参上仕り候

今を遡ることン十年前は、毎日、ぎゅうぎゅう詰めのディーゼルカーで通った街、三条。
金物・刃物で知られるこの街は昔から “本寺小路” という飲食街でも知られていますが、その一角に燗酒の店が!?
地元ともいえるこの街にまっとうな燗酒が根付いてくれたら、この上なくうれしいこと。

期待の燗星♪
期待の燗星♪

どぶ連” や “華燭の典” と先月から行事が立て込んでおりましたゆえ、遅ればせながらになってしまいましたけれども…
「今度お店にも…」
と足繁く通ってくださる店長との約束を果たすべく、どうせなら…
「たまにはゆっくり飲みませんか?」
と声をおかけしたところ、地元組はじめ、見附や長岡、それに新潟からはいつもの援軍ちゃむさんが馳せ参じてくださいました。

「ビール!!」「オレ、ビールいらない、燗酒!!」
と初っ端からテンションの高い猛者も♪
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!
テーブルの上には…
テーブルの上には…
魂の純米
魂の純米

名前入りのお品書きはさておき、一升瓶に貼り付けられ、テーブルやカウンターの随所に置かれている酒のメニューに目をやれば、冷や酒系もあるものの、お馴染みの銘柄がずらり♪

下の写真にはこの時、お燗場に出動中だった群馬泉が写っていませんけれど…
「ここはどこ!?!?」
ってくらい、そうそうたる顔ぶれでしょ!?

燗酒団 -1- 今宵のお酒たち 燗酒団 -2-
前菜盛合せ 活けタコと葉葱の酒盗和えに夕取れアスパラガス 煮アサリの山葵みぞれ
夕取りの茶豆 刺身盛合せ(〆鯖・秋刀魚・カンパチ) 里芋の唐揚げ
地鶏焼き 漬物盛合せにはチーズの麹漬けも 長芋焼き

本間店長におまかせしたアテの数々をいただきながらも、冷し酒御免の燗酒団が繰り出す怒濤のオーダーは最後まで途切れることなく…
たぶんこの一週間の燗酒オーダーより今一夜の方が多かったのでは!?!? (笑)

「あ、終電が!?」
ダッシュでお店を出られたちゃむさん、無事お帰りでしたか?
オサムさんご夫妻ををはじめとする地元組のみなさま。
そしてタクシー組のS水さん、S田さんの蔵人コンビ。
そしてそして、“魂 -Kon-” の本間店長と○○さん。
八月八日。末広がりの “八” 二乗の夜にここ三条でお目にかかったすべてのみなさま、
たいへんお世話になりました。また、ありがとうございました。
このお礼はこれからもまっとうな燗酒をオススメすることで♪


■魂 -Kon-
 新潟県三条市本町2丁目1-31 〒955-0071
 phone. 0256-33-3451
 17:30〜24:00 日曜休み


春や春

ま・ぜらさんとちゃむさん。
心強い援交の士が3年ぶりと2年ぶりにこの春、当地へ戻ってこられたのですから…
何はさておきまずは一献♪
さらにいきなり初夏を思わせる陽気となったこの日に合わせるかのように
オーストラリアからのとりしやさんとご盟友もお越しとあっては…
これはもう呑むしかない!!と。(笑)

春の季語♪
春の季語♪
「お酒足りますか?」「積んできてくださいよ」
と配達を兼ねて向かうは柳都の燗星、“吟” さん。

汗ばむような陽射しに「年寄り組の方が薄着だ」とま・ぜらさんに揶揄されながら半袖で過ごしておりましたから、めずらしくビール、とはいえちっちゃなグラス生で…
「お帰りなさい♪」そして「ようこそお越しを♪」の
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

さて、どんどん燗をつけてくださいな。
まずは“旭菊 大地”からお願いしましょうか。
アテは…メバルの煮付け、桜鱒蕗味噌、生めかぶ酢、クリームチーズの味噌漬け、栃尾の油揚げ、うどみそ、身欠き鰊の山椒漬・・・
桜鱒でございマス♪
桜鱒でございマス♪

あぁ、もう写真なんか撮っておれませぬ。
酒も肴も勝手に頼んでくだされ〜。(笑)

カウンターの一角を占拠した呑兵衛組、テーブル組の相も変わらず刺身に冷し酒というオーダーを尻目に…
“群馬泉 初しぼり”、“小笹屋竹鶴 大和雄町”、“神亀 甘口純米”、“鷹勇 山廃強力”、“群馬泉 山廃酛純米”、“辨天娘 五百万石純米”、“清酒竹鶴 雄町純米”、“住乃井 特別純米”、“群馬泉 山廃本醸造”、そして “生酛のどぶ” などなど…
燗また燗のオンパレード♪
たまには…
たまには…

締めにはそばきり酒房ならではの十割蕎麦をいただき…
お帰り組と二次会組とに細胞分裂♪ (笑)

二次会組が向かった先は、“Amber” さん。
カウンターでまたウダウダ♪
ジンロックに続く二杯目は…
「久しぶりにウイスキーでも呑もうか」
と一瞬、「あれ〜、別人?」と思ったほど髪の伸びたマスターに薦められたこれをチビりチビりやっていたら…
「うへぇ〜、もうこんな時間!?」「また燗酒をご一緒しましょ」

“吟” の畔上さん、まっちゃんこと松本さん、“Amber” の草間さん…
此度もたいへんお世話になりました。そして、ありがとうございました。

古くて、でかいお蔵へ出かけた話はまた後で♪

■そばきり酒房 “吟” -ぎん-
 新潟市中央区東堀通8番町1429-2 〒951-8065
 phone: 025-224-7181
 18:00〜02:00 日曜・祝日休み

■BAR “Amber” -アンバー-
 新潟市中央区西堀前通8番町1525 〒951-8062
 井坂ビル2F
 phone: 025-222-2210
 火〜土曜…20:00〜29:00(05:00)
 日曜のみ…19:00〜24:00(00:00)
 月曜休み



たかが栓されど栓

裏貼りしぞぉ〜かで…26.8℃!?!?!? まるで初夏並み。
とても2月とは思えません。梅どころか桜も咲いてしまうのでは?
彼のお嬢様は…もちろんタンクトップに短パンでお過ごしでしょう。(笑)

それはさておきこちらは…
「おやおや、15BYなんてまだいたの?」
と邂逅にもはや溜め息も混じる一本がまたしても。

この裏貼りだけですぐにわかったあなたは…かなりの鷹マニア♪

takaisami_ts●鷹勇 純米 “鷹匠” H15BY
当然、非売品。開栓したものの忘れ去られていた一本♪
なれど、 “辨天娘” にも使われているこのプラスティックの栓。某女史の災難に留まらず、そのやわらかさゆえ密封性が今イチ。酒瓶を転倒させたら中身がこぼれることを覚悟しなければなりません。
それに…
一升瓶の口のちょっと下に一筋の突起がありますよね?あれを滑り止めとして、時には2〜3本の一升瓶をぶら下げて運ぶのですが、あの栓ですと手の一部が触れただけで簡単に外れてしまいます。
「開けやすくていい」という声が多数あることも承知しておりまするが、開栓後も放置で味を進めたり、移動したりする機会が多い向きには、デメリットの方が大きいように思いますな。
こと密封性に限れば、“神亀” や “睡龍” で使われているあのオールプラスティックの栓が最も優れているかと。

原料米や燃料に加え、各種資材費が高騰する中ではなはだ心苦しく存じますが、ことは出荷後の品質保持にも係る問題。こうした改善にはぜひ前向きに取り組んでいただきたい、と切望いたしまする。

話が横道に逸れましたけれど、件のおチャケはアチチ燗(60℃近辺)にしてしっかりいただきましたよ。(笑)


ド〜は…

今になって「あれ、いいですね」といわれる某おチャケ。もちろんとっくに世から消えているブツ。
「そういえば…」とお蔵に電話したら、「え〜と、あと○本ですね」と事務員Mさん。
「おぉ〜、送ってたもれ♪」ってことで… “鷹勇山廃強力H17BY” 延命!! (笑)

「そういえば」と事務員Mさんのつづきが…
「ブログ見てたら、あのオバマさんの、久しぶりに笑っちゃいましたよ♪」
あら、見てたのねぇ〜!! ← 都はるみ on YouTube

“ブタもおだてりゃ木に登る” ってことで…しばらくトップへの居座り決定!! (爆)

生酛のどぶ■生酛のどぶ H18BY仕込18号 +20.5
良く(メーターの)切れたこの年の “どぶ” の中でも最高値を誇るこれ。
ただでさえ外連味のない加藤杜氏の酒なのに、まるで無制限一本勝負の如くとことんまで酵母の活性を引き出したのでしょう。健全、かつ完全醗酵の極致ともいえる洗礼を受けているだけにキレの鋭さは、ヤワな飲み手の目には…相当な強面に映ることでしょうな。
写真のように、“どぶ” の…〜は 度迫力 !?!? (笑)

先日から飲んでいるH19BY仕込18号+9の “どぶ” もうまいけれど、一歳上のこれはまさしく呑兵衛好みですぞ。

アテのトマト煮と白い “どぶ” とで早くも紅梅・白梅の紊れ咲き?
赤魚の煮付にさつま揚げ・牛蒡・シメジの煮物。さらには白菜の浅漬け。
箸を持ったり杯を持ったり、操業短縮や休止が相次ぐ中、“どぶ” 飲みは…
相変らず残業しても追いつかないほどに忙しく、もっちのろんで…
お代わり〜♪ (笑)


フトコロ寒し

2008/12/16 Scene

いよいよ折り返しを迎えた師走の某燗酒屋からの夕景。
ゆく酒あり、くる酒あり。相変らずグチャグチャなれど、ひと通り並べましたから、酒棚はギュウギュウ詰めの満員電車。
「こんなにあったっけ?」
と当の本人が一番びっくりしておりまする。
と同時に中には…
「こんなのあったっけ?」
という珍種もチラホラ混ざっておりますから、地震にだけは二度と見舞われることがありませぬよう
 ヒヤヒヤあんどハラハラ
割れてしまってからでは後の祭。
ご入り用の方々はどうぞ早々にお引き取りを♪ (笑)



鷹勇今年の “歳末たすけあい” は世相を映してか、今ひとつ盛り上がりに欠けるため、くる酒に指を咥えつつ開栓放置酒を漁っておりまするが、こんなものに出会しますからまんざらでも…。
とはいえ、あれやらこれやら見なければならない酒たちが出番を待っているのも事実。
残すところ正味半月ゆえ、どうぞよしなに。m(__)m

■鷹勇 特別純米酒 H14BY
“鷹勇” の中でも比較的目立たないダークホース的存在なのが、これと普通の純米酒。特にこれなんか、確か純米吟醸なかだれの責めのはずですから、値段的にもお買い得なんですけどねぇ。足が遅い分しっかり練れてもいますからなおのこと。
まぁ、それがあまり広まってしまって熟成が足りないまま出されてしまうより、知る人ぞ知るの方がいいのかも♪

アテは、鯖の塩焼き。ちょっとパサつきましたから、冷凍かも。
とはいえ、脂乗りだけで魚としてのうまさが感じられないよりは好みですな。
大根と蒟蒻の煮物。しっかり出汁を吸い込んだ大根のうまいこと。
豆腐ハンバーグにじゃがいもとインゲンのソテーの付け合わせ。
ほうれん草のお浸しもつまみつつ、定量お終い。

ニュースを見ながら…
「雨露をしのぐ塒とウンマい燗酒にありつけるだけ、まだマシか」と思いつつも
「明日は我が身」と他人事とは到底思えぬ夜でした。orz


初柏♪

そりゃあ、千葉へ行ったことくらいはありますよ。
ちょっと前なら成田APまで大英帝国に旅立つ一番娘を送っていきましたし、うん十年前まで溯れば常磐線だって上野から何度も乗ったものです。ただ、行先は決まって我孫子でしたから、店名を伏せられたまま毎度毎度涎を誘ってくれるこちら(→その一・→その二・→その三)のもそっと先だったとはいえね。

Google Maps

こちらから柏は決して近くありませんから、こうして罪作りな Google のストリートビューで開かずの扉を眺めては虚しい溜め息を重ねていたのですが…
先日、酒の縁がとうとうその扉を開けてくれました♪

「はじめまして」の店長。
やたいち
しかも主(ぬし)ともいえるkazuさんのお声掛けで集まってくださった面々に囲まれて
仰けから燗酒で…( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!!

店長が用意してくださったアテの数々。:-)
「うわぁ、ウンマ〜い!!」のチーズと無花果のパテ仕立て(左)と鰆の刺身(右)。

FoodsFoods 2

「でかぁ〜!!」と目を丸くした高足蟹(左)と常陸牛の葡萄包み焼き(右)。

Foods 3Foods 4

せっかく用意してくださったのに、「カニとエビはちょっと…」のおやぢ。X-)
なれど、葡萄の甘酸っぱさと常陸牛の程良い脂が口の中に広がるともう箍が外れました。
手当り次第にひたすら燗酒をグビグビり♪

店名の由来にもなっているおでん(左)。秋刀魚のつみれ旨し♪
狼亭さんが持ってきてくださった杯台(右)もいい景色でしょ!?

Foods 5杯台

いただいたお酒は…
旭若松H16BY加水版でスタートの後は、ちゃっかり開栓された味わいを試させてもらった日置桜にごりH19BY・奥播磨山廃袋吊りH15BY・天穏にごりH19BY・鷹勇強力の郷H13BY・小笹屋竹鶴大和雄町14BY・生酛のどぶ・睡龍・山陰東郷・鯉川・武蔵の里純米原酒・・・
とのこと。ほとんどパクり。(笑)

総勢12名と席が足りなくなった面々が次々に繰り出す燗酒オーダーは引きも切らず。
店長とおばちゃんは休む間もなしの三時間が瞬く間に過ぎ、お開き〜♪

快く受け入れてくださった店長、いろいろとお手配してくださったkazuさん、
たいへんお世話になりました。
近くから遠くから、そして二連チャン三連チャンにもかかわらず…という猛者も含めた参加者の皆々様、どうもありがとうございました。
またお目にかかれますことを切に願っておりまする。

てな訳で…店名初公開♪

■日本酒とおでん やたいち地図
 千葉県柏市旭町1丁目4-11
 Phone: 04-7144-1881
 Open: 17:30〜/日曜休み


爆発だぁ〜!!

それが芸術ならこの方の出番
そして、日本酒なら数多の活性にごり酒で起こり得る、あの現象。
まさか麦の酒で実体験することになるとは…。

今夏の最高気温を記録した日。然しもの燗酒狂も「たまにはビールでも…」という気分で、大手メーカーの基準なら賞味期限切れになる熟成期間(8ヶ月)を経たこれを持ち帰ったまでは良かったのですが、いざ開栓♪と王冠を少し持ち上げた途端、プシュ〜ッ!!
「あわわわわ〜っ !?!?!?!?」

容器充填時に炭酸ガスを足さないここにしては珍しく、強烈な泡の吹き出しで食卓の上に飛び散る褐色の液体。瓶を持つ手にも次々に伝わり落ちます。
一瞬動転したものの、すぐさま貧乏性がフォロー。手元にあった深皿に瓶を入れ、溢れ出るビールを受け止めておりましたけれど、噴火が収まった後の食卓には褐色の水たまりが…。
あぁ、勿体なや勿体なや。orz

新潟麦酒■新潟麦酒 ゴールデンエディンバラ
まるで赤提灯のコップ酒よろしく、受け皿にこぼれたビールもグラスに移し、グビり♪
「うんめぇ〜〜〜♪」と山羊おやぢ。(笑)

モルトのうまみとホップの穏やかな苦味(くみ)のバランスも良く、まさしくブリティッシュダークエールですな。加えて、高アルコール度数がもたらす重厚感。この濃醇なうまみはやはりプレミアムタイプ(アルコール分8%・賞味期間2年)でしか味わえないもの。

非補圧・瓶内二次醗酵という宿命ゆえ、醗酵が不完全だと炭酸気もないただの麦ジュースに成り下がってしまう “新潟麦酒” ですから、温度管理もせずに放置し、「飲む直前に花冷え(10℃近辺)から涼冷え(15℃近辺)ほどに冷す」を基本にしていましたが、ここまで完全に醗酵すると活性にごりと同じことが起こるとは…。
しかも濾過が緩いだけあって、しっかり濁って透明度ゼロですから…
まさしく活性にごり麦酒♪
おかげで一つ利口になりました。(笑)

そしてさらに、騒ぎが収まった後にやってきたカミさんに「飲む?」と問えば「否」という返事があろうはずもなく…
「キャ〜!?!?」という声とともに再び…。(爆)

■鷹勇 特別純米酒 H16BY
その時おやぢは、豚肉の葱味噌炒めをアテに「今の時季なら3〜4日で」という予想どおりに開いたこれをアチチ燗(60℃近辺)から冷まして酌みつつ、必死に笑いを堪えておりましたとさ。
お主も悪よのぉ〜♪ (笑)


夏の朝

花火の夜が明ける前からまるで空襲に遭ったかのような雷で目が覚めました。
仄暗い空をつんざく物凄い音と地響き。家までぐらぐら揺れまする。加えて猛烈な雨。
ウトウトして「寝過ごした!?」と慌てて出勤したら、あらら・・・
いつもの私的通勤路は増水のため、水の中に没しておりまする。
遠回りなので普段は使わない市道を通ったら、川が溢れて残り少ない田圃や畑は水浸し。
こういう時に貯水池となってくれていた田圃が減ったことの弊害ですな。

到着早々に電話。「○コムですが、本日はこのまま・・・」「へっ!?」とキョトン。
どうやら我が家のデジタル時計を一時間読み違えた模様。orz

鷹勇■鷹勇 特別純米酒 H16BY
「何BY?」「19BYではありません…たぶん17か18です」
とお答えしたものの気になってあの銀色の袋を開けたら…
ナント、まだ16BY!?
もちろんそのまま、お持ち帰り〜♪ (笑)

開け立てですから自己主張はまだ大人しめ。
一週間、いや、今の気温なら三、四日我慢すればいいでしょ。もっと待ちたい方はご自由に。:-)

飛び切り燗(55℃近辺)から冷まして、早速、鯖のソテーをアテにグビグビ開始♪
車麩・夕顔・玉ねぎ・シメジの煮物。
じゃがいも・パプリカ・人参のそぼろ餡掛けは挽肉たっぷりで早々に…
「お代わり〜♪」
よせばいいのに、あるとつい手が出てしまう冷や麦+炒り子出汁つゆで〆。

そうそう、業務連絡・・・明晩到着予定♪
西武新宿線沿線の某店ではすっかりおなじみの茶色の8本P箱ですが…
とうとうJR沿線の某店からもリクエストがあり、椅子代わりになりに行きまする。
あのうわばみ嬢ならば、喜び勇んで漁りにいくこと必定!! (笑)


上澄み燗

ゴールデンウイーク終盤を前にした日、三番娘帰京。
また静かな日々に戻る置土産は…
「あのぉ、群馬泉ください」
という美人な同級生を連れてきたこと。(笑)

Scene■鷹勇 純米“濁り酒” H17BY
当然18BY、と思いつつ念のため日付を確認したら…18.2!?
ひょえ〜、これまたあの時の残り
常温に置かれ、忘れ去られていた訳ですから
「当然、生老ねだらけだろうなぁ」
の予想に反して、生老ねはあるものの、それよりもナッティな熟成香に惹かれる。おまけに色もしっかり熟成色を纏い、醪を混ぜれば「ミルクティ?」となるか、という段になってちょっといたずら心が…。
「たまに上澄みだけでも!?」
定量(二合)の上澄みを減らせば、醪たっぷりのドロドロにごりは後のおたのしみに♪

アテは、庶民の味方、鰈の煮付け。真子を抱いており、二度おいしい!!
湯通しした絹莢で口を直しながら、持越しの身欠き鰊・筍・蕗の煮物を片付け、お後はアスパラ・ミニトマト・玉ねぎのサラダへ。

何年かぶりにバイクに乗ったまでは良かったけれど、マシントラブルで大コケ!!
という縁起でもない夢で変な時間に目が覚めてしまったため、無性に眠い。
「先に寝るよ」「え〜、まだ10時過ぎたばかりだよ」「よい子はオネムじゃ」
とクラリスちゃんに別れを告げた夜でした。:-)


Wonderful Tonight

“別館(閉鎖)” にはないヴァージョン。;-)
それもこれも、うれしいいただきものがあったから♪

生業上、飲む酒に不自由しない反面、口にする酒が定まってしまうことも否めませんから、普段は口にできないまっとうな酒をいただくことは無上の喜びでもありまする。

世にはまだまだおやぢの知らないまっとうな酒が数多ありましょうから、「酒屋に酒を贈るのは失礼」などと思い込まず、どんどんまっとうなおチャケを贈ってくだされ。何よりも自腹の伝票を切らずにすむのがありがたく…。(笑)
小遣いがない身にはとてもうれしい愛の手をこれからも♪

鷹勇■鷹勇 純米吟醸“山田錦” H18BY
開けて一週間、「やっと据わりが良くなったか」と喜んだのも束の間、「え〜っ、もうお終い!?」と相成りまして御座候。

山田錦と9号酵母という実にオーソドックスな組み合わせなれど、これをカプロン酸だけが突出する臭い酒ではなく、どっしりとした味吟醸に仕上げるのが坂本杜氏の腕の冴えですな。
三ヶ月、常温においてもまだ開け立てはざわつきを感じましたから、ホントはもう一夏越させてからの方が良かったのでしょうが…敢えなく完飲。

アテは、鰹のタタキがあったのですが、安い解凍ものとはいえ、ちと酷すぎて大×。orz
夕方から肌寒さを感じたこともあってか、鍋が煮えてました。鰹のタタキのお粗末さをこれで挽回。
やわらかく煮えた鶏の骨付き手羽がウンマい♪
脂が抜けた皮も食感が楽しめるし、その出汁を吸った豆腐や野菜がうまくて、坂本のおやっさんの酒がどんどん進みまする。

てな訳で…これ、もう一本送ってもらってもいいですけど。(爆)

ちなみにこれ、“鷹勇” ではありますが、ウチにはありませぬ。
お求めは、大宮某店へ。(笑)