天穏性懲りもなく、またまたローアングルで♪
といっても実際の撮影はこちらの方が早かったのですが…。

「うわっ、サブ〜!!」と外を見やれば薄らと雪化粧。今朝7時の外気温 −1℃、室温 5℃。いよいよ冬本番ですな。
電気代要らずの天然雪冷え(5℃近辺)庫は、仕込みの佳境を迎えるお蔵にとっては「待ってました」の環境ですし、冷蔵庫の電気代にさえ四苦八苦している身にとってもありがたいことなれど、熟成もまた急減速、という諸刃の剣。
「うぅむ、まだまだ」というおチャケたちの目覚めを待ちながら、こちらの方がへこたれそうですわ。orz

    おチャケたちに温かいお家と…
     貧乏な酒屋には愛の手を!! (爆)

天穏

■天穏 純米吟醸“改良雄町”無濾過中汲み H18BY
満を持して…だったはずなのに…あぁ、それなのに…。
開栓して一週間。穏やかな吟醸香と程好い酸もあるし、中汲みだからいつも以上に品も良いし…。なのに、冷めてくると途端に後味が素っ気なくなってしまうのですな。
まるで…
ディナーも張り込んだ。プレゼントもバッチリ。最後はここで決め…のはずがお堅い姫君に肘鉄砲を喰らわされ、最後の最後まで人が良いだけのアッシー君に終わった、泣くに泣けないイヴの夜、のようなもの? (笑)

しばらく炬燵で温めてやりたいところなれど、生憎、炬燵というものがない我が家。開くまでひたすら辛抱。X-)

アテは、出来合いの小鰭の酢締め。うひゃ〜、おかしな脂乗りと気持ちの悪い後味。
たぶんMSGたっぷりの調味液漬けの品ですな。
大根・人参・インゲン・こんにゃく・車麩・さつま揚げの煮物で口直し。
そしてそして、今冬初登場、蕪の粕炒り♪
コリコリと蕪の歯触りが残っており、火の通り方が実にいい按配。はぁ〜、ウンマい。
豚肉・エリンギ・はるさめの煮物もすっきり薄味。間にはさむ白菜漬けもうまいし…
金がないことを除けば、冬も決して悪いものじゃありませぬ♪