「まだ生まれておりませなんだ」
といったところですぐにウソがばれてしまいましょうから…
「ハイハイ、憶えておりますよ、1964(昭和39)年6月16日13:02頃の出来事は」
当時は…

  • 第二室戸台風(1961年)
  • 大雪(1962年)
  • 38-サンパチ-豪雪(1963年)
  • と毎年のように自然災害に見舞われていましたけれど、1964年は…

  • 第19回新潟国体
  • 東海道新幹線開業
  • 第18回夏季オリンピック大会(通称:東京オリンピック)
  • と県や国(当然、JRはまだ国有)を挙げてのおまつりイヤー。
    その春季大会が終わった(6月11日)矢先に起きたのが…あの “新潟地震” でした。
    遠くで濛々と上がる昭和石油新潟製油所(当時)の黒煙を眺めていたあの日から昨日で丸45年。
    あの頃、美少年かどうかはさておき紅顔であったおやぢも今ではすっかり厚顔。
    今日も今日とて、こうして恥を晒しておりまする。(苦笑)

    これ、いけます♪

    これ、いけます♪


    ●開春 生酛純米 “西田-にした-” H19BY火入原酒
    特に原酒という断り書きはありませんけれど、17.5%というアルコール度数は “生酛山口” 火入原酒と同じですから、こちらもそのように付記してあります。

    窮屈な味わいだった開け立てからしばらく経ち、ようやく生酛特有の香りと原酒らしい重厚なうまみとが表に現れてきました。ふくよかなうまみに次いでやや長めの余韻を楽しみながらも最後はスッと切れ、このスペックでこの値段なら十分にお買い得♪

    脂の乗りかけた鰹は酢醤油で。付け合わせのレタス・胡瓜も同様に、口をさっぱりさせつつ、お次は豚の生姜焼きや角煮をアテに、スルスル〜と定量がお終い。
    休前日の気楽さから「お代わり〜♪」となったものの明らかにペースダウン。
    「明日また飲むから、もう片付けて」ととうとう二本目途中でリタイア。
    厚くなる面の皮に反比例するかのように、体力は確実に薄くなっているようで…。

    「あの地震からもう45年ですから」をあらためて実感した夜でした。(汗)