選ぶのはあなた

先日も書いたものの、相も変わらず配慮・自粛のオンパレード!!
中でもこの正副都知事のコメントがひどい。

【知事】
今ごろ、花見じゃない。同胞の痛みを分かち合うことで初めて連帯感が出来てくる。
(太平洋)戦争の時はみんな自分を抑え、こらえた。戦には敗れたが、あの時の日本人の連帯感は美しい

自身の「天罰」発言は何所吹く風といわんばかりの厚顔無恥。例え訂正したとしても、一度口から出た言葉は決して戻りません。剰え、この時期に選挙を回避しないばかりか、あの惨状を目の当たりにしながら、なおも「原発推進」を曲げないまま、いけしゃあしゃあと勝つ気満々で立候補するご本人にこそ、痛みと連帯をお願いしたい。
そして…

【副知事】
花見はすればよい。酒も飲めばよい。過度の自粛は消費を冷やすだけだ。ただ被災者は水も食事にも苦労している。身内を失っている。東京の火葬場で運ばれてきた遺体も焼いている。その辺の想像力があって、花見をして、酒を飲んで、ということだろうね。

花を愛でながらお通夜をやれと!?
二人とも、どこも悪くもない人々を暗鬱なムードで包み込み、都民はじめ、都内に通う人たちまで病気にしようとでもいうのでしょうか?
そして、多くの人々が弱った隙に低投票率の中でまんまと当選!?
強ち下種の勘繰りともいえない状況だけに背筋が寒くなります。
まったくこんな人が首都の長を務めていることこそ、自粛すべきでは?
如何ですか、都民のみなさま。

不謹慎を承知で物申せば、うれしい時、楽しい時、愛しい時、そして寂しい時、哀しい時、辛い時、それを分かち合うためにも「そのひと時だけは被災地や被災された方々を忘れてもいい」と思います。
一人一人が元気でいること。もし元気が余っていたら、少しずつ誰かに分けてあげてください。
被災しなかったみんなが、そうしてまた明日に向かう力を奮い立たせなかったら、誰が彼等や彼の地を救うのですか!?

ということで、再度!!

Twitterからのひと言
俺達被災者は、いま日本中の皆さんに感謝しています。本当に有り難いと思っています。皆さんの気持ちは届いています。これ以上「連帯感」を理由に楽しい事を躊躇ったりしないで下さい。楽しい事をして下さい。皆さんが楽しい事をしてくれれば経済が廻ります。そのお金は俺達にも廻ります。お願いします

困窮の極みにありながらのこの寛大さと思いやり。これが日本の、そして日本人の美しさです!!
こういう言葉がなぜ政治家や役人から出てこないのでしょう?
 
おバカな話に耳を貸す必要はありません。
「自分のために!!」がひいては「誰かのために!!」 なることを祈って、今宵も燗酒を酌みまする。


過剰反応では?

昨日も書きましたけれど、来月開催される予定だった我が地元のイベントも中止決定。

会場が被災したなどの理由で物理的に無理なものを除けば、音楽関係イベントが「元気」と「祈り」を届けるべく開催されることに比して、何でもかんでも自粛に走るのは、「他人の目・顔色」を気にし過ぎる日本人の悪慣習ともいうべきかと。
「未曾有の災害規模とその現況、及び被災者の心情」に配慮する気持ちは分からないでもないものの、「そして被災地の一日も早い復興を願い、誠に残念ではありますが」というなら、むしろ積極的に実施しても良かったのでは?

ましてや、県内にも被災地から避難してきている人が増えており、この後も当分その数は減りそうにないでしょう。受け入れている自治体と協力して、例えひと時であろうと避難者に「夢」を見てもらい、束の間の「平穏」でもてなす、というアクティブな発想と行動に繋げられなかったことが惜しまれまする。
 

Twitterからのひと言
私達は他人の幸せや喜びをねたむほど落ちぶれてはいない。皆さんどうぞ我慢せず楽しい時は笑い嬉しい時は喜んでください。私達も一日も早く皆さんに追いつきます

 
一日で85,000人(2010年)を集める地元最大のイベントですし、今年は第70回という節目の年にも当たっていましたから、何とか開催して欲しかったのですが…。

知人の娘さんが親子二代となるおいらんを務める!という個人的な心情もあることは否定しませぬ。(笑)


あのねぇ〜

【身近から消えたもの】
懐中電灯・乾電池・カセットボンベ・灯油ポリ容器・ウエットティッシュ・ティッシュペーパー・トイレットペーパー・幼児用紙おむつ・粉ミルク(後ろ二つは、共に昨夏生まれた乳幼児を抱えるT兄家・H兄家情報)

 
1970年代にあった二度のオイルショック時を彷彿させる狂乱ぶり。
他にもカップラーメンなどインスタント食品やミネラルウォーターなども棚から消えたようですけれど、それは無くても困らないから外すとしても、何やっているのでしょうかねぇ。
目先の不安で騒いだところで、とどのつまり…なるようにしかならないでしょうに。

震災時にも秩序を乱さぬ様から「日本は凄い!!」と絶賛する海外の声もあるものの、こうしたさもしい行動心理に加え、祝事や祭事の自粛は然も然も当然という必要以上のネガティブ指向に関しては、日本人であることを恥じ入ってしまいまする。


多謝、そして複雑

電話が繋がらずにご心配をおかけしたみなさま、お気遣いありがとうございました。
おかげさまで人も、そして最も気になったであろうお酒もすべて無事です!! (笑)
一番娘と二番娘、それに弟一家とも連絡が取れ、家族の無事が確認できました。

それにしても悲惨な光景がTV画面の向こうに…。
被災された方々へ心からのお見舞いと、まだ安否が不明な方々のご無事をお祈りいたします。

そんな処へ一本の電話(同一エリアの固定電話)が…。

被災した自社工場(福島県)からの援助要請とはいえ、ミネラルウォーターを500箱(2.0L×6)を至急調達したいという某社からの依頼でした。
同僚を思う気持ちは分からないでもありませんが、この非常事態にそれだけの数量を一社で独占していいものでしょうか!?
 
「あんたのところだけが困ってるんじゃねぇ!!」
 
宅配事業者各社が被災地向けの荷物の受け付けを止めたため、親戚や知人に送りたくても送れない人たちを尻目に、「関連の運送会社を使って送るから」と大手メーカーならではの対応力を羨ましく思う反面、釈然としないものを感じるのはおやぢだけ?


あれから45年

「まだ生まれておりませなんだ」
といったところですぐにウソがばれてしまいましょうから…
「ハイハイ、憶えておりますよ、1964(昭和39)年6月16日13:02頃の出来事は」
当時は…

  • 第二室戸台風(1961年)
  • 大雪(1962年)
  • 38-サンパチ-豪雪(1963年)
  • と毎年のように自然災害に見舞われていましたけれど、1964年は…

  • 第19回新潟国体
  • 東海道新幹線開業
  • 第18回夏季オリンピック大会(通称:東京オリンピック)
  • と県や国(当然、JRはまだ国有)を挙げてのおまつりイヤー。
    その春季大会が終わった(6月11日)矢先に起きたのが…あの “新潟地震” でした。
    遠くで濛々と上がる昭和石油新潟製油所(当時)の黒煙を眺めていたあの日から昨日で丸45年。
    あの頃、美少年かどうかはさておき紅顔であったおやぢも今ではすっかり厚顔。
    今日も今日とて、こうして恥を晒しておりまする。(苦笑)

    これ、いけます♪
    これ、いけます♪

    ●開春 生酛純米 “西田-にした-” H19BY火入原酒
    特に原酒という断り書きはありませんけれど、17.5%というアルコール度数は “生酛山口” 火入原酒と同じですから、こちらもそのように付記してあります。

    窮屈な味わいだった開け立てからしばらく経ち、ようやく生酛特有の香りと原酒らしい重厚なうまみとが表に現れてきました。ふくよかなうまみに次いでやや長めの余韻を楽しみながらも最後はスッと切れ、このスペックでこの値段なら十分にお買い得♪

    脂の乗りかけた鰹は酢醤油で。付け合わせのレタス・胡瓜も同様に、口をさっぱりさせつつ、お次は豚の生姜焼きや角煮をアテに、スルスル〜と定量がお終い。
    休前日の気楽さから「お代わり〜♪」となったものの明らかにペースダウン。
    「明日また飲むから、もう片付けて」ととうとう二本目途中でリタイア。
    厚くなる面の皮に反比例するかのように、体力は確実に薄くなっているようで…。

    「あの地震からもう45年ですから」をあらためて実感した夜でした。(汗)


    ちと小細工

    昨日はあの “新潟県中越地震” からもう四年という節目の日。
    その三年後には “新潟県中越沖地震” にも見舞われ、地酒王国ならぬ “地震王国” と化してしまったことはまだ記憶に新しいですな。
    震災で亡くなられた方々にあらためて…合掌。

    さて、“わかばマークのMacの備忘録” で紹介されていた“Thumbscrew” という、画像にフレームとドロップシャドウを加えたサムネイル画像を作成するアプリ(フリーウェア)を試してみました。

    Foods昨夜のアテ、牡蛎と鮭入りのキムチ鍋♪
    近くのスーパーに食品売り場がなくなりましたから、代わりの業者が入る来月まで天気の悪い日は貧しいアテに耐えざるを得ないかも。(涙)
    いただきもののハムを厚めに切り、ソテーやハム・野菜炒めを補充し、晩酌の開始♪

    ■綿屋 純米“綿屋倶楽部”-蔵の華- H16BY
    正直なところ「キムチ鍋には負けるだろうな」と思いながら…だったのですが、さすがに三年の熟成は伊達ではありませんでした。しっかりとした飲み応えがありながらスルスルと飲める後口は“綿屋”ならでは。
    ウンマ〜いじゃない♪

    プリプリの牡蛎やハムを口に運ぶ手が休まりませぬ。
    オレ竜が負けたダイジェストを見ながら気分よくグビグビ♪
    となれば、もちろん…お代わり〜!! (笑)

    同ブログには他にも、インスタントカメラの代名詞だったポラロイド(Polaroid)擬きネーミングの “Poladroid” という、インスタント写真風のJPEG画像を作成するアプリなども紹介されていますけれど、こういうちょっとした遊び心を加えることで、ブログの写真がもっと楽しいものになるかも知れませんな。:-)


    飲むこと即ち応援さ

    拙ブログ、ようやく “オススメ” や “リンク” を整備しましたから、ほぼ一ヶ月ぶりに復旧したとはいえ、あれこれ詰め込んでちと煩くなりすぎたかも。(苦笑)

    さて、遅ればせながら6月14日(土)の “岩手・宮城内陸地震” では、杜の都の燗主さんや呑兵衛ご夫妻はご無事だったようで胸を撫で下ろしておりましたが、宮城県北部の蔵元は少なからない損害を被ったようです。
    “綿屋” を醸す金の井酒造さんも「貯蔵在庫に被害はなかった」とお知らせいただいたものの、あの山がなくなった画像を見るにつけ心配していたのは仕込水のこと。栗原市のサイトによれば旧一迫(いちはさま)町地域に大きな被害はなさそうですが、初めて伺った時に蔵元が「まず水を見てください」とご案内いただいた “不動の滝” 上流の水源が無事でありますように。

    綿屋■綿屋 特別純米“特別栽培米ひとめぼれ” H19BY
    今年の新酒、しかも火入酒ですし、原料米の “ひとめぼれ” は酒造好適米ではありませんから、「すっきりスイスイか」と期待はしていなかったのですが…
    これがなんと、トロトロり〜♪
    “綿屋” らしいふくよかな酸もあり、燗をつけるとさらに幅味がふくらみます。冷しトマトなんぞと合わせたら、トマトが甘く感じられるようになって、箸が止まりませぬ。

    地元宮城ならきっと冷やでグビグビやられてしまいそうですが、熱燗(50℃近辺)超から冷まして夏野菜をたんまり摂りたい気分にさせてもらいましょ。
    “綿屋” のみならず被災されたお蔵へのお見舞いとその復興のために、一人一本!!
    これ、ノルマ♪ (笑)

    ただし、あくまでも新酒ですから、冷まし過ぎと放ったらかしは禁物。
    せっせと飲んで、せっせと空けませう。(笑)


    土用〜ん orz

    Scene昨夏眺めた青く澄んだ海と水平線に浮かぶ佐渡。なんとまあ、このわずか沖合が今回の “新潟県中越沖地震” の本震震源地だったとは…。

    市街地もたいへんでしょうが、R352を礼拝(らいはい)駅方面に入ると、至る所でこれここに載せたような惨状。家屋調査の結果、黄色(要注意)や赤色(危険)の紙が貼られた家々がずらり。
    発生から半月経って、鉄道や道路、ライフラインなどの改善は見ているものの、住宅被害に遭われた方々はまだ先の見えないまま、不安な日々を過ごしておられることでしょうな。
    みなさまの善意が被災者に届きますように。

    といいつつ、こちらはノホホンと土用の丑の日を迎えたものの…

    天穏天穏 純米吟醸 “改良雄町” 無濾過中汲み H16BY
    およそ一年ぶりの登場?となった “天穏” のこれ。熟成色を帯びはじめ、味もウマウマに。
    後のきれいさはさすが中汲みですな♪

    開け立てを遠慮容赦なくアチチ燗(60℃近辺)にすれば、
    「滑ります、滑ります♪」とスルスル喉を通って…。
    きちんと仕事のなされた懐石ならいざ知らず、何でもありの家庭のおかずには、やはり佐香錦よりも改良雄町の方が合わせ易いかと。
    が…
    「あれぇ〜、アナゴは?」

    「何っ!? 鰻じゃねぇのか?ですって。いいんですよ、こちとらぁ、このアナゴで♪」
    なのに、そのアナゴどころか、鰻さえありませぬ。orz

    あぁあ、何が悲しゅうて、丑の日に焼き鮭なんぞを…。
    卓袱台に手をかけてはみたものの、分別が邪魔をしてくれました。
    「えぇい、こうなりゃ、焼き鮭にはヤケ酒でぇ〜いっ!!」
    と “天穏”、お代わり〜。X-)


    知事へのたより

    先日、“そんなツケは真っ平御免” とその続き “「イヤだ!!」と云おう” まで書いてしまったので、「毒を食わば皿まで!!」とばかりに “新潟県中越沖地震” から10日後の26日(木)、新潟県知事へメールを送ってしまいました。(汗)

    このたびの中越沖地震での素早く、かつ果敢な対応ありがとうございます。
    知事の要請で、国も渋々ながらIAEAの査察受け入れへと転換せざるを得なくなりましたが、その調査結果には全県民が注目していることでしょう。
    ただし、東電の柏崎刈羽原発についてはいささか不満が残ります。

    というのも、過去にあれほどの誤魔化し・隠蔽を繰り返しながら、日々報道される相も変わらない東電のずさんさをなにゆえ放置されるのか。万が一の事態となれば、柏崎市・刈羽村だけの問題ではないはずです。
    今日も地元四万世帯に対し、お詫びのチラシを配布したそうですが、県内全世帯に配布したところであの所業が許されるものではありません。観光や農水産物などへの風評被害をどうしようというのか。東電のおかげで当県内に留まらず、日本という国全体が世界中から「危ない国」というラベルを貼られる始末。そのような東電に原発事業者としての適格性があるとお考えですか?

    国全体のエネルギー政策も大切でしょうが、それが住民の生命・財産を脅かすものなら何のための政治なのか、疑問が増すばかりです。原発に対し、「絶対的な安全・安心」が確保できないのであれば、当該県民として「ノー」を突き付ける手段はないものでしょうか。
    国内における住民運動の先駆けとなった「巻原発・住民投票を実行する会(略称、実行する会)」はまだ記憶に新しいところですが、県民の生命・財産を守ることが県行政最大の命題であるならば、わざわざ住民の手を煩わなくとも、行政サイドで柏崎・刈羽原発の是非を問う「県民投票」を実現させる手立てを探ってみてはいかがでしょう。我々県民にはその権利があるものと考えます。

    今後とも県民のために、ますますのご尽力を願って止みません。
    どうか特段のご高配を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます

    Sceneネット社会の恩恵で、住民個々の声がトップに届く環境を享受できるようになったものの、どんな小さな声も声として発しなければ気づいてもらえないことに変わりありませぬ。
    県民はもちろん、もしあなたが県民でなくても構いません。被災地へ赴き、ボランティアとして手助けしてくださることや、義援金をお寄せいただくこともとてもありがたいことですが、被災者であってもなくても、我々はこの先もこの地で生きていかなければなりません。あの原発について思うところがあったら、ぜひ声を上げてください。
    あなたの声を新潟県庁知事室の【知事へのたより】へお寄せいただきたいのです。


    「イヤだ!!」と云おう -続・そんなツケは真っ平御免-

    Scene
    今回の停止により電力不足に陥るといわれている柏崎刈羽原発だが、そのために運転再開が優先されるとしたら、本末転倒も甚だしい。人命よりエネルギーが尊重されるなんぞ、以ての外であり、決してあってはならないこと。国家とは誰のためにあるのか。子どもでも分かりそうな根本的な理念を忘れているとしか思えない一連のおバカぶりを、このTBSラジオのコラムが糾弾している。

    こと東電に関しては、過去にも隠蔽や誤魔化しをさんざん繰り返しておきながら、まったく懲りていないことは今回のトップの物言いからも明らかだ。きっと木川田さん平岩さんは草葉の陰で嘆いているに相違ないだろうが、問題は、馬鹿の一つ覚えで「想定外」を繰り返す今の東電が、原発を稼働させるだけの適格性を備えているかどうかであり、それを判断するのは、国や原子力安全・保安院などの原子力関連組織、調査委員会でもなければ、当該自治体や都道府県でもなく、事故の際に害を被る住民でなければならない。

    そのためにも、巻町(現新潟市西蒲区)角海浜に設置が予定されていた東北電力巻原子力発電所を計画廃止に追いやり、その後、全国各地で巻き起こった住民運動の先鞭となった “巻原発・住民投票を実行する会(略称、実行する会)” が成し遂げたことの意義を今一度噛み締め、「イヤだ!!」という一人一人の小さな声を積み上げていく必要があるだろう。

    本来ならば住民の代表たる議会議員がいち早くそうした声を吸い上げ、発議すべきであろうが、今の市町村会議員や県議会議員にその気概を持つ者がいるだろうか、遺憾ながら甚だ疑問であるし、況んや私利と党利に奔走するだけの国会議員には望む可くもないことであろう。
    農耕民族の宿命なのか、古来、お上に逆らわないことを良しとしてきた、そのいじけ蟲と訣別しなければ、この国はますます “美しい国” から遠ざかってしまう。
    折しも参院選真っ只中。結果次第では衆院選もあり得るといわれる恰好の機会に、たかが一票、されど一票を無駄にしないこと。一人一人の「イヤだ!!」を小さな声のままで終わらせないためにも、まずはその一票からしかはじまらないことを国民すべてが肝に銘じよう。

    そして、今のところ奮闘しているように見える泉田知事には、県民による住民投票の実施など、さらに踏み込んだ施策を実現させて欲しい。適格性が欠落している東電に対し、柏崎刈羽原発の閉炉・廃止を突き付けるための真の民意の形成。そのリーダーシップをとってこそ、県行政の長としての責務を果たすことになるはずだ。
    県民のためにも、政治やお役所の柵にとらわれず、より大胆な発想と一層の奮闘を望む。

    ここまで書いてもなお、エネルギー政策上原発は不可欠というのなら、首相官邸や国会議事堂、そして霞ヶ関の地下に作っては如何かと思う。さあ、果してその主たちに東電に身を預けるだけの度胸があるや否や。(笑)

    と昨日に引き続いて、チョッピリ社会派気取りのおやぢ。X-)