に居着くきっかけを拵えたご縁で招かれている披露宴にカミさんともども出させていただく日なれど…
貧乏酒屋には 二人分のお祝いを包む余裕がない!! (泣)

てな訳で、今月は某蔵人君への “餞” を捻出するため特別に…盛夏たすけあい 運動実施中♪
お中元・帰省用手土産・自家用・業務用、用途と金額は…問わず語らず♪

おチャケたちに涼しいお家と…   
   貧乏な酒屋には愛の手を!! (爆)

半年ぶりのお願いを。(汗)


閑古鳥

2009/01/11 Sceneここも蓮の花が描かれた弔事用の熨斗紙と見紛うかのようなカラーリングですけれども、“Blogger” に置いてあった “別館” と “離れ” とを統合したテスト環境、“草庵” は今現在、さらに拍車をかけたものになっておりまする。
上の空きスペースにモノクロームの画像を入れたら、BGMは “お経” で決まりでしょう。(笑)

写真のように積雪0cmから少しは降ったとはいえ、山茶の花の紅と葉の緑を覆った雪も今日の雨混じりの天気ですっかり融けてしまいました。
この冬はまだ長靴の出番がありませぬが、来週はこんなものじゃすまされないのでしょうなぁ。

昨日、今日と思いっ切りヒマ!!
もう〜、飲んじゃいますぞ♪ (笑)


戯言

智に働けば角が立つ。情に棹差せば流される。
意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。

気の抜けたサイダーみたいな “いいこ” ちゃんのフリした提灯記事ほどつまらないものはないはずなれど、本音を吐くとたちまち冒頭に掲げた『草枕』の書き出しのように相成りまする。
そのくせ裏では “なんでもあり” が罷り通っておりまするゆえ、ネットを悪用するおバカな輩が後を絶たないように思いますな。
たかがブログ、もっと本音でまいりませぬか? (笑)

羽前白梅■羽前白梅 純米“尾浦城” (17.01詰)
はじめに。詰日付からもおわかりのように、開栓して常温に晒されていたものゆえ、同じ味わいを求めようなんぞと思わないことですな。(笑)

もちろん歳月や温度にめげることなく、きちんとうまいのですが、酒造好適米でもないこれの原料米に溢れるほどのパワーを求めることは野暮というもの。
そもそもいくらだと思っているんですか?
練れさえすれば、値段なり、もしくはそれ以上に思えるでしょうからご自身で試してくだされ♪

はて、昨夜のアテは…。あてさて…(爆)

※思い出したら追記しましょ。一つ目、うまくない小鰭の酢締め。(笑)
 


 
「気の抜けたビールみたい」という書き出しにしようか、とも思ったのですが…
気が抜けてもうまい “麦の酒” を思い出し、急遽サイダーに替わってもらった次第。
「気の抜けたサイダー」なら糖尿病の検査をした方ならおわかりですものね♪ (笑)


歳末たすけあい♪

天穏性懲りもなく、またまたローアングルで♪
といっても実際の撮影はこちらの方が早かったのですが…。

「うわっ、サブ〜!!」と外を見やれば薄らと雪化粧。今朝7時の外気温 −1℃、室温 5℃。いよいよ冬本番ですな。
電気代要らずの天然雪冷え(5℃近辺)庫は、仕込みの佳境を迎えるお蔵にとっては「待ってました」の環境ですし、冷蔵庫の電気代にさえ四苦八苦している身にとってもありがたいことなれど、熟成もまた急減速、という諸刃の剣。
「うぅむ、まだまだ」というおチャケたちの目覚めを待ちながら、こちらの方がへこたれそうですわ。orz

    おチャケたちに温かいお家と…
     貧乏な酒屋には愛の手を!! (爆)

天穏

■天穏 純米吟醸“改良雄町”無濾過中汲み H18BY
満を持して…だったはずなのに…あぁ、それなのに…。
開栓して一週間。穏やかな吟醸香と程好い酸もあるし、中汲みだからいつも以上に品も良いし…。なのに、冷めてくると途端に後味が素っ気なくなってしまうのですな。
まるで…
ディナーも張り込んだ。プレゼントもバッチリ。最後はここで決め…のはずがお堅い姫君に肘鉄砲を喰らわされ、最後の最後まで人が良いだけのアッシー君に終わった、泣くに泣けないイヴの夜、のようなもの? (笑)

しばらく炬燵で温めてやりたいところなれど、生憎、炬燵というものがない我が家。開くまでひたすら辛抱。X-)

アテは、出来合いの小鰭の酢締め。うひゃ〜、おかしな脂乗りと気持ちの悪い後味。
たぶんMSGたっぷりの調味液漬けの品ですな。
大根・人参・インゲン・こんにゃく・車麩・さつま揚げの煮物で口直し。
そしてそして、今冬初登場、蕪の粕炒り♪
コリコリと蕪の歯触りが残っており、火の通り方が実にいい按配。はぁ〜、ウンマい。
豚肉・エリンギ・はるさめの煮物もすっきり薄味。間にはさむ白菜漬けもうまいし…
金がないことを除けば、冬も決して悪いものじゃありませぬ♪


もりぞぉ〜受難

【はじめに】
 これはヒロリン blog ではありません。

【第一章 独白】
モリゾー 昨夜は越中島ってところで酒瓶の奥に押し込まれ、朝は有楽町ってところで迎えた。もちろん、寝かせてもらえず。

 それから新幹線に乗ってようやく家でのんびり…と思ったら、またバッグに詰められ、今度は柏ってところへ着いたのはいいけれども、お約束の迷子の後に辿り着いた先には、今朝まで一緒だった或る夫婦の他にも呑兵衛がいっぱい
 ワイワイガヤガヤの燗酒宴会の真っ只中で、意味不明な言葉が行き交う。後で聞いたところによると、あれは酒用語だったらしい。

 程なく「お開き〜♪」となってくれたから、今日は短くて良かった、と胸を撫で下ろしたのも束の間、またもや電車に乗せられて着いたここは、上野ってところらしい。
 座るや否や「泡〜!!」を飲みはじめ、続けざまに「赤ぁ〜!!」「今度は白ぉ〜」と人数が減ったにもかかわらず、騒々しさは変わらず。いや、戸外だけあって、むしろウルサイ。
 わいんとかいう横文字の酒瓶はどんどん空くし、次々と出てくる皿たちも瞬く間に空っぽ。
 こんな連中の仲間と思われたら適わないから、植え込みに隠れて他人の振りをしていよう。

【第二章 まだ終わらない】
 ・・・・・・ ←開いた口がふさがらない

− 未完 −

【おわりに】
 疲れた。お供〜はつらいね♪ ←知っている人はかなりのご年配? (笑)

※おことわり※
 この文章はフィクションです。
 実在の人物、団体、事件などにはいっさい関係ありません。(爆)


白昼堂々

最初は「何でこんなところに枯れ葉が?」だったんですけどね。

【蟲嫌いは読み飛ばしてくだされ】

【左】あんたら、見世先でなにやってんの!?
蟲1蟲2
【右】体色とは裏腹に卵はきれいな黄緑色。

久しぶり書いた話がこんなんでお許しあれ。(汗)