あ、ふしぎなお酒

といっても、一ノ蔵の『あ、不思議なお酒』みたいに奇を衒ったものではない。
正真正銘、王道をいく純米酒。それも『生もと』となると、この純米馬鹿杜氏(失礼_(._.)_)の酒が最右翼であろうが…。
『睡龍 生もと純米原酒 瓶燗 H16BY』
冷や、それも開けたてにもかかわらず、ここの生もと特有の香りが強く立ち上る。もちろん、香りが強いといっても、プンケバ酒のどぎつい化粧のような香りではない。いかにも酒らしい素直な香りが割水版よりも豊かということだ。
口に含むと、甘さを伴った旨味が一気に押し寄せる。アルコール度数が高い(18%台)とはいえ、圧倒的な強さ。しかも、16BYなのにハネもなく、口当たりはあくまでもまろやか。完全発酵させたアルコールをも、トロトロの口当たりと、甘さと見紛うばかりの練れた旨味に変えてしまっているではないか。
「どうして!? ねぇ、どうしてなの!?」
あの杜氏を知る人なら、すがって詰問したくならなければ『ウソ』だ。(苦笑)
これだけ味が出ていればと、飛び切り燗(55℃近辺)超に。さすがに徳利から湯気が出ますな。(笑)
やや若返った感はあるけど、分厚さに締まりが加わり、トロトロのうまさが、最後はスウ〜ッと消えてゆく。
「いやぁ〜、ウンマい!!」
しかも、これだけ味があるのにもっと飲みたくなる。
「罪作りね、あ〜なたぁ」てなもの。
アテは自家製の鯖味噌煮。輸入物に良くある過剰な脂はなく、背はしっとりと旨いし、腹身には程良い脂のうまさ。これぞ魚の煮物。
もう一つは、鮭の香味焼。うぅむ、こちらは今イチ。たぶん、最近の脂っぽさだけが珍重される流れどおりの輸入物だろう。
里芋・大根・人参・シメジ・椎茸の煮物。こういう野菜料理があるのが家庭のありがたいところ。
鯖の味噌煮の骨を出すのが間怠っこいと思いつつ、お代わりお代わりで三切れも。
定量で十分な満足感。
いやぁ、「原酒が苦手なあたしにも飲めるから」、そう唆してくれたO亭さんに感謝しなければ。
お客様は神様です、ホント。(笑)

10 thoughts on “あ、ふしぎなお酒

  1. 「大使閣下〜」の23巻発売連絡ありがとうございます。
    昨日、新聞で「カムイ伝」お猪口がデデ〜〜〜ンとCMしてました。
    わたしとしてはTシャツの方が欲しいな。

  2. >三平さん
    いかがでした? ちょっと味が多いのには訳があるらしいけど…。
    いつもの以下黙秘。(苦笑)
    mixiに3軒用閉鎖コミ作ろうかなぁ。(-。-) ボソッ

  3. >あきつさん
    全巻予約すると、両方もらえるのだ。
    新聞広告を打つくらいだから、まだ間に合うぞ!! (笑)
    佐藤 火圭さんの焼き物は一見の価値あり。これ、マジ。

  4. そう、好評につき
    お猪口プレゼント枠を拡大したという事です。
    ・・・しかし。
    先立つものが。。。
    ひら・さん、いずれ おがませてください。

  5. 飛び切り燗(55℃近辺)超で、やや若返りですか〜。いいなぁ、私もやや若返りたい…ぬあんて(マジだけど)
    ぜひ、真似っこしてみなくては!
    >いやぁ、「原酒が苦手なあたしにも飲めるから」、そう唆してくれた…
    苦手な方の味覚の鋭さには、時々、どっきりさせられます。
    私もタマネギなら自信あるんだけど。苦手だけど、「ああ、このタマネギは旨い」というのはわかるのです。
    日本酒は飲みなれすぎて、いろいろ免疫がつきすぎちゃったような…。
    追伸)燗酒おやぢさま、T寿司、写真だけにしておきました。

  6. >あきつさん
    その手の売り文句を鵜呑みは、コ・ワ・イ。
    支払いも毎月2冊ずつだから揃えられるのであって、小学館一括予約前払いなら、おぉ〜、のぉ〜!! ヨウコ?リサ? (笑)
    いつ来るか知らないけど、来たらお知らせしますよ。
    ただ、今回のぐい呑みは写真で見る限り、焼締めじゃないからなぁ〜。残念!!

  7. >カンザワさん
    火入れをするとお酒が若返ってしまうのは知られていますが、
    人に当てはまるがどうかは未知の世界。
    ぜひ試してみてください!! (笑)
    選り好みしちゃうと、楽しみを狭めちゃうことにもなりますが、
    どうせ飲むなら、やはりまっとうな酒を飲みたいと思います。
    そして、それに慣れちゃうと二度と戻れなくなるのは、どんな世界も一緒かと。
    T寿司の件、わがままを聞き入れていただいてありがとうございました。
    たまたまあっきさんにお教えしたばかり。巡り合わせって、あるものですねぇ。
    大穴子妹と行って以来ご無沙汰なので、久しぶりに村さんの魚を食べに行きた〜い!!

  8. >おやぢさん
    過分なお言葉をいただき、恐縮です。
    「SM生もと原酒16BY」をやりますと、「SM生もと純米15BY」も「SM生もと純吟15BY」も霞んでしまいまして、困ったものです(苦笑)。
    追伸、おやぢさんとこから送ってもらった「山廃もと」も中々のもんですぞ!

  9. >狼亭さん
    いやいや、飛べない豚の尻を押してもらって感謝していますよ。
    原酒で出されるこれだけに他と違う一手が加えられているようですから、さもありなん。
    それに、15BYと比べたらアカンっす!! (苦笑)
    「山廃もと」、久々の『あぶない』↓酒でしたから。(笑)
    http://kanzake.com/blog1/log/eid407.html
    この後のさらなる練れが楽しみな一本です。:-)

Comments are closed.